ヘタレVSミラーズエッジ 最終決戦 ラスト1秒の戦い

ミラーズエッジ。それは安かったという理由だけで買ったゲーム。


ミラーズエッジ。それは次に買うゲームまでの繋ぎで買ったゲーム。


ミラーズエッジ。それは暇つぶしの為に何となく買ったゲーム。


そんなゲームが、まさかここまで自分の記憶に深く刻まれることになるなんて、その時は夢にも思いませんでした。


■プレイグラウンド3との初戦は惨敗

プレイグラウンド3。このステージを初めてプレイしたのは購入して3日後のことでした。出だしから超シビアなジャンプを要求されるプレイグラウンド3。キャラがギリギリ乗れるようなもの凄く細い足場に、全速力で思いっきりジャンプして飛び移らなければならない難所です。初めてこのステージをやった時は、初っ端からもの凄い絶望を味わいました(笑)ここだけでも何回もリトライをするハメに。しかしその場所は本当に最初の最初なので、そこを突破してからが本番なわけで。どうすればいいの?って感じでした。


このプレイグラウンド3は、評価★が2分20秒以内でクリア、評価★★が1分50秒以内でクリア、評価★★★が1分35秒以内でクリアなんですが、最初にプレイした時は、何時間やっても1分40秒が限界でした。時間が経つにつれて気力がどんどんなくなってくるし、それに伴いミスも増えてきて、普通にクリアすることすら出来なくなってしまいました。そんな状態であと5秒も短縮するなんて不可能だと諦めました。これが22日前の出来事です。


■プレイグラウンド3へリベンジなるか!

最後にやると決めていたプレイグラウンド3。ストーリーモードをクリアし、タイムトライアルで星を50個集め、スピードランを制覇し、プラチナトロフィーを取り、残ったタイムトライアルのステージの評価を全て★★★にし、挫折したあの日から何十時間という時間を経て、ようやくプレイグラウンド3に再びチャレンジする時がやってきました。


まずは前回の記録である1分40秒を切ることが目標です。とりあえず1分40秒は切らないと話になりません。ちょっとジャンプのタイミングがズレたり、段差にちょこっとひっかかったり、ちょっとのミスが0コンマ何秒の遅れになり、その遅れが原因でクリアできないこともあります。ほとんどミスをしないように最大限に素早く、当たり前のことなんですが、これがもの凄く難しい。前回やった時の記憶を思い出しながらプレイしてみるものの、やはり細かいミスが重なり前回の記録すら超えることができません。


ふぅ~。やはりそう簡単にはクリアさせてくれないみたいです。


何十回かリトライを繰り返したあと、ようやく自分のほぼイメージ通りの動きが出来て、これといったミスも無くクリアすることに成功。しかしタイムは1分37秒・・・・・明らかなミスでもあれば、そこを修正すればいいんですが、そんなミスも無くスムーズにいってこの結果。あと2秒・・・・どうやって縮めようか・・・・そして自分はこんなスムーズにもう一回クリアできるのだろうか?いろいろとネガティブなことを考えていたら、心がポキッ、ポキッと折れる音がしたような気が・・・(笑)


いろいろとやり方を変えてみたり、苦手なポイントを集中的に練習したり、より確実で尚且つ簡単にできる方法がないか探してみたり、試行錯誤を繰り返す時間がしばらく続きました。


そんな試行錯誤を繰り返している時でした。自分でもビックリするくらいスムーズに進み、苦手なポイントも今までで一番というくらい綺麗にクリアでき、途中のチェックポイントの通過タイムも自分の最速タイムより数秒早く、自分の中でたしかな手ごたえを感じました。


これはクリアできる!!!


そう思いました。しかしそんなことを考えると途端に緊張してくる。ここでミスをしたら・・・いつものことながら、ドキドキがMAXに。ここはヘタレなんでしょうがないですね(笑)しかしそのプレッシャーも跳ねのけ、そのままクリア!!!


やった!!!これはいけた!!!


自分の中では本当に今までで一番の出来でした。もう自分にはこんなにうまくできることはないんじゃないかというくらい。そしてタイムももちろん今までで一番よいタイムでした。その結果は・・・・・



1分35秒50


・・・・・・・


それでもあと0.5秒遅いのか・・・・・・


この時はさすがに心が折れるというより、心が砕けました(笑)


はぁ~。もの凄く大きなため息を1つ・・・・・・・・・・さて、どうしようか?


答えは決まってます。たとえ心が砕けようとも、ここまで来たらやるしかないでしょと。そこからしばらくヤケクソタイムが続きました(笑)もうあれこれ考えるのはやめて、とにかく何回もやるしかねぇーーー!っとゴールが全く見えない状態で、ミスしたらリトライ、ミスしたらリトライと何度も何度もひたすらやり続けました。無理をして早く進もうとすると、変なミスをしてしまって逆に遅くなったり、そんなことを何度も何度も繰り返しながら。


このゲームにはゴースト機能があります。自分の最速タイムのゴーストが赤い影となって一緒に走ってくれます。1分35秒50の自分のゴースト。今までの自分のベストな走り。そのゴーストの背中を見ながら走る時間が続きました。こいつさえ抜くことができれば。こいつさえ・・・・・


そんな時でした。最後のチェックポイントを自分の最速タイムと比べて+0.5秒くらいのタイムで通過することが出来ました。ゴーストは自分のすぐ目の前を走っています。自分の最速タイムが1分35秒50、クリアタイムの1分35秒を切るためには、最後のチェックポイントからゴールまでの区間を、過去の自分より約1秒早く進む必要があります。


っとそんな細かいことを考えてる余裕はその時はありませんでした。その時はただ、このまま過去の自分と同じ動きをしたのでは確実に無理だなと思っただけでした・・・何とかしないと、何とかしないと、何か短縮する方法はないか、そんなことを考えたか考えなかったかはよく覚えていませんが、気がついたら過去の自分より少し手前でジャンプしてました。


そうしたら、いつの間にかゴーストの背中が見えなくなっていました。もう夢中でした。そして・・・

画像


クリアァァァーーーーーーーー!!!


思わず声が出ちゃいました(笑)1分34秒88。ギリギリです。ほんとギリギリでした。最後にちょっと手前でジャンプしたのがよかったみたいで、うまく障害物に引っかかることなく進むことができ、1秒タイムを短縮することができたようです。右が前回の最速タイムで、左が今回のタイムです。上のバーを見てみると、たしかに最後の区間で1秒ほど短縮できてます。


終わった・・・・・・ちょっとしばらく放心状態になりました(笑)


■そしてその後・・・・

画像

これで無料でDLできるステージを含めた全24ステージで評価★★★を取る事ができ、星の数が72個(3×24)になりました><疲れたぁーーー。


あとはDLCの9ステージを残すのみになりましたね。これはもう買うしかないでしょ!ヘタレVSミラーズエッジ番外編って感じですかね。いつもタイムアタックをやってる最中は二度とこんなゲームやらねぇ!って思うんですが、クリアしちゃうと次のステージをやりたくなっちゃうから不思議(笑)


今度はどんなクレイジーなステージが待っているんでしょうか。楽しみでもあり不安でもあり、変な感じですね(笑)

"ヘタレVSミラーズエッジ 最終決戦 ラスト1秒の戦い" へのコメントを書く

現在、相互リンクとフレンド登録の受け付けは停止しています。
※最近ウェブリブログが非常に不安定で、コメントを投稿しようとすると、なかなか画面が切り替わらなかったり、エラーで投稿できない場合があります。


お名前
ホームページアドレス
コメント


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。