ダンガンロンパ1・2 Reloadプレイ日記【3】 スクールモードでちょっと息抜き

画像


1の続きが気になるので、すぐに2を始めようと思ったんですが、このまま一気に2をクリアしてしまうのがなんかもったいない気がしたので、2の前に1のスクールモードをプレイすることにしました。


スクールモードというのは、殺伐とした殺し合い抜きにキャラクター達と交流できるようにと追加されたモードみたいですね。


スクールモードには50日という期間があり、50日が経過すると自動的にエンディングになります。


画像


1日の始まりは、モノヅクリからスタートします。


画像


集めた素材で指定されたモノクマを作ることが目的ですが、その他にも採集や掃除の効率がアップするツール(1回作ればずっと効果が持続する)、キャラクターの体力を回復させたり、採集や掃除レベルをアップさせるアイテムを作る消耗品、素材を組み合わせて別の素材を作る加工があります。


モノヅクリが終わったら、次はその日1日のキャラクターの行動を決める行動設定です。


画像


各キャラクターができる行動には、採集、掃除、休憩の3種類があり、15人のキャラそれぞれの行動を指定することができます。


画像


採集できる場所は10箇所あり、場所によって入手できる素材が決まっています(各場所で6種類ずつ、下の素材ほど入手確率が低いレアな素材)。


画像


キャラクターには採集LVと掃除LVという2種類のパラメーターがあり、採集を繰り返すと採集LVが、掃除を繰り返すと掃除LVが上がっていきます。


この2つのパラメータは、アイテムを使って上げることもできます。


画像


行動を決めたら、あとは勝手にキャラクター達が動いて素材を集めてくれます。


画像


その日の行動が終わったら、次は学園内を自由に歩いてキャラクター達と交流を深めることができる自由時間に突入します。


各キャラのアイコンをクリックすれば、一瞬でそのキャラの所まで移動できるので、かなり便利ですね。


画像


本編と同じようにプレゼントを渡して親密度を上げる「一緒に過ごす」と、モノクマのスペアが完成すると貰えるおでかけチケットで学園内をデートして好感度を上げる「おでかけチケットを使う」の2種類から選択できます。


本編ではすぐに殺されて全く交流できなかったキャラともじっくり交流を深めることができるのがいいですね~(親密度は本編と共通)。


まぁ交流を深めてスキルを獲得しても、もう本編をクリアしちゃってるのでほとんど意味がな・・・(ゲフンゲフン)


画像


本編の攻略にはあまり意味がないですが、親密度がMAXになったキャラクターは通信簿の名前の横に★マークが付き、全員の親密度をMAXにすると取れるトロフィーがあるので、全く意味がないわけではないんですけどね。


1人のキャラクターと一緒に過ごしたら1日が終了。


途中に休日(モノヅクリや作業ができないかわりに、キャラクターと2回交流できる)がありますが、基本的にはこれを繰り返して50日経過すればスクールモードが終了となります。


このモードは何回もプレイすることができて、2周目以降は素材LVと掃除LVのみ引き継ぐことができます(作ったアイテムや集めた素材は引き継ぐことができない)。


画像


画像


引き継げるのはLVのみなので、採集個数が倍になったり、掃除の効率がアップするツールを一通り作ったら、あとはひたすら採集LVがアップする「カンニングペーパー(必要な素材が全てレア素材)」を作ってました。


画像


ツールで採集個数を倍にすれば、簡単に素材が集まって「母のホットミルク」で全員のHPを最大まで回復可能で、行動で「休憩」を選んで体力を回復させる必要がないので、素材集めに専念できます。


画像


画像


とりあえずスクールモードを2周して全員の親密度上げは終了。


画像


コツコツとカンニングペーパーを作って、あとちょっとで全員の採集LVもMAXにできそうです。


画像


あとはおでかけチケットで各キャラの好感度をMAXにして、専用のエンディングを全員分見るだけですね~(エンディングを見たキャラは、顔の下にハートマークの勲章が付く)。

"ダンガンロンパ1・2 Reloadプレイ日記【3】 スクールモードでちょっと息抜き" へのコメントを書く

現在、相互リンクとフレンド登録の受け付けは停止しています。
※最近ウェブリブログが非常に不安定で、コメントを投稿しようとすると、なかなか画面が切り替わらなかったり、エラーで投稿できない場合があります。


お名前
ホームページアドレス
コメント


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。