JUDGE EYES:死神の遺言 攻略メモ 「メインストーリー Chapter 13」

画像


こちらのページは、「JUDGE EYES:死神の遺言」のメインストーリー Chapter 13についてまとめたページです(ネタバレ注意)。


※ゲーム内表記は「Chapter 13」ではなく「The Final Chapter」

メインストーリー「BARテンダーへ向かう」 +350SP

ここから海藤が同行する

テンダーの中に入り、真冬に話しかける

メインストーリー「真冬をエスコートする」 +350SP

真冬に話しかけ、選択肢「よし行こう」を選択すると戦闘になる

【戦闘】厚生労働省の刺客

海藤が一緒に戦ってくれる
ここでの戦闘では、敵が真冬を狙って襲ってくる
真冬の体力ゲージが0になるとゲームオーバーになってしまうので注意
真冬は八神を応援し、体力とEXゲージを回復してくれる

●テンダーの前
敵は岩田(体力ゲージ1本)と雑魚が4人

●泰平通り:すしざんまいの前
敵は篠田(体力ゲージ1本)と雑魚が4人

●泰平通り:ミレニアムタワーの前
雑魚が3人
敵を倒すと、自動的に泰平通り西へ移動する

●泰平通り西
敵は雑魚が5人

●劇場前広場裏
敵は雑魚が5人

●劇場北西
敵は前に草野(体力ゲージ2本)と足立(体力ゲージ2本)、後ろに雑魚が6人

児童公園へ向かう +380SP

戦闘終了後、自由に動けるようになる

児童公園の中に入るとイベントが発生

児童公園を出ようとすると、真冬に声をかけられ、源田法律事務所へ向かうことになる

メインストーリー「源田法律事務所へ向かう」 +350SP

源田法律事務所の中に入るとイベントが発生

メインストーリー「真冬をタクシー乗り場に送る」 +350SP

源田法律事務所を出て、七福通り西のタクシー乗り場へ行くとイベントが発生、真冬とはここで別れる

メインストーリー「喫茶ミジョーレへ向かう」 +350SP

中道通りにある喫茶ミジョーレの中に入るとイベントが発生

<会話選択肢>
「愛の告白ってことか?」
「検事正に従えってことか?」 〇
「仕事の愚痴ってことか?」 〇

メインストーリー「八神探偵事務所で休む」 +350SP

八神探偵事務所に戻り、事務所のソファーを調べて休む

メインストーリー「次の動きを決める」

次の動きを3つの中から選ぶことになる

東に2回話しかける → 松金組の問題を解決しに行く

杉浦に2回話しかける → 大久保と面会しに行く

星野に2回話しかける → 木戸と話すために創薬センターへ行く

次の行動を決めたら、事務所から出る

<東を選択した場合>

メインストーリー「松金組事務所へ向かう」 +350SP

ここから東が同行する

七福通り東にある松金組事務所の中に入ると戦闘が発生

【戦闘】東城会系松金組組員

東が一緒に戦ってくれる

敵はケンゴ(体力ゲージ2本、武器は刀)と尾崎(体力ゲージ2本)と雑魚8人
ケンゴは最初から激しいオーラをまといパワーアップする
尾崎は体力を半分近くまで減らすと激しいオーラをまといパワーアップする

