ダラダラGAME生活

アクセスカウンタ

スポンサーリンク

zoom RSS シェンムー 一章 横須賀 プレイ日記【3】 新たな手がかりを求めて新横須賀港へ

<<   作成日時 : 2015/06/30 23:35   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像


前回までのあらすじを3行で。


謎の中国人「藍帝」に親父が殺され、鏡が奪われる

町で中国人の情報を集めようとするも全部空振り

稲さんから中国語で書かれた親父宛の手紙を受け取り、ようやく藍帝に繋がる手がかりを入手


【前回のプレイ日記】

シェンムー 一章 横須賀 プレイ日記【2】 あっという間にディスク1が終了
http://enjoygame.at.webry.info/201506/article_27.html


■1986年12月7日〜13日 「新横須賀港の陳大人」




親父宛の手紙に書いてあった電話番号の住所を調べ、新たな手がかりを求めて新横須賀港に到着。


画像


目的の第8倉庫の場所はすぐに分かったんですが、どうやら第8倉庫は2箇所あるみたいで、目的の第8倉庫は旧倉庫街にあるらしい。




旧倉庫街は非常に警備が厳しくて、警備員に見つかると外に追い出されてしまうだけでなく、強制的に1日が経過してしまうのが辛かったですね。


とにかく画面が暗くて周りが全然見えないし、視点切り替えがうまくいかなくて警備員に見つかりまくりで、ここだけであっという間に12月7日から12月13日になってしまいました(動画では途中カットしてあります)・・・。


画像


あまりに何度も失敗するので、最後には特別なイベントが発生し、旧倉庫街の地図を貰うことができました(笑)


地図を頼りに何とか第8倉庫の中に入ることができ、陳大人との接触に成功。


藍帝は蚩尤門(シユウモン)という組織の幹部であること、奪われた鏡の他に「鳳凰鏡」という鏡があることなど、様々なことが分かりました。


そして「鳳凰鏡」は主人公の自宅のどこかにあるらしい。


結局また大事な手がかりは自宅の中というね・・・(笑)


メモ

・第8倉庫はどこだ?
・ゴローという男に第8倉庫の場所を聞いた → 港に入って右へ
・正面からは倉庫に入れない… 他に入口はないのか?
・第8倉庫は2つある → もうひとつは旧倉庫街の中
・旧倉庫街か… 必ず見つけ出す!
・旧倉庫街の場所は、港に入って北西方向
・倉庫内に侵入する
・旧第8倉庫で陳大人と会った
・藍帝は蚩尤門(シユウモン)という組織の幹部
・恐ろしい拳法の使い手
・奪われた鏡の他に「鳳凰鏡」という鏡があるらしい
・合い言葉は天龍地友
・鳳凰鏡は家のどこかにある 鳳凰鏡が唯一の手がかり 何としても探さなくては!


■1986年12月14日 「芭月家で鳳凰鏡を大捜索」




陳大人に教えて貰った鳳凰鏡を探すため、家の中を大捜索。


押入れや引き出しの中、壁に掛けてある絵や掛軸の裏側など、とにかく調べられるところを徹底的に捜索。


【芭月家で入手した物】
・玄関の黒電話が置いてある棚の中 → 懐中電灯
・仏壇の引き出しの中 → ロウソク
・仏壇の上 → マッチ
・親父の部屋の机の引き出しの中 → 謎のかぎ

【道場で入手した物】
・天井近くの八陰八陽という文字が書いてある額縁の裏側 → 謎の巻物
・道場に置いてある細長い箱の中(謎のかぎを使用) → 刀


親父の部屋にある机の引き出しの中から謎のかぎを入手し、道場に置いてある細長い箱を開けると、中には1本の刀が・・・。


その刀を掛軸の裏の小さな穴に差し込み、家の中の捜索は一旦中断。




稲さんから親父が骨董屋に何かをあずけていたらしいという情報を入手し、ドブ板にある骨董屋へ。


骨董屋で店主から親父の形見の「刀の鍔」を受け取り、さらに骨董屋で売っている技書を全部購入。


骨董屋に技書が売られていることとか、全然覚えてなかったなぁ(笑)


画像


骨董屋で受け取った刀の鍔を、道場の掛軸の裏の小さなくぼみにはめると、壁が回転して地下室へのはしごを発見。




はしごを降りて、真っ暗な狭い通路を進んでいくと、その先には小さな部屋が。


【地下室で入手した物】
・鏡台の横にある箱の上の本 → 白い葉
・鏡台の引き出しの中 → ロウソク
・部屋の隅にある赤い箱の中 → 親父の写真
・赤い箱がある壁側の棚 → マッチ
・赤い箱がある壁側の棚 → 鎧通の技書


視点操作がうまくいかなくて苦労しながら、一通り部屋の中を調べてみると、床に棚を引きずった時に出来る傷跡を発見。


傷跡に沿って棚を動かしてみると、いかにも怪しい色の違う壁が。


画像


色の違う壁を部屋の中にあった斧で破壊してみると、ようやく「鳳凰鏡」を発見。


メモ

・福さんが俺を探していたらしい
・親父が骨董屋に何かあずけていたらしい…
・…もしや鳳凰鏡?
・骨董屋は弁当屋の向かい
・親父の形見は芭月家に代々伝わる刀のつばだった
・藍帝に鏡は渡せない
・雪輪に 二つ星に 一つ剣 → 芭月家の家紋
・道場に隠し扉が… 通路の奥に 地下室を発見
・ここに鳳凰鏡が?
・昔の親父の写真を見つけた
・床に傷跡が…
・棚が動いた…何かあるのか?
・鳳凰鏡を手に入れた 陳大人に 会いに行かなくては


■1986年12月15日 「マッドエンジェルス出現」




家の電話で鳳凰鏡を見つけたことを陳大人に伝え、バス停から再び新横須賀港へ。


旧倉庫街の第8倉庫で陳大人に鏡を見せると、「龍と鳳凰が出会いしとき、天の地の扉が開かれ、蚩尤(シユウ=中国の伝説の怪物)が大地に蘇る」という鏡に関する伝承のことや、藍帝が2枚の鏡を使って何かをやろうとしていること、藍帝がすでに香港に戻っていることなどの話を聞くことができました。


そしてこのイベントシーンでようやく敵らしい敵が登場(笑)


この日はイベントが終わったら強制的に自宅に戻されて終わりました。


メモ

・龍が飛び立ち 鳳凰が舞い降りる時、何かが起こる
・藍帝はまだ、鏡が2枚あることに気づいていない
・スキンヘッドの怪しげな男が、鳳凰鏡を奪いに来た
・奴は蚩尤門の手先?
・蚩尤門とマッドエンジェルス → つながっている
・マッドエンジェルス → 陳大人と対立している組織
・藍帝は、おそらく香港へ向かった













スポンサーリンク

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
シェンムーって、龍が如くの原型みたいな作品なのかな?
3は、2017年12月頃発売予定らしいですね。
まだだいぶ先の話ですが、やってみたいなー。
1と2のアーカイブスとか出たら嬉しいのに。
津田
2015/07/01 16:18
>津田さん
先週発売のファミ通の鈴木氏のインタビューの中で、「シェンムー1を作ったときにやりたかったのは、今で言うオープンワールドで、好きな場所に行けて、先のストーリーが見たい人は進んで、立ち止まりたい人は立ち止まって、あのころはそのシステムを"FREE"と名付けて呼んでましたが、いつしかそれがオープンワールドと呼ばれるようになった」という話があったんですが、大きな箱庭を作ってその中でプレイヤーが自由に遊ぶ、そういうゲームの原点と言える作品だと思いますね〜。

>>1と2のアーカイブスとか出たら嬉しいのに。
シェンムーは名前は知ってるけどプレイしたことはないって人がかなり多いと思うので、需要はあると思うんですけどね〜。
セガがシェンムー1&2HDを作ってくれないかなー。
爆睡丸(管理人)
2015/07/02 07:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
現在、相互リンクとフレンド登録の受け付けは停止しています。
※最近ウェブリブログが非常に不安定で、コメントを投稿しようとすると、なかなか画面が切り替わらなかったり、エラーで投稿できない場合があります。




Microsoft Store (マイクロソフトストア)



記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

シェンムー 一章 横須賀 プレイ日記【3】 新たな手がかりを求めて新横須賀港へ ダラダラGAME生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる