【オンクレ/トレバ】鬼滅の刃 メガジャンボ寝そべりぬいぐるみ ”嘴平伊之助”素顔Ver.

20200103_02.jpg


去年3種類集めた鬼滅の寝そべりぬいぐるみの新作「鬼滅の刃 メガジャンボ寝そべりぬいぐるみ ”嘴平伊之助”素顔Ver.」がトレバに投入されたので、速攻GETしました(*´ω`*)


あとは一番欲しい大本命の禰豆子を待つのみ!


トレバは頻繁に設定が変わるし、同じ設定に見えても簡単に取れすぎるとアームの設定が変わることも多々あるので、下の設定はあくまで自分がプレイした時間帯の時のものです。


自分がプレイした時間帯の時の設定は次の4パターンでした。


<Aパターン>

20200523_01.jpg

<Bパターン>

20200523_02.jpg

<Cパターン>

20200523_04.jpg

<Dパターン>

20200523_03.jpg


Aパターンは過去の鬼滅の3種類の寝そべりが出た時にも必ずあった定番の設定で、第一弾の善逸と第二弾の伊之助の時はこの設定で取りました。


ただ、同じ設定でもアームの強さや下降制限で難易度が大幅に変わるので、最初の善逸の時はトレバにしては珍しく良心的な設定で、景品の足を持ち上げたり、左右に動かして手前にズラしていくだけで比較的楽に取れましたが、今はアームの強さや下降制限が厳しくなって難易度が上がってますね。


Bパターンは左側のアームを使って棒にかかっている手を少しずつ右にズラしていく設定で、狙うポイントさえしっかり分かっていれば同じことの繰り返しでフィニッシュまで持っていけるので、今回の4パターンの中では一番初心者向けの設定と言えるかも。


Cパターンはアームのパワーがメチャクチャ強くて、景品を掴んで上まで持ち上げることが出来るので、自分が見た時は初期位置から一発GETしている方も何人かいましたね。


ちょっとポイントがズレるだけで景品が全然違う動きをするので、人によって取り方は様々で、見ている分には一番楽しい台でした。


Dパターンに関しては、ほとんど見てなかったんですが、景品が穴にガッチリとハマって全く動かなくなった状態でずっと放置されていたのは確認しました。


何人かチャレンジする人はいたんですが、どこを狙っても1ミリも景品が動かなくて、最終的にはメンテが入って初期位置に戻されてましたね。


その後景品交換の表示が何度か出ていたので、ミスして景品がハマらなければ取れるのかな。





■追記「5/24 夜」

<Eパターン>

20200523_06.jpg

<Fパターン>

20200523_07.jpg

<Gパターン>

20200523_08.jpg


24日の夜に確認してみたところ、昨日と同じ設定はAパターンのみで、あとの台は全て新しい設定に変わってました。


やはりトレバは設定が変わるのが早いですねぇ。





■追記「5/25」

新たに確認できたパターンを記録しておきます。

<Hパターン>

20200523_10.jpg

<Iパターン>

20200523_11.jpg

<Jパターン>

20200523_12.jpg

<Kパターン>

20200523_13.jpg


HとIパターンの設定はすぐに消え、25日夜の時点では、A、G、J、Kの4パターンの設定になってました。





■追記「5/26」

新たに確認できたパターンを記録しておきます。

<Lパターン>

20200527_01.jpg

<Mパターン>

20200527_02.jpg


26日夜の時点:A、J、L、Mの4パターン





■追記「5/27」

新たに確認できたパターンを記録しておきます。

<Nパターン>

20200527_03.jpg


27日夜の時点:A、L、M、Nの4パターン





■追記「5/28」

新たに確認できたパターンを記録しておきます。

<Oパターン>

20200528_07.jpg


28日夜の時点:A、M、Oの3パターン(1台減って3台に)





■追記「5/29」

新たに確認できたパターンを記録しておきます。

<Pパターン>

20200529_03.jpg


29日夜の時点:A、M、Pの3パターン





■追記「5/30」

新たに確認できたパターンを記録しておきます。

<Qパターン>

20200530_02.jpg


30日夜の時点:A、M、Qの3パターン





■追記「6/4」

新たに確認できたパターンを記録しておきます。

<Rパターン>

20200604_01.jpg


6/4夜の時点:A、M、Rの3パターン





■追記「6/7」

新たに確認できたパターンを記録しておきます。

<Sパターン>

20200607_01.jpg





■追記「6/10」

新たに確認できたパターンを記録しておきます。

<Tパターン>

20200610_02.jpg






■Aパターン

寝そべり系の景品では非常によくある定番の設定で、今回も唯一初日から設定が変わってないですね。



こちらは、トレバの公式サイトで確認できるAパターンの獲得リプレイを集めたものです。

フィニッシュの方法としては、足や体を持ち上げて落下時の反動で落とすか、体を直接押してアームが閉じる時の力を利用して落とすパターンが主流ですね。

■Jパターン

20200523_14.jpg

20200523_15.jpg

最初は左側のアームを使って球を少しずつ右へ動かしていき、これ以上右に動かなくなったら、次は右のアームで球を少しずつ押して落としていくというのが基本的な攻略法ですね。

設定によっては、押しを使わなくてもズラしていくだけで取れるものもありますが。

注意しないといけないのは、棒の幅がまだ狭い場所で無理やり押して球が挟まってしまった場合で、押しに移行するタイミングや押すポイントが悪いと変なハマり方をすることがあります。

変なハマり方をするとかなりピンポイントでうまく押さないと球が全く動かなくなるので、大怪我になる可能性も。

■Nパターン

20200527_04.jpg

アームの力が結構強いので、上のような感じでハマってしまっても、しっかりと左右のアームで顔を掴むことができればこの状態から景品を上に持ち上げることも可能です。



顔を持ち上げて少しずつ横にズラしていけば、横の穴に落とすことができます。

■Oパターン

初日にあったCパターンと非常に似た設定で、自分が見ている間に初期位置から1発GETしていた人も何人かいました。

■Sパターン

20200607_02.jpg

アームの力が強く、景品を持ち上げることは簡単に出来ますが、アームが穴の手前で止まって開くので、普通に掴んだだけでは取れないようになってます。

この手の設定にはいくつかパターンがあって、景品が2つ以上ある場合は、片方の景品を利用してもう片方の景品を穴に落とすことができたりするんですが、今回は1つしかない(奥の景品はディスプレイで掴むことはできない)ので、掴む位置を工夫して景品をうまく穴に落とす必要があります。


■Tパターン

Sパターンと同じで、景品を持ち上げることはできますが、普通に掴んだだけでは穴に落とすことができなくなってます。

景品が2つあるので、片方の景品を利用してもう片方の景品を穴に落とすことができる可能性がありますね。













スポンサーリンク


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。