松金組を倒す +380SP

メインストーリー「次の動きを決める」

八神探偵事務所に戻り、残りのキャラに話かけて次の行動を決める

<杉浦を選択した場合>

メインストーリー「東京拘置所へ向かう」 +350SP

タクシーで東京拘置所へ向かう

<会話選択肢>
「今度、一緒に絵美の墓参りへ」 〇
「今度、一緒に神室町で遊ぼう」
「今度、トゥギャザーしよう」

メインストーリー「次の動きを決める」 +350SP

八神探偵事務所に戻り、残りのキャラに話かけて次の行動を決める

<星野を選択した場合>

メインストーリー「先端創薬センターへ向かう」 +350SP

ここから星野が同行する

タクシーで創薬センターへ向かう

<会話選択肢> ※全ての選択肢を選ぶ
「取りつく島もないんだな」
「どうすれば協力してくれる?」
「一ノ瀬とはなにか話したか?」

メインストーリー「八神探偵事務所に戻る」 +350SP

3つの行動を全て終えたら、八神探偵事務所に戻る

八神探偵事務所があるビルの前まで行くとイベントが発生、選択肢「いや、まだだ」を選択すると準備ができる

最後の自由時間

メインストーリー「準備をして杉浦と話す(昼限定)」 +350SP

準備が出来たら、八神探偵事務所があるビルの前にいる杉浦に話しかけ、選択肢「全部済んだよ」を選択する

メインストーリー「源田法律事務所へ向かう」 +350SP

ここからサイドケースやフレンドイベントは発生しなくなる

源田法律事務所の中に入るとイベントが発生

メインストーリー「ラ・マンへ向かう」 +350SP

ここから海藤が同行する

七福通りの鯉女房の前まで行くとイベントが発生、その後ボス戦になる

【戦闘】黒岩満

敵は黒岩(体力ゲージ4本)のみ

黒岩の体力を半分減らすと、ボタン入力イベント(入力回数は1回)が発生、その後黒岩が激しいオーラをまといパワーアップする

黒岩を倒す +900SP

ボス戦後、自動的にイベントが進行していき、八神探偵事務所に移動する

メインストーリー「法廷に立つ」 +350SP

事務所の扉を調べ、法廷に向かいますか?の問いに「はい」を選択する

<会話選択肢>
「厚労省の存在感を示せたから」
「医療に希望が生まれたから」
「天下り先が一気に増えたから」 〇

<証拠提出>
「創薬センターの秘密が漏れ出していた。そのことを示す根拠は……?」
新谷の通話履歴

<会話選択肢>
「創薬センター副所長の計画殺人」
「松金組の殺人請負業」
「アドデック9論文のデータ偽造」
「共礼会連続殺人と生野の関与」 〇

<証拠提出>
「一ノ瀬がモグラを使って"殺し"をさせてきた証拠は?」
羽村と一ノ瀬をつなぐモノ

※適切な証拠を間違えずに示すと、トロフィー:裏・報告書6「これが証拠だ」が解除される

イベントが自動的に進行していき、戦闘が発生する

【戦闘】厚生労働省の刺客

海藤、杉浦、東が一緒に戦ってくれる

●天下一通り入口
敵は雑魚が8人

●泰平通り西、赤牛丸前
敵は町田(体力ゲージ1本)と中沢(体力ゲージ1本)と雑魚が11人
敵を倒したら、劇場前広場まで移動する

黒岩を追う +380SP

戦闘後、自動的にイベントが進行していき、再び戦闘(先端創薬開発センター本館 ロビー1F)が発生する

【戦闘】警察官

海藤、杉浦、東が一緒に戦ってくれる

敵は細谷(体力ゲージ1本)と雑魚(拳銃所持)が19人

警察官を倒す +380SP

戦闘後、海藤と東と別れ、さらに戦闘(先端創薬開発センター本館 ロビー2F)が発生する

【戦闘】

杉浦が一緒に戦ってくれる

敵は桜庭(体力ゲージ2本)と相原(体力ゲージ1本)と雑魚(拳銃所持)が5人

敵を倒し、開発研究棟へのゲートのところまで行くとアクティブサーチモードになる

【アクティブサーチモード】

制限時間は3分(3分以内に目標を達成できないとゲームオーバーになる)

<調査目的>

●ゴールドカードキーを見つける 「ゴールドカードキー」を調べると達成

<クリア手順>

●ゴールドカードキー +10SP ※杉浦がいない方の場所に倒れている警備員のお尻の辺りで金色に光っているキラキラを調べる
ゴールドカードキーを入手

<クリアには直接関係ない注視ポイント>

●野良猫 +5SP ※ロックがかかっているゲートの右側の窓から外を見て、そこから見える庭の大きな木の左側に猫がいる

●腕時計 +5SP ※杉浦がいない方の場所に倒れている警備員の腕を調べる

●首の怪我 +5SP ※杉浦がいない方の場所に倒れている警備員の首を調べる

●警棒 +5SP ※杉浦がいる場所に倒れている警備員が持っている警棒を調べる

●鍵 +5SP ※杉浦がいる場所に倒れている警備員のお尻の辺りにあるキラキラ光るものを調べる

●首の怪我 +5SP ※杉浦がいる場所に倒れている警備員の首を調べる

アクティブサーチモードをクリアしたら、渡り廊下にいる黒岩を追いかける

渡り廊下を途中まで進むとイベントが発生、自動的に先端創薬開発センター 地下駐車場に移動し、そこで戦闘になる

【戦闘】

杉浦が一緒に戦ってくれる

敵は益子(体力ゲージ3本)と雑魚(拳銃所持)が4人
益子は体力を半分近くまで減らすと激しいオーラをまといパワーアップする

妨害を突破する +380SP

メインストーリー「黒岩を追う」 +380SP

戦闘後、主観視点になり、怪我でフラフラになって動きが鈍い八神を操作して、階段を使って段差をあがる
地下駐車場を主観視点で移動している時にアプリを開くと、セーブすることが可能(ただし、神室町に戻ることはできないので、本編内でやり残しがある場合は、新しくセーブデータを作る必要がある)

主観視点のまま、エレベーターのボタンを押し、先端創薬開発センター付属病院 入院棟4Fへ移動する

主観視点のまま、杉浦についていく

403の病室の前まで行くとイベントが発生し、普通に動けるようになる

渡り廊下の前まで行くとイベントが発生、その後ボス戦になる

【戦闘】黒岩満

敵は黒岩(体力ゲージ4本)のみ

黒岩の体力を半分近くまで減らすと、黒岩が激しいオーラをまといパワーアップする

黒岩の体力を全て減らすとイベントが発生し、黒岩の体力が完全に回復(体力ゲージ4本)して復活する
さらに初めから激しいオーラをまとった状態になる

黒岩を倒す +1000SP

エンディングへ














スポンサーリンク


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。