龍が如く 極 プレイ日記【9】 初めて将棋の試練踏破を最後までプレイ

画像


龍が如くシリーズで初めてプレイしたソフトは2008年に発売された見参!で、その時にミニゲームの将棋に結構ハマった記憶があるんですが、将棋をきちんとプレイしたのはその時だけで、龍3以降はコンプ条件を満たすためだけに試練踏破の簡単な問題を何度かプレイする程度でした。


将棋に関しては駒の動かし方が分かる程度で、きちんと対戦したことはほとんどなくて、見参!の時もずっと弱い相手とやっていたので、試練踏破も簡単なものしかクリアしたことがなかったんですが、今回は将棋のポイントを10万稼がないと取れない武器があるので、初めて試練踏破に挑戦してみました。


最初から将棋ソフトに頼ってしまうのは面白くないので、まずは自力でどこまでクリア出来るかやってみることに。


試練踏破8までは比較的スムーズにクリア出来たんですが、試練踏破9で大苦戦。


そろそろ自力は限界かなと諦めかけたんですが、諦めずに何度も挑戦していたら何とかクリア出来ました!


試練踏破10はさすがに無理だよなーと思いながらとりあえずやってみると、何故かこちらは1回目でクリアすることに成功(゚Д゚)!


自力でクリアしたというよりは、完全なマグレですね(笑)


試練踏破10からコンピューターが長考するようになって1回のプレイに時間がかかるので、マグレのクリアがなかったらここで諦めていたと思います。


何とか自力で試練踏破最終まで進んだものの、最終はコンピューターの長考がさらに長くなるので、今回はここで諦めました。


画像


ただ、将棋をあまりきちんとやったことがなかったので、自力で試練踏破最終までいけたのはうれしかったですね。


まぁここまではウォーミングアップみたいなもので、ここからが本番なんですけどね(笑)


ここから10万ポイントを稼ぐための長い戦いが始まりました。


ポイント稼ぎをするために選んだステージは、コンピューターの長考がない試練踏破9。


ここで将棋ソフトを使ってクリアして、詰みまでの駒の動かし方を暗記。



※29手で終わるパターンと57手で終わるパターンの2つ


1回で1150ポイント(ステージクリアで900、待ったの残り回数で50×3の150、超待った未使用で100)稼ぐことが出来るので、単純計算で10万ポイント稼ぐのに必要な回数は87回。


別のステージで稼いだポイントがあったので、実際はそれよりも少なかったですが、ただひたすら同じことを繰り返すだけの完全なる作業でした・・・(;´∀`)


最後は駒の動かし方を完全に覚えてしまったので、何も考えずただひたすら手を動かしてました(笑)


画像


というわけで、やっと10万ポイント稼げたーーーー!!


疲れた・・・。


画像

画像


達成目録とプレイログの条件は、「待ったを使わず5回勝利」という簡単なものだったのですぐに終わりました。





将棋メモ


■試練踏破

●試練踏破1



●試練踏破2



●試練踏破3



●試練踏破4



●試練踏破5



●試練踏破6



●試練踏破7



●試練踏破8



●試練踏破9



●試練踏破10



●試練踏破最終



■将棋ソフト

K-Shogi
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/game/se193871.html

Kifu for Windows ※棋譜作成
http://www.vector.co.jp/soft/win31/game/se050212.html

試練踏破の初期配置(局面データ)

●局面データの使い方

K-Shogiのソフトを起動する



読み込みたい試練踏破のkifファイルを開く



左上のスタートボタンを押す



現在の局面から開始を選択 ※一番上の「K-Shogi 上級」のところで強さを選択可能



龍が如く側の将棋画面と同じ向きにしたい場合は、「表示→局面の回転」のチェックを外す

あとは、龍が如く側のコンピューターが指した手を将棋ソフト側で指し、将棋ソフト側のコンピューターが指した手を龍が如く側で指していく

"龍が如く 極 プレイ日記【9】 初めて将棋の試練踏破を最後までプレイ" へのコメントを書く

現在、相互リンクとフレンド登録の受け付けは停止しています。
※最近ウェブリブログが非常に不安定で、コメントを投稿しようとすると、なかなか画面が切り替わらなかったり、エラーで投稿できない場合があります。


お名前
ホームページアドレス
コメント


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。