今年もあとわずか。2008年にプレイしたPS3ソフトを振り返る

あと少しで今年も終わりますね。今年は一年を通してPS3しかやっていなかったような気がします。トロステの存在は大きかったですね。さて、そんなPS3にドップリつかった一年でしたが、今年やったPS3ソフトを振り返ってみようと思います。多分買った順に並んでいると思います。


■ディスガイア3


自分がプレイした日本一のソフトとしては、ファントムブレイブ、キングダムに続いて3作目になります。あいかわらず鬼のようなやり込み要素は健在で、一応LV9999にはなりましたが、まだまだひよっこで強い場所では虫ケラのように殺されます(笑)最強キャラへの道は断念しましたが、かなり満足した1本です。あの歌がね。頭から離れないんですよね。


■ギターヒーロー3


今まで数々の音ゲーをプレイしてきましたが、その中でもギターフリークスはどのくらいやったのか検討もつかないくらいプレイしたソフトです。音ゲーの中ではダントツで好きですね。そんなギタフリ中毒者ですので、このゲームをスルーすることなんて出来るはずがありません(笑)最初見た時はどう考えてもギタフリのパク○・・・・・・いやーまぁそれは(つ´∀`)つ置いといて、それにしてもこのゲームは難しい。ギタフリを散々やり倒しましたが、ボタンが4つや5つになると一気に難しくなりますね。でも出来た時はほんと気持ちいいんだなぁ。このソフトも相当やりましたね。MGS4が出るまでの間毎日やってました^^というか今やってもおもしろい。


■オブリビオン


新品で2980円という破格で売っていたので買ってしまいました。正直想像以上のおもしろさでした。いろいろ噂は聞いていましたが、まさかここまでとは。最初スキルやステータスをMAXにしてから、のんびりと世界を回ろうと思っていたのですが、80時間くらいかけて延々とキャラ育成をした結果、ステータスはオール100に出来て、スキルもかなりのものをMAXまで上げることが出来て、それなりに強い装備も作れたんですが、それで満足してしまって、ストーリーを進めずに終わってしまいました^^;いや、でもただスキルを上げていただけなのに相当おもしろかったですけどね。世界を回るだけでもかなりおもしろいし。


■忌火起草


このソフトも新品で2980円で売っていたので買ったソフトです。一応全てのストーリーはクリアしましたが、なんか物足りない感じでしたね。まぁそのあとWiiで解明編が発売されるというトホホな展開が待っていたわけですが・・・・本編に関係ないおまけシナリオ追加くらいならわかるけど、解明編はないだろ解明編は。さすがにPS3版やったあとWii版とか出来ないしなぁ。まぁ2980円だったからいいですけど(笑)


■メタルギアソリッド4


このゲームを語らずして2008年のPS3は語れませんよ。この一年は完全にMGS4の年でしたね。このソフトの発売をどれだけ待ちわびたことか。ゲームの発売日がこれほど待ち遠しかったソフトはいつ以来だろう。最高の時間をプレゼントしてもらいました。ありがとうMGS4、ありがとうコジプロスタッフ。


■龍が如く 見参


今年は1つ、新しく好きなシリーズが増えました。それが龍シリーズ。このソフトは発売日に買おうと思っていたのですが、ちょうど3月にオブリと忌火起草を買ってしまった為、買うのを先延ばしにしてしまいました。そして、ちょうどメタルギア4が一段落したところで購入しました。基本的な部分はPS2版の龍が如くをベースにグラフィックを向上させ、いろいろな要素を追加したって感じですかね。おそらく龍3もそうなるはず。龍が如くは「ストーリーを楽しむ」ということに重点を置いて、ある意味割り切って作られていますので、短期間に製作できるんでしょうね。綺麗なグラフィックでストーリーを堪能できて、町を歩いていろんなミニゲームをやる。それでいいと思います。龍3が楽しみだ。


■アイオブジャッジメント


新品3980円で売ってたので、これでPSeyeも手に入るのはお得かなと思い購入しました。これは新感覚のゲームでした。カードとかってつい集めたくなっちゃいますよね~。結局Set1のテーマデッキを3つも購入してしまいました。手元にカードがあるっていうのが、もの凄くテンション上がるんですよね。ただネットワークをやる勇気はありませんでした^^;カードも少ないし、発売からかなり時間が経っていたので、フルボッコどころか、虫ケラのように負けるのは目にみえてますからね(笑)一人用のモードで、もう少しボリュームがあって遊ぶことが出来たら最高のゲームになっていたかもしれません。


