龍が如く維新!プレイ日記【16】 維新でもやらかしてしまった男

画像


コンプリート達成率が100%になり、精進目録も全てコンプリートできたので、次はシリーズ恒例のあのモードをやることにしました。


究 極 闘 技


本編クリア後にプレイできるようになる究極闘技は、様々な条件や状況で与えられたミッションをクリアしていくモードで、今回は「乱戦闘技(10ミッション)」「試練闘技(10ミッション)」「疾走闘技(5ミッション)」「究極闘技(5ミッション)」の全30ミッションが用意されています。


乱戦闘技は制限時間内に敵を全滅せよ!みたいな戦闘がメインのミッションばかりで、難しかったのは其の九と其の十でした。


其の九は3分以内に高知城を脱出する(第一章のイベントとほぼ一緒)ミッションだったんですが、制限時間が結構厳しくて、何度かタイムオーバーに・・・。


一刀や銃だと敵を倒すのに時間がかかるので、最終的には乱舞の型で乗り切りました。


其の十は敵の攻撃を1発でも喰らったらアウト(瀕死状態でスタート)の状態で50人の敵を倒さないといけなくて大変でしたねぇ。


維新は主人公のレベルや段位よりも、装備している武器や防具の性能に強さが大きく左右されるので、条件が最強龍馬(レベルも段位もMAX)になっていても、それほど最強感はないんですよね(;´∀`)


まぁ本編で改造銃を使って銃無双をしまくっていたせいなんですけど(笑)


試練闘技は特別な条件(ヒートアクションだけで敵を倒せとか、落ちている武器だけで敵を倒せ)が課せられるミッションなんですが、過去の作品で似たような条件のミッションをやっていたので、比較的どのミッションもすぐにクリアできました。


「99連撃を達成せよ!」というミッションと「肩書き「天下無双」を獲得せよ!」というミッションは何度かミスをしてしまいましたが。


疾走闘技はチェイスバトルがメインのミッションで、其の四の「敵に見つからずに目的地までたどり着け!」のミッションと其の五の「究極将軍を捕まえろ!」のミッションが一発ではクリアできなかったです。


究極将軍を捕まえろ!のミッションでは少しズルをして、敵が逃げるルートから外れて少し近道をして、将軍が来るのを角に隠れて待ち伏せて捕まえました(笑)


究極闘技は本編のボスバトルを連続して行うミッションなんですが、本編同様に銃を使えばほとんどのボスが倒せるので、結構楽にクリアできるはず・・・・・・・・・


だったんですが・・・・・・・・


乱戦闘技の其の一から究極闘技の其の三までぶっ続けでプレイして、この日はこれ以上プレイする時間がなかったので、続きは明日やることにして本体の電源を切りました。


そして翌日、昨日を続きをやろうと思ったら・・・・・


ここで事件が起きました(;つД`)


「あれ・・・?昨日クリアしたはずのミッションが全部やってないことになってる・・・・(;´∀`)???」


・・・・・・・


・・・・・・・


あーーーーーーーーーーーー!!!


この時はじめて昨日犯した過ちに気が付きました。


究極闘技はミッション選択画面からモード選択画面に戻る時に自動的にシステムデータにセーブされる仕組みなんですが、モード選択画面に戻らずに電源を切ってしまったみたいで、システムデータにクリア状況がセーブされていませんでした。


やらかしたーーーーーーーー\(^o^)/


これまで散々同じシステムのモードをプレイしてきたはずなのに、まさかの凡ミス・・・(;´∀`)


最近はオートセーブされるゲームばかりプレイしていたので、セーブのことは全く考えずに普通に電源を切ってましたね(笑)


というわけで、前日に数時間かけて頑張って究極闘技の其の三まで進めたのは全部無駄になってしまい、また最初からやるハメになりました。


今回は何事もなく最後までいけると思ったんだけどなぁ。


最後の最後で結局やらかしちゃいましたね(笑)


1回クリアしているので、時間をかけずにちゃちゃっとやろうと思ったんですが、気持ちが焦って乱戦闘技の其の十で何度も死んだりして、何だかんだで結構時間がかかってしまいました。


今度はしっかりセーブをしながら進めて・・・・


画像


画像


もの凄い遠回りをしたものの、無事に究極闘技も終わりました。


画像


究極闘技クリアのトロフィーもGET!


疲れた~(;´∀`)


画像


これであとは本編の2周目を難易度達人級でクリアすればトロフィーをコンプできます!!


まさか冬に購入したソフトが夏までかかるとは思わなかったですが、今月中にはトロフィーをコンプできそうです。

"龍が如く維新!プレイ日記【16】 維新でもやらかしてしまった男" へのコメントを書く

現在、相互リンクとフレンド登録の受け付けは停止しています。
※最近ウェブリブログが非常に不安定で、コメントを投稿しようとすると、なかなか画面が切り替わらなかったり、エラーで投稿できない場合があります。


お名前
ホームページアドレス
コメント


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。