龍が如く3 プレイ日記『ヘタレの龍 VS 最強の敵』(後編)

龍が如く3 プレイ日記『ヘタレの龍 VS 最強の敵』(前編)


あと一歩のところでまさかの敗北。テンションが一気に急降下。マキシマムGPという一番難易度が高い大会でギャレットは出現するんですが、戦う相手は毎回ランダムなので、必ずギャレットと戦えるわけではありません。ギャレットと戦うまでにも時間がかかり、戦闘にも時間がかかり、そして最後に負けていたんでは時間がいくらあっても足りないので、ここで少し作戦を練ることに。


前回の負けの原因はヒートアクションのミス。そこで思い出したのが心LV8で覚えることができる「青龍の気位(ヒート状態である限り力尽きない)」。これを覚えていればヒートアクションを当て損ねても死ぬことがないのでは?そう考え、余っていた経験値を心につぎ込んで青龍の気位を覚えました。これでイケるはずだ!!


ヘタレの龍 VS 闘技場最強の敵 第2回戦


前回は敵の体力がMAX近かったので時間がかかってしまいました。そこで出来るだけ自分の体力があるうちに敵の体力を減らしておこうと頑張るも・・・・・


撃沈(笑)


あっという間に体力が赤に。すぐさまヘタレ戦法に切り換えます。いいんだ。これでいいんだ。勝てればいいんだ(笑)


今回はヒートアクションのミスで死ぬことはないと思うと心に余裕が生まれます。いやー、今まで長かったなぁ。あと少しで終わりかー。なんて今までの思い出に浸りながら戦っていると・・・・・




ヒートゲージをためている最中に敵の攻撃に当たり死亡・・・・・・・・・


青龍の気位の意味がねぇー


ハハハハ・・・・・・・・・・・・・・・なんというか。ね・・・・・・・・・・・・・・前回は逃げている(ヒートゲージをためてる)最中に攻撃なんて一回も当たらなかったんですよ。だから完全に油断してたーー(笑)今回はあっという間だったので、前回のような精神的ダメージはありませんでした。もうここまで来たら勝てるまでやり続けるしかないよね



ヘタレの龍 VS 闘技場最強の敵 第3回戦


ここでヘタレの龍に奇跡が起こります。ヤケクソでR1を押しながら△を連打してみる。すると・・・・


蹴りがおもしろいように当たる(笑)今まで当たらなかった攻撃が嘘のように食らいまくりしかも連打していたら、たまたま敵との攻撃のタイミングがあって虎落としが発動し、ゴッソリと体力を奪うことに成功。


あっという間に敵の体力が半分に(笑)今までの苦労は何だったの????


こ・・・・・・これはイケる!初めて感じる手ごたえ。△を連打!連打!!ひたすら連打!!


すると


ここで


何と


超追討ちの極みが発動!?この技はボスでしか発動しない技で、敵の体力が残り少なくなると発動するんですが、さっきは逃げ続けていたため発動しなかったようです。超追討ちの極み・床地獄で一気に体力を削り、そのまま勝利ーーー!!


さっきまでの苦労がアホみたいにアッサリ終了しちゃった(笑)やったーー


個人戦を何とかコンプできたので、次はタッグマッチ。ふぅーー、タッグでも同じ敵と戦わないといけないんだよなぁ。もうふらふらですよ


フレデリック・ブラックス & ノーマン“クレイジー”ウェイドのコンビは、距離をおくとダッシュして攻撃してくるので、そこを虎落としで返り討ち。大河 守 & トーマス・ロイドのコンビは普通に戦って倒すことに成功。


も   ん   だ   い   は


ヴァレリー・ギャレット & ミノタウロス大滝のコンビ。とりあえずギャレットはパートナー(桧山大治)にまかせて、ひたすらミノタウロス大滝を集中攻撃。とりあえずコイツをできるだけ早く倒してギャレットを二人でボコるしかない!必死にミノタウロスを殴り続けて何とか撃破するも、ほぼ同時にギャレットにパートナーがやられて、1対1の戦いに。


ヘタレの龍 VS 闘技場最強の敵 最終戦


1対1なら先ほどと同じ戦法が使えるので、とにかく蹴る、蹴る、蹴る。しかしミノタウロスで体力が減っていたので、敵の体力を減らす前に自分の体力が赤に


ヘタレの龍らしく、最後はやっぱりヘタレ戦法(笑)


そして今度は見事に成功!?ようやく闘技場終わったーーーーーーーーーーーーーー!!!!



あとは改造武器をコンプすれば達成度100%!!!

"龍が如く3 プレイ日記『ヘタレの龍 VS 最強の敵』(後編)" へのコメントを書く

現在、相互リンクとフレンド登録の受け付けは停止しています。
※最近ウェブリブログが非常に不安定で、コメントを投稿しようとすると、なかなか画面が切り替わらなかったり、エラーで投稿できない場合があります。


お名前
ホームページアドレス
コメント


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。