■アンチャーテッド


トロフィー機能を体験してみたくて購入しました。元々ノーティの作品は好きでしたし、おもしろいという噂も聞いていましたので、迷わず購入。結局、中級、上級、プロと3周してしまいました。このゲームの素晴らしいところはグラフィックはもちろんですが、それよりも個人的に評価したいのが、プレイヤーにストレスを全く感じさせないシステムですね。これぞプロの仕事という感じです。本当に細かい部分までプレイヤーのことを考えて設計されていますね。リトライが全く苦になりません。むしろ気持ちいいくらい(笑)ロードも全くないですし、流れるようにストーリーが進行していくので、本当に止め時がわからなくなります。気がついたら何章も進んでいたなんてことも。


■アクアノーツホリデイ


このブログで初の攻略記事を作ったソフトなので、まだ記憶に新しい。惑星検証でタンガロア山に100回以上行きましたねぇ。結局いろいろな検証を含めて60時間以上プレイしてしまいました。ゲームオーバーがないという素晴らしくまったりとしたソフトでした。


■リトルビッグプラネット


今年最も驚かされ、最もワクワクさせられ、最も感動させられたゲームです。もしかしたらこのゲームは、実際のプレイ時間よりも、ノートなどにアイデアを書いていた時間の方が長いかもしれません。ご飯を食べているとき、トイレに入っているとき、寝る前、実際にゲームをプレイしていない時に、これほどまでにゲームのことを考えたのは本当にひさしぶりです。ノートに書きまくったアイデアのほんの一部しか実現できませんでしたが、それでも考えるだけでもおもしろかったですし、実際に想像した通りに仕掛けが動いてくれた時の感動は素晴らしいものがありました。このゲームに出会えてよかった。本当にそう思える作品です。


■ガンダム無双2


今まさにハマっている真っ最中です。ボリュームあるし、敵を蹴散らすのも楽しいし、マンネリなんて糞くらえって感じで楽しんでますよ。ズゴックが画面いっぱいに登場するだけでこのゲームを買った価値はありますからね(笑)


■白騎士物語


こちらも絶賛ドはまり中のソフトです。PS2時代に置き去りにしてきたRPG熱が再び戻ってきたような感覚です。さすがにあの頃のように1ヶ月に何本ものRPGをやろうとは思わないですが、やっぱりRPGはいいですなぁ。


■まとめ


ガンダム無双2や白騎士に関してはブログでたくさん書いているので少なめに^^昔に比べると買うソフトの数は圧倒的に少なくなっていますが、1つ1つの密度が濃いですね。振り返ってみて思ったのですが、結局どのソフトも楽しめました。この中で今年の1本を決めるとしたら・・・・・

リトルビッグプラネット

ですかね。「楽しい」という感覚が明らかに他のソフトと違っていました。実際にゲームをしていないのに、考えているだけで楽しいソフト。最高でした。


来年はどんなソフトに出会えるのか?今から楽しみです。





/////  追記  /////

今年買ったソフトで2本書くのを忘れていました^^;

■ラチェット&クランク フューチャー


MGS4までの繋ぎとして5月頃に購入しました。爽快という言葉がピッタリのゲームで、気持ちよく最後までプレイすることが出来ました。グラフィックも綺麗でしたね。あとキャラクターが本当に気持ちよく動きます。アクションゲームとして一番大事な部分がきちんと作られているので、余計なことに気を使う事なく、ゲームプレイに集中できます。日本語吹き替えもよい感じでした。


■ブレイドストーム


EOJと一緒に購入したこのソフトも忘れてました。結局5時間ほどしかプレイできませんでした^^;買った時期がちょっと悪かったですね。龍が如く見参とアンチャーテッド、そしてPSNで配信されているピクセルジャンクエデンなどを同時進行でやっていた時期なので。



今度こそ本当に全部・・・・のはずです!

"今年もあとわずか。2008年にプレイしたPS3ソフトを振り返る" へのコメントを書く

現在、相互リンクとフレンド登録の受け付けは停止しています。
※最近ウェブリブログが非常に不安定で、コメントを投稿しようとすると、なかなか画面が切り替わらなかったり、エラーで投稿できない場合があります。


お名前
ホームページアドレス
コメント


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。