デモンズソウルの電撃PSレビュー&「生まれ」に関して

昨日に引き続き、今日もデモンズソウルの話題です!!まずは電撃PSのレビューから。


ヒロポン 85
なんでもゆうこ 85
本郷直樹 95
ウォルフ中村 85
※敬称略


【レビュー本文まとめ】
・操作性はかなりよく、敵との間合いや攻撃&回避のタイミングを計りながら戦っていくのはかなり楽しい
・カメラの回転速度も調整可能で、3D酔いしなかった
・高所から落ちて一発アウトなんて仕掛けも満載
・一度倒されるのが前提のようにトラップや強敵が配置されている
・倒されるとステージ頭まで戻されるというマゾ仕様
・ボス戦で負けてもスタートに戻される
・ロックオンにクセがある
・アイテム用や魔法と武器の切り替えがボタン1つできるなど、システム周りは洗練されている印象
・今年のベストタイトルです(早っ!) (本郷さん)
・キャラ育成もオールドゲームファンなら感涙
・キャラの動きが軽快で、操作感もいい
・武具の持ち替えや、3D酔いしにくいカメラ視点も○
・ロックオン時の視点は微妙
・使用武器やキャラの育て方によって、自然と戦い方が変わるところもおもしろい
・シビアなバランス設定(オートセーブなのも緊張感を高めている)
・マップがない、メッセージウィンドウが邪魔に感じるなど、気になる点も
・オンライン要素は興味深い試み


電撃レビューによると、操作性やシステム周りはかなりきちんと作られているようですね。もっさりは覚悟していたんだけど、結構軽快に動くみたいですね


発売日が近づくにつれて、どんどんテンションが上がってきていますが、ここで重大な問題が!!!それは・・・


「生まれ」を何にしようか悩みまくり><


「生まれ」とは、

■騎士
装備が充実し、能力値も高め。だが、運が低いためにアイテムが入手しずらい
■盗賊
動きが素早く、奇襲や暗殺を得意とする。運が非常に高いのも魅力
■神職
重装備が可能なうえ、「奇跡」という回復魔法を操る。技量が低いのがネック
■魔術師
最初から魔法を修得している。武器や防具は貧弱なので接近戦は苦手
■神殿騎士
強靭な鎧に身を包む騎士。肉弾戦はお手のものだが、知力が低い
■兵士
体力はやや高めだが、その他の能力は平均的。広い場所では剣、狭い場所では槍というふうに、状況に応じた戦い方が可能
■狩人
長弓を使用した、遠距離からの狙撃が得意。魔力と信仰が低く、魔法や奇跡を使うのは苦手
■放浪者
技量が高く、高度な武器を使いこなす。しかし防具が貧弱なので、序盤は防御力の低さに悩まされる
■蛮族
すべての「生まれ」の中で最高の初期パラメータを持つ。だが、初期装備が棍棒のみで、防具を一切装備していない
■貴族
魔法の「ソウルの矢」を最初から修得しており、武器との波状攻撃が強力。ソウルレベルが最低値の1だが、「生まれ」の中で唯一貴重な指輪を最初から所持している

の10種が存在し、「生まれ」によって初期パラメータが決まり、初期装備やアイテムに違いが出てくるようです。このゲームは「生まれ」に関係なく自分が好きなように能力値を上げることができ、魔法が得意な戦士、重装備をする魔術師など、自由にキャラを育てることができるみたいなので、さらにキャラ育成には悩みまくることになりそうです^^




"デモンズソウルの電撃PSレビュー&「生まれ」に関して" へのコメントを書く

現在、相互リンクとフレンド登録の受け付けは停止しています。
※最近ウェブリブログが非常に不安定で、コメントを投稿しようとすると、なかなか画面が切り替わらなかったり、エラーで投稿できない場合があります。


お名前
ホームページアドレス
コメント


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。