ウェブリブログの新システムでJavaScriptの動作が遅くなる原因

20190806_03.jpg


ウェブリブログの大幅リニューアルに伴い、HTMLやCSSが完全に別物に変わってしまったために、デザイン上の様々な不具合が発生していますが、その陰に隠れて実はもう1つ自分のブログには問題が発生していました。


この問題は、自作もしくは様々なサービスのJavaScriptのプログラムをフリースペースなどに貼り付けている人に発生する問題なので、JavaScriptを使っていない人はスルーしても問題ありません。


もし、リニューアル後にページの動作が遅くなったり、JavaScriptを使ったプログラムの動作が異様に遅くなってしまったりしている場合、原因はコレ↓の可能性が高いです。


<script defer src="https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/visual/pc/common/fontawesome/all.min.js"></script>
<script>
FontAwesomeConfig = { searchPseudoElements: true };
</script>


20190806_02.jpg


「Font Awesome」で検索して調べてみると、どうやらアイコンフォントを使うプログラムみたい。


Font Awesome

Font Awesome 5 の使い方


現時点では、HTMLの編集をすることが出来ないので、フリースペースに以下の記述を加えることで効果を無効にしたら、他のJavaScriptの動作が正常に戻りました。


<script>
FontAwesomeConfig = { searchPseudoElements: false };
</script>


ただし、アイコンは表示されなくなりますが・・・


HTML編集ができるようになるまでの応急処置という感じですかね。


ブログのHTML・CSS・コンテンツHTML編集方法※注意書きあり: ウェブリブログサポート
※ブログのHTML編集機能は、後日ご提供予定です





ブラウザの開発ツールを使って知識ゼロから始めるCSS編集(1)「HTML編:開発ツールの使い方とウェブリブログの新システムのレイアウトの仕組み」

ブラウザの開発ツールを使って知識ゼロから始めるCSS編集(2)「CSS編:開発ツールを使ったCSS編集のやり方」

ブラウザの開発ツールを使って知識ゼロから始めるCSS編集(3)「ボックスモデルを理解してブログのサイズを調整する」

ブラウザの開発ツールを使って知識ゼロから始めるCSS編集(4)「フレキシブルボックスレイアウトを理解してコンテンツの並びや配置を調整する」















スポンサーリンク


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。