龍が如く3 プレイ日記『闘技場が如く&達成度コンプへの道』

ふぅーー、疲れるーー。いやー、龍シリーズはコンプを目指すと大変だね。今まで(龍1、2&見参)はサブストーリーくらいしかコンプを目指さなかったからよかったけど、龍3はプレイ前から異常なテンションで、自分の中で盛り上がりすぎちゃって、その勢いで「龍3は達成度全部コンプしちゃるわーーー!!」と威勢よく始めてみたのはいいけど、心折れまくりで大変(笑)


現在、ようやく10章まで進みましたよー。いやー1つ1つの章が長い長い(笑)基本的にその章でできること(サブストーリーやヒットマン、遥の信頼度、達成度など)は全てやってから先に進むので、1つの章に長いと10時間とか平気でかかる(笑)ミニゲームをコンプしようと頑張っていた時なんかは、1つの章で確実に20時間オーバーしてた(笑)


そして今の強敵は闘技場です。これがまた時間がかかるんですよね~。達成度をコンプするためには、闘技場で出てくる70人の敵を全て倒さないといけないので、同じ大会を何回もやることになります。いやー、戦いに戦い続け、ついに・・・

画像

200戦突破ーーーー。ふぃーーー。こりゃ大変だぁーー。まだまだコンプできませーーん(笑)10章じゃ全部コンプは無理かな。とりあえず先に進んで、あとからコンプすることにしました。闘技場って1試合に結構時間かかるんですよねー。敵の体力多いし。もう何度も同じやつと戦ってると、感覚がおかしくなってくるぅーー最初はガードしたり、避けたりしながら戦うんだけど、何度も何度も戦ってるとだんだん疲れてきて戦い方が雑になったり。もうふらふらっすよーちょっとやりすぎで目が痛くなってきた


とりあえず闘技場を終えて、改造武器収集もできる範囲で作りました。お金貯めといて正解でした。素材はいくらでも買えるので、とりあえず作れる分は片っ端から作りました。これはこれで大変。素材集めに街を駆け回りましたよー。倉庫に素材入れすぎて動作が重くなっちゃったり。


食事はなんとかコンプー疲れるぅー。ただ食べるだけ。ひたすら食べるのみ。だけど体力がMAXだと食べることができないので、ちょっとずつ、ちょっとずつ埋めていきました。お酒は3杯飲むと限界になっちゃうので、コンビニでコーヒーを大量に買っておいて、酒飲む→コーヒーで酔い覚ます→酒を飲むをくり返してコンプ・・・・すればよかったんですが、気づくのが遅すぎた(笑)この方法を使ったのは後半のちょっとだけ。ちょっと苦戦したのは、コンビニで買える「東京1週間」を持っていないと頼めない裏メニューの5品。最初これに気がつかなくて^^;


ヒートアクションも何とかあと1つになりましたー。自分が大変だったのは

・尻砕きの極み(児童公園前などにあるガードレールの端で敵を掴んで△)
・階段への極み(公設市場2階で敵を掴んで階段の前で△)
・窪地川への舞い(敵を掴んで窪地川のそばで△)
・金網おろしの極み(敵を掴んで闘技場の金網のそばで△)
・金網の極み(敵を後ろから掴んで闘技場の金網のそばで△)
・ボウルの極み(劇場前広場などにあるボーリングの玉を持って敵から離れた所で△)
・暴飲の極み(泰平通り東にある駐車場にある謎の液体を持って敵の近くで△)
・注射針の極み(ホテル街、アダムの前に落ちている注射器を持って敵の近くで△)
・ロープの極み(中道通り、クラブセガの前付近などに落ちている縄を持って、敵の背後から△)
・ドス系の極み3種類(ドスを持って敵に近くで△、壁の近くで△、台(街にあるガードレールでok)の近くで△)
・スイング系の極み5種類(倒れている敵の足を掴んで、そのまま△、壁の近くで△、柱の近くで△、台の近くで△、車の前で△)
・必殺剣系(章が進むとワークス上山で買える黒の書(神室)、赤の書(琉球4章)、青の書(神室)、白の書(琉球10章)を入手する必要あり)

かなー。階段は龍2でもあったので注意はしていたんですが、掴んで△が気がつかなかった^^;川も気がつかなかったなぁ。ボウルの極みは敵から離れないといけないというのがミソですね。やられたーって感じでした(笑)ロープは全然見つからなくて探しまくりましたかなり見つかりにくい場所にこっそり置かれてました。ドス系やスイング系はまさかこんなに種類があるとは・・・・・ここには書けませんでしたが、その他もいろいろ大変でしたまぁでも見参みたいに特定のボスでしか決められないヒートアクションとかがなくてよかった。


ちょっとずつ埋めていって

画像

なんとか終わりが見えてきたぁーーーーーーーーーーーーーーー。


かな?(笑)

"龍が如く3 プレイ日記『闘技場が如く&達成度コンプへの道』" へのコメントを書く

現在、相互リンクとフレンド登録の受け付けは停止しています。
※最近ウェブリブログが非常に不安定で、コメントを投稿しようとすると、なかなか画面が切り替わらなかったり、エラーで投稿できない場合があります。


お名前
ホームページアドレス
コメント


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。