初音ミク Project DIVA Future Tone プレイ日記【2】 同時押しで大苦戦

画像


木曜日からずっとDIVA-FTばかりやってます。


今は難易度HARDを難易度順に並べて難易度が低いものから順番にパーフェクト取りをやっていて、現在32曲まで終了。


画像


画像


画像


画像


全部で224曲あるので、まだ1/7くらいです。


仮に毎日5曲ずつパーフェクトを取っていったとしても1ヶ月以上かかる超ボリュームなので、全然終わりが見えないですね。


今のところはまだリトライ回数が少ないのでサクサク進めてますが、難易度が高くなればリトライの回数もどんどん増えていくだろうし、HARDと言えども難易度が高い曲は練習しないとパーフェクトが取れそうにないので、HARDのパーフェクト取りを終わらせるだけでも何日かかるのか検討もつかない・・・(笑)


LRでホールドする練習をしながらやっているので、ホールドに気を取られて簡単な譜面をミスってしまうことも多いですし。


HARDを全部終わらせてからだと何日かかるか分からないので、平行してEXTREMEの練習もやってます。


画像


FTのEXTREMEの難易度がヤバすぎて、今はまだ難易度8の時点ですでにもうクリアするだけで精一杯という状況(Cはスタンダード、Gはグレート、Eはエクセレント)。


初音ミク -Project DIVA- f プレイ日記【2】 EX最初の壁、鏡音八八花合戦
http://enjoygame.at.webry.info/201209/article_4.html


初めてDIVAシリーズをプレイした4年前を思い出します。


今回一番ネックになっているのが、アーケード版オリジナルのシステムである異なるボタンの同時押しですね。


画像


同時押しの種類は全部で11パターン。


画像


単発ならだいぶ出来るようになってきたんですが、画面に同時押しのターゲットが一気に出てくると頭が混乱して全然ダメですね。


画像


アーケードはボタンが横一列に並んでいるので、例えば△□→□×→×○という同時押しが続く場合、左から順番に1つずつずらしながら押していけばいいですが、コントローラーだとそこまで分かりやすく直感的にプレイできないので、アーケードのボタン配置に合わせてバランス調整された譜面をコントローラーでやるのは難しいものがありますね。


画像


同時押しは矢印表記の方が直感的で分かりやすいけど、やっぱりDIVAシリーズは長く慣れ親しんだ□△×○表記じゃないとなんかしっくりこないんですよね(笑)


コントローラーでプレイすることを前提に考えられたバランスのFシリーズやXシリーズと違い、アーケード版はボタン切り替えが発生する連打が容赦なく組み込まれていて、今までやったことがないような複雑な譜面がたくさんあるので、頑張って練習すれば相当両手押しが鍛えられそう。


LRを使ったホールドと両手押しの組み合わせはHARDでゆっくり練習するとして、EXTREMEではホールドのことは一旦忘れて、複雑なボタン切り替えの両手押しと同時押しの練習をやっていきたいですね。

"初音ミク Project DIVA Future Tone プレイ日記【2】 同時押しで大苦戦" へのコメントを書く

現在、相互リンクとフレンド登録の受け付けは停止しています。
※最近ウェブリブログが非常に不安定で、コメントを投稿しようとすると、なかなか画面が切り替わらなかったり、エラーで投稿できない場合があります。


お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。