【DQXIS】ドラゴンクエスト11S しばりプレイ8種 プレイ日記【11】 冒険の書の世界・過ぎ去りし時の祭壇(追憶の神殿 3層)

dq11s_ss0001.jpg


こちらは、ニンテンドースイッチ版「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S」のプレイ日記です。PS4版、3DS版とプレイしてきたドラクエ11のプレイの集大成として、スイッチ版で設定できるしばりプレイの条件8種を全てオンにして挑戦中です。


【DQXIS】ドラゴンクエスト11S しばりプレイ8種 プレイ日記【1】 序盤の運ゲー地獄を乗り越えて
ゲーム開始からナギムナー村(クラーゴン戦)まで
【DQXIS】ドラゴンクエスト11S しばりプレイ8種 プレイ日記【2】 レベル上げとまもりのたね稼ぎをしたけれど・・・
海底王国ムウレアから魔王誕生前の命の大樹まで
【DQXIS】ドラゴンクエスト11S しばりプレイ8種 プレイ日記【3】 スイッチ版・新ストーリー
希望の旅芸人、気高き戦姫マルティナ、カミュと不思議な相棒、ロウと幸せの王国
【DQXIS】ドラゴンクエスト11S しばりプレイ8種 プレイ日記【4】 死闘再び、2度目の仲間集めの旅
魔王誕生後の海底王国ムウレアから神の乗り物ケトス入手まで
【DQXIS】ドラゴンクエスト11S しばりプレイ8種 プレイ日記【5】 魔王との最終決戦
神の民の里から天空魔城まで
【DQXIS】ドラゴンクエスト11S しばりプレイ8種 プレイ日記【6】 過ぎ去りし時を求めて
過去世界、邪神復活後の世界
【DQXIS】ドラゴンクエスト11S しばりプレイ8種 プレイ日記【7】 試練の里&冒険の書の世界
試練の里、冒険の書の世界
【DQXIS】ドラゴンクエスト11S しばりプレイ8種 プレイ日記【8】 ネルセンの迷宮の最終試練&邪神決戦
ネルセンの迷宮の最終試練&邪神との最終決戦
【DQXIS】ドラゴンクエスト11S しばりプレイ8種 プレイ日記【9】 Lv99までレベル上げ、そして未知の領域へ
連武討魔行の壱の試練から最終試練まで
【DQXIS】ドラゴンクエスト11S しばりプレイ8種 プレイ日記【10】 冒険の書の世界・過ぎ去りし時の祭壇(追憶の神殿、追憶の神殿 2層)
冒険の書の世界・過ぎ去りし時の祭壇(追憶の神殿、追憶の神殿 2層)


dq11s_ss0225.jpg


やっと「追憶の神殿 3層」のメガトンギオスとネルゲルデーモンを倒すことが出来ました。


ここだけ唯一の連戦で、あらかじめキャラをゾーン状態にしておくことが出来ず、さらにモンス・デミーラとラプソンフープを倒した時の状態のまま戦うことになるので、かなり厳しい戦いでしたね。


戦闘に負けてしまうと、ゲームオーバーになってモンス・デミーラ、ラプソンフープ戦からやり直さないといけないですし。


何度かやってみて、かなり惜しいところまで追いつめたこともあったんですが、大事な場面ではずかしい呪いが発動して倒すことができず、最終手段のたねによるステータス強化も考え始めた時に、救世主となるアイテムを発見。


それがこちらのアイテム↓


dq11s_ss0224.jpg


命の石(持ち主の代わりに死の攻撃を受ける身代わりの石)。


しばりプレイが無ければ、即死攻撃は防具の効果で防ぐことが可能なので、PS4版や3DS版をプレイしていた時には特に使う場面がなくて、すっかり存在を忘れてましたね。


dq11s_ss0228.jpg


ユグノア地方・入り江の島に出現する「だいまじん・邪」からぬすんで命の石を集めて、全員に2個ずつ持たせて挑戦してみたところ、ネルゲルデーモンが結構頻繁に使ってくる「大きなハンマーをふりおろす」という即死攻撃を見事に防いでくれて、メチャクチャ助かりました。


dq11s_ss0226.jpg


あと、マルティナが使える「背水のかまえ(守りを捨て、カウンターで大ダメージを狙う)」を試してみたら、なかなかいい感じで敵の攻撃をカウンターで返してくれて、こちらも結構役立ちましたね。


dq11s_ss0227.jpg


これで長かった冒険の書の世界も残すところ「過ぎ去りし時の最果て」のみになりました。


続く。





■しばりプレイの記録(11)冒険の書の世界・追憶の神殿 3層

※(SS)をクリックすると、スクリーンショットが表示されます


【ヨッチ村・冒険の書の世界(5)】

・主人公のレベル:99 (SS)
・過ぎ去りし時の祭壇・追憶の神殿 3層をクリア

<BOSS戦:過ぎ去りし時の祭壇・追憶の神殿 3層「モンス・デミーラ、ラプソンフープ&メガトンギオス、ネルゲルデーモン(連戦)」>


















スポンサーリンク


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。