ダラゲ! Awards 2012

画像


2012年も今日で終わりということで、昨日予告した通り「ダラゲ! Awards 2012」で今年最後の更新にしようと思います。


このダラゲ!Awardsは「自分がプレイして楽しかったかどうか」が選考基準で、ゲームの出来や評価に関係なく、「自分が今年一番楽しんだゲームこそが自分にとっての最高のゲームである」というのが、ダラゲ!Awardsの趣旨です。


部門はやり込みソフト部門と感動ソフト部門と最高ソフト部門の3つで、やり込みソフト部門は今年一番やり込みが楽しかったゲームを決める部門、感動ソフト部門は今年一番心に残ったゲームを決める部門、最高ソフト部門は発売前のワクワク度、プレイした時の熱中度、やり込んだ後の達成感など、総合的に見て今年自分を一番楽しませてくれた自分にとっての最高の1本を決める部門です。





◆ やり込みソフト部門 ◆


まずはノミネート作品から。


■クロヒョウ2

■ものすごく 脳を鍛える5分間の鬼トレーニング

■初音ミク -Project DIVA- f

■戦国無双3 Z

■龍が如く5 夢、叶えし者


以上5作品の中から、「ダラゲ! Awards 2012 やり込みソフト大賞」を受賞したソフトは・・・・・


★ 初音ミク -Project DIVA- f ★


です。


一番やり込みを楽しめたゲームという基準で選ぶとすれば、断トツで初音ミクだと思います。


やり込みの中には、同じ作業の繰り返しで退屈に感じるものや、自分には難易度が高すぎてリトライが苦痛に感じるものもありますが、初音ミクのやり込みはほんと楽しかった記憶しかないです。


パーフェクトを取るために何度も何度もリトライをしましたが、そのリトライが全く苦にはならなかったですし、尚且つパーフェクトを達成した後の達成感も凄かったので、自分の中でのやり込みの理想の形を体験できたソフトでしたね。





◆ 感動ソフト部門 ◆


まずはノミネート作品から。


■ゼルダの伝説 スカイウォードソード

■GRAVITY DAZE

■風ノ旅ビト

■ロックスミス


以上4作品の中から、「ダラゲ! Awards 2012 感動ソフト大賞」を受賞したソフトは・・・・・


★ ロックスミス ★


です。


やり込みソフト部門に続き、こちらの部門も音ゲーになっちゃいました(笑)


いやー、本物のギターは反則ですよ(笑)


発売前のワクワク度が尋常じゃなかったし、ゲームを楽しめたというだけでなく、ギターという楽器そのものの楽しさを新たに発見できたという点で、今年一番心に残ったゲームになりました。


ゲームを通して、ゲーム以外の分野に興味が持てたというのは、自分にとって貴重な体験でしたね。





◆ 最高ソフト部門 ◆


最高ソフト部門に関しては、今年はあるソフトが断トツだったので、ノミネートをすっ飛ばしていきなり大賞を発表されてください(笑)


今年は迷うことなくこのソフトが最高ソフトです。


★ 龍が如く5 夢、叶えし者 ★


まだクリアすらしていないゲームですけど、今年最も自分を楽しませてくれたゲームを考えた時、迷わず一番最初にこのゲームが出てきました。


龍が如く5に関しては、まだまだ全てをプレイしたわけではないので、感想はまた違う機会に書こうと思ってますが、発売前のワクワク度、プレイ中の熱中度など、今年自分を最も楽しませてくれたゲームであることは間違いないですね。


特に自分は遥編がお気に入りなんですが、遥編もシステムは完全な音ゲーなので、今年は3部門全部が音ゲーになったと言ってもいいかもしれない(笑)


体験版でプレイした3DSのシアトリズムも楽しかったし、今年はほんと自分にとっては音ゲーの当たり年でした。


来年もすでに春から欲しいソフトが目白押しで、またフゥゥーーーーーーだのホワイヤァーーーーだのとアホみたいに騒ぎながら、しょーもないことを書いていくことになるかと思いますが、2013年もダラダラGAME生活をどうぞよろしくお願い致します。


今年も1年間ありがとうございました(´∀`)


それではよいお年を~ヾ(*ΦωΦ)ノ ホワイヤァーーー!

"ダラゲ! Awards 2012" へのコメントを書く

現在、相互リンクとフレンド登録の受け付けは停止しています。
※最近ウェブリブログが非常に不安定で、コメントを投稿しようとすると、なかなか画面が切り替わらなかったり、エラーで投稿できない場合があります。


お名前
ホームページアドレス
コメント


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。