ダラダラGAME生活

アクセスカウンタ

スポンサーリンク

zoom RSS ジャンクVitaの修理その2、またしても電源、さらにメモリーカードも認識せず

<<   作成日時 : 2018/11/04 04:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


またジャンクVitaをGETしました!


今回は購入時に故障箇所が不明でジャンクという表記だけだったんですが、かなり安かったので、もし修理ができなくても今後Vitaが壊れた時の交換用の部品が確保できればいいかなと思って購入。


ジャンクVitaが届き、早速症状を確認してみると・・・・


充電は普通にできる。


電源ボタンは押しても反応なし。


そこで次にセーフモードで起動できるかどうかを試そうと思ったんですが、前回のことがあるので、試しに電源ボタンを押さずにRとPSボタンの2つだけを長押ししてみると・・・


セーフモード起動!!


これはまさか・・・前回と同じパターン?


電源ボタンに不具合のあるPS Vitaを分解して修理


前回と同じパターンなら、基板から電源ボタンさえ外せば動作が正常になるはずなので、まずは外側のネジを外してVitaの本体をオープン。


画像


前回はWi-Fiモデル(PCH-1000)でしたが、今回は3G/Wi-Fiモデル(PCH-1100)なので中が少し違います。


基板から電源ボタンだけを外して動作チェックをしてみると、その他のボタンは正常に動作することを確認。


ここまでは前回と全く同じ展開だったんですが、ソフトやメモリーカードを入れてみると、新たな問題が浮上。


メモリーカードを認識しない。


同じメモリーカードを別のVitaに入れてみると普通に使えるので、本体に原因があるみたい。


今年はオークションやフリマアプリなどでいろいろと昔のハードやソフトを買う機会があったんですが、購入したセットの中に本体にソフトを入れてもソフトを認識しないジャンクの古いDSソフトがたくさんあって、その時に使用したのがこちらの3つのアイテム。


画像


接点洗浄剤と接点復活スプレーと工業用の先の短い綿棒。


画像


綿棒の先に洗浄剤を吹きかけ、綿棒でDSのソフトの端子部分を綺麗に掃除すると、全てというわけではないですがかなりの数のジャンクのDSソフトが復活。


もしメモリーカードを認識しない原因が汚れなどによる接触不良なら、掃除することで使えるようになる可能性があるので、この時に使用した接点洗浄剤を使って、ダメ元でVita本体のメモリーカード差込口の奥の部分を掃除してみることに。


中はよく見えないので、きちんと掃除できたのかどうかはよくわからなかったんですが、掃除後にメモリーカードをさしてみると・・・・


見事メモリーカードを認識するようになりました(*´ω`*)


いやー、ダメ元で試してみるもんですな(笑)


何度か抜き差しして試してみましたが、今のところ100%認識してます。


これで本体の不具合は全て解消され、画面の傷は適当に一番安い保護フィルムを買って画面の傷を隠せばプレイ中に気になることは一切なくなったので、使えるVita本体がまた1つ増えました。


画像


今年は汚れのひどいハードを掃除したり、動かなくなったハードを分解したり、そんなことばかりやっているので、どんどんお掃除グッズが増えていきますね。














スポンサーリンク

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク





Microsoft Store (マイクロソフトストア)

ゲオマート【GEO-MART】 キッズリパブリックオンラインショップ



記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

ジャンクVitaの修理その2、またしても電源、さらにメモリーカードも認識せず ダラダラGAME生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる