ダラダラGAME生活

アクセスカウンタ

スポンサーリンク

zoom RSS 龍が如くシリーズHistory【2】 『龍が如く2 (2006年12月7日発売)』

<<   作成日時 : 2011/05/27 21:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0



◆ ダイジェスト動画 ◆



◆ ストーリー ◆

関東最大の組織、東城会と"消えた100億"を巡る事件から1年。
堂島の龍と呼ばれた伝説の極道、桐生一馬は慎ましい日常を送っていた。
だが、運命の糸は再び彼を波乱の舞台へと引き寄せる。
関東、東城会と関西、近江連合の覇権争い。
桐生の前に立ちはだかる関西の龍、郷田龍司。
そしてヤクザ狩りの女と呼ばれる刑事、狭山薫。
二匹の龍の邂逅。極道と刑事の禁断の愛……。
神室町、東城会に隠された"語られぬ事件"、
そこに秘められた、悲しみ、怒り、恨み。
20年という時を経て、果たされていく復讐。
桐生を待ち受ける宿命とは? 過去に秘められた真実とは?
神室町を制するのは関東か関西か?
龍の名を冠する男は、桐生か郷田か?


◆ 登場人物&キャスト ◆

桐生一馬(きりゅう・かずま) CV:黒田崇矢
元東城会四代目であり、"堂島の龍"と呼ばれる伝説の元極道。一年前の事件後、渡世から離れるが、再び闘いの渦中へ……

遥(はるか) CV:釘宮理恵
一年前の事件で"100億の少女"といわれた少女。母の死から立ち直った心強き少女は、現在、桐生と生活を送っている。

郷田龍司(ごうだ・りゅうじ) CV:岩崎征実
五代目近江連合直参 郷龍会二代目会長 郷田龍司。別名"関西の龍"。自ら率いる郷龍会の力を使い、不穏な動きをみせるがその目的は?

狭山薫(さやま・かおる) CV:大輝ゆう
通称"ヤクザ狩りの女" 府警四課主任・狭山薫。今作のヒロイン。極道を目の敵にする女刑事は、"ある目的"で桐生へ近づいていく。

伊達真(だて・まこと) CV:山路和弘
一年前の相棒だった男、元捜査四課刑事。辞職したはずの彼だが、意外なつながりで事件へと導かれていく…

高島遼(たかしま・りょう) CV:舘ひろし
五代目近江連合直参・近江高島会会長。寺田の後任となる本部長を務める近江の頭脳。この男、敵か味方か?

別所勉(べっしょ・つとむ) CV:赤井英和
府警四課課長。狭山の上司にあたる人物。その容姿から想像もつかない切れ者。彼は警視庁を出し抜く為、桐生を標的にするが…

瓦次郎(かわら・じろう) CV:寺島進
謎に包まれた新たな登場人物、瓦次郎。二十数年前の惨劇を見たこの男が抱える"心の闇"とは?

堂島大吾(どうじま・だいご) CV:徳重聡
かつて桐生がいた組織"堂島組"の組長の実子。なにやら桐生とは浅からぬ因縁があるようだが…

風間新太郎(かざま・しんたろう) CV:渡哲也
桐生の渡世の父にあたる人物。死してなお人の心に生き続ける男が関係した過去の出来事とは?


◆ 2006年の神室町 ◆

画像


◆ ファミ通レビュー ◆

画像ドラマシーンのボリュームは圧巻で、いやがうえにも物語にのめり込んでしまう。歓楽街の作り込みもハンパじゃなく、プレイスポットやサブイベントが豊富なおかげで、街に来るたびに何かしらの発見がある。物語の展開が気になるのに、ついつい寄り道したくなる贅沢な作り。
 
画像前作以上のボリュームもさることながら、寄り道で楽しめる部分の作り込みに驚きました。遊び尽くすのに、どれだけかかるのかとワクワク。本編のストーリーも、わかりやすい仇敵プラス謎の解明と、王道ながら納得できる展開。カメラ変更の一部以外は、ストレスなく遊べます。
 
画像丁寧な作りで、前作未経験者へのフォローもバッチリ。"遊び"が非常に豊富で、ひとつひとつが高水準のデキ。協力攻撃のシステムのおかげで、バトルだけでなく、サブストーリーの楽しみも増しており、いい相乗効果を生んでいます。若干、ロードの多さだけが気になりました。
 
画像前作同様、ぐいぐい引き込まれるドラマは健在。どんどん話を進めたくなるが、ホスト修行にキャバクラ経営など、これでもかと用意された"遊び"につられて、街を徘徊するのをやめられない!進めたいのに進められない……過ぎてゆく膨大な時間が物語る、うれしい矛盾に乾杯。













スポンサーリンク

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク





Microsoft Store (マイクロソフトストア)



記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

龍が如くシリーズHistory【2】 『龍が如く2 (2006年12月7日発売)』 ダラダラGAME生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる