ダラダラGAME生活

アクセスカウンタ

スポンサーリンク

zoom RSS ダークソウル3 プレイ日記【3】 生贄の道の毒沼地獄

<<   作成日時 : 2016/04/01 21:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

こちらは「ダークソウル3」のプレイ日記です(ネタバレあり)。

動画に関しては、初回プレイで攻略情報を全く見ずにプレイしたものなので、無駄な動きやグダグダな展開等があってもご容赦下さい。





■前回のまとめ

ダークソウル3 プレイ日記【2】 高壁の下の不死街を探索
http://enjoygame.at.webry.info/201603/article_25.html

・不死街エリアの探索とボス(呪腹の大樹)の撃破

・ロンドールのヨエル(魔術)、カリムのイリーナ(奇跡)、呪術師コルニクス(呪術)が拠点に




※新エリアを発見したのは呪腹の大樹を倒す前だったんですが、前回のプレイ日記にその内容を書くと話が複雑になりそうだったので省略しました


話は少しさかのぼって、槍を投げてくる巨人に友情の証を貰った後、昇降機を使って建物の一番下の階へ進んでみると、「生贄の道」という新しいエリアに繋がってました。


建物の出口にはちょっと強めの敵がいて、その敵から「イルシールの直剣」という武器をGET!


その後、まだ不死街エリアの探索が終わってなかったので一旦不死街エリアに戻り、ボスを倒した後で「生贄の道」エリアの探索を開始。



【主な入手アイテム(ソウルや楔石などは除く)】
肉断ち包丁、山賊装備一式、山賊の双短刀、青の守護者、モーンの指輪、カリムの点字聖書


エリア内を進んでいくと、すぐに次の篝火「道半ばの砦」を発見することが出来ました。


篝火の近くに騎士がいたので話しかけてみると、「青の守護者(誓約関連)」が貰えて同時にトロフィーも解除。


ここで一旦「道半ばの砦」の篝火から少し戻って、石橋の近くに下へ降りられる場所があったので降りてみると、「カリムの点字聖書(拠点にいるイリーナに渡すと奇跡のラインナップが増える)」と「モーンの指輪」がありました。



【主な入手アイテム(ソウルや楔石などは除く)】
傭兵装備一式、傭兵の双刀、ファランの種火、大沼の呪術書、呪い師装備一式、草紋の盾、双竜の大盾、エストのかけら、異端の杖、結晶の貴石、犠牲の指輪、金鷹の小盾、古老の指輪、魔術師装備一式


「道半ばの砦」の篝火の先はかなり広い森になっていて、敵を倒しながら探索するのは大変なので、敵は全部無視して強引にアイテムだけ集めて周りました。


森の中で新しい篝火「磔の森」を発見することが出来たので、その篝火を中心にさらに探索を進めていくと、廃墟となった城塞の中でヴィンハイムのオーベックという人物と遭遇。


画像


魔術の秘が記されたスクロースと引き換えに魔術を教えてくれるというので、拠点に来て貰う事に。



【主な入手アイテム(ソウルや楔石などは除く)】
グレートクラブ、ボロ布のマスク、石の円盾、古老の種火、鉄の体、黄金のスクロール、古めかしい装備一式、不死の遺骨、狼血の剣草、太陽のタリスマン、グレートソード、古老のスクロール、毒の貴石、無名騎士装備一式


森の探索を一通り終えた後、グレートクラブを落とす黒の戦士がいる城塞のハシゴを降りてみると、篝火「ファランの城塞」を発見。


そしてその篝火の先に広がっていたのは・・・・・


画像


過去の作品で最悪な記憶しかない毒の沼(´・ω・`)


毒の沼はデモンズ時代からの定番なので、そりゃあ今作にもありますよねぇ。


深い場所では足が遅くなるし、素早い動きでしつこく追いかけてくるウザイ敵はいるしで、もうアイテム探索をすることすらめんどくさくなるエリアでしたが、敵を避けまくって強引にアイテムを回収しました。


常に動き回っていたら自分がどこにいるのか分からなくなって迷いまくりでしたね。


動画はいろいろ省略してますが、あれ?この景色さっき見た気がするけど・・・みたいなことが何度もありました(笑)


アイテム探索をしていると、城壁に取り付けられた長いハシゴがあったので上ってみると、そこには篝火「ファランの老狼」と篝火の近くに狼の姿が。



【主な入手アイテム(ソウルや楔石などは除く)】
ファランの番人、夢追い人の遺灰、竜紋章の盾、雷の槍、グレートアクス、はぐれデーモンのソウル


画像


篝火の近くにいた狼に祈りをささげると、「ファランの番人(誓約関連)」が貰えて同時にトロフィーも解除。


さらに動く床の仕掛けを使って城の外に出てみると、そこにははぐれデーモンがいて、倒すと「はぐれデーモンのソウル」を入手出来ました。


画像


はぐれデーモンを倒した後、拠点に戻ってみると、魔術師ヨエルの友人でロンドールのユリアと名乗る人物がいて、魔術関連のアイテムを売ってくれるように。


それと同時に魔術師ヨエルがいつの間にか死んでました・・・・。




↑はぐれデーモンを倒す直前にはまだ生きていたんですけどねぇ。


ヨエルが売っていたアイテムは全部ユリアからも買えるのでよかったですが、これがあるからダークソウルは怖いんだよなぁ(笑)



【主な入手アイテム(ソウルや楔石などは除く)】
贖罪、亡者の貴石、楔石のウロコ、強い魔力の武器


さて、話は毒の沼エリアに戻ります。


画像


毒の沼エリアを突破するヒントとして、「3つの火を消せば、狼の血への扉が開く」という床のメッセージは早いうちから見つけていたものの、3つの火というのが何を指しているのか最初は全然分からなくて、結構な時間エリア内を彷徨い歩いてましたね。


画像


アイテムを探索していた時は全く気が付かなかったんですが、近づくと「火を消す」というコマンドが出る小さな祭壇が3箇所あり、その3箇所の火を消すことで大きな石の扉が開き、先へ進めるようになりました。


石の扉の先には篝火「城塞外縁」があり、周囲を探索してアイテムを入手。




そして奥にある重々しい扉を開いた先で、ボス「深淵の監視者」が出現。


「深淵の監視者」は人型タイプのボスで、しばらくすると雑魚敵が現れて2人がかりで襲ってくる自分の苦手なパターンのやつでしたね。


なかなか攻撃のタイミングをつかめずにいると、いつの間にか敵が3人に増えてる?っと思ったら、勝手に戦い始めてくれたので、その隙にボスを攻撃して撃破・・・・


したと思ったんですが、ムービーを挟んでボスがパワーアップ。


画像


ボスの体力がまだ半分くらい残っている時にエスト瓶を使い果たしてしまったので、今回は諦めて次頑張ろうと思ったんですが、そこから運よく背後からの攻撃が連続で決まって、ギリギリのところで撃破出来ました。


あと1発喰らっていたらアウトでしたね(笑)


ボスを撃破すると、「王の薪」というアイテムと「狼血のソウル」を入手。


ボスを倒した後、先へ進んでみると新しいエリア(カーサスの地下墓)に到達したんですが、まだ探索してない場所が残っていることを思い出し、一旦篝火を使って「磔の森」へワープすることに。




オーベックと出会った城塞の先にも進める場所があり、その場所へ行ってみると突然ボスの「結晶の古老」が出現。


画像


「結晶の古老」は魔法を使ってくるタイプのボスで、何度かダメージを与えると消えてしまい、しばらくすると分身と共に出現、手に持っている水晶が紫に光るのが本物で、あとは一撃で倒せるダミー。


分身の魔法を連続で喰らうとあっという間にピンチになるので、まずは分身を一撃で倒して排除してから本体を攻撃して倒しました。


画像


ボスを撃破すると、「結晶の古老のソウル」が手に入り、新しい篝火が使えるようになったんですが、このエリア篝火が多すぎ(笑)


そしてこっち方面も新たなエリア(深みの聖堂)に繋がってました。


というわけで、次回は「カーサスの地下墓」か「深みの聖堂」のどちらかのエリアを探索する予定です。













スポンサーリンク

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
現在、相互リンクとフレンド登録の受け付けは停止しています。
※最近ウェブリブログが非常に不安定で、コメントを投稿しようとすると、なかなか画面が切り替わらなかったり、エラーで投稿できない場合があります。




Microsoft Store (マイクロソフトストア)



記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

ダークソウル3 プレイ日記【3】 生贄の道の毒沼地獄 ダラダラGAME生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる