ファイアーエムブレム 覚醒 プレイ日記 「ルナティック(ストーリー)をクリア!」

画像


キャラの育成が楽しくてストーリーを進めずに延々とキャラ育成をしていたんですが、このままだとキャラの育成だけで満足してしまってストーリーをクリアすることを忘れそうだったので、そろそろクリアしないとなぁ・・・・っということで・・・・。


ストーリーで出現する敵は、遭遇戦の敵(上級職&レベルMAX&ステータスカンスト&強化武器装備)と比べたら能力は劣るので、最終章まで問題なく進めることが出来ました。


ファイアーエムブレム 覚醒 プレイ日記 「ストーリーを進めずにひたすらキャラ育成」  1/30追記


1月30日以降に新たに育成したキャラは3人。


画像


ストーリーを進めていて新たに仲間になったフラヴィアとバジーリオのうち、フラヴィアの方は最初から武器節約(幸運×2%の確率で武器耐久数を減らさずに攻撃する)を習得していたので急遽育てました。


バジーリオの方はほとんど育成してないですが、最初から結構ステータスが高かったのでフラヴィアのパートナー(ダブル要員)として採用。


画像


ダブル要員として育成したのでステータスは中途半端ですが、杖が使えてレベル上げが楽だったので、マリアベルとアンナも育成。


これで一応最終章の出撃メンバー16人が揃いました。


■最終章



【出撃メンバー】

ドニ(勇者) + クロム(パラディン)

マーク (ソーサラー)+ リベラ(賢者)

アイク(神軍師) + ルキナ(マスターロード)

カラム(ジェネラル) + アンナ(賢者)

フラヴィア(ジェネラル) + バジーリオ(ウォーリアー)

アズール(勇者) + ガイア(アサシン)

マルス王(ジェネラル) + マリアベル(ファルコンナイト)

リズ(バトルシスター) + フレデリク(ジェネラル)


マルス王には七色の叫び (「応援」コマンドで1ターン周囲3マス以内の味方の全能力+4)、力の叫び(「応援」コマンドで1ターン周囲3マス以内の味方の力+4)、技の叫び(「応援」コマンドで1ターン周囲3マス以内の味方の技+4)、守備の叫び (「応援」コマンドで1ターン周囲3マス以内の味方の守備+4)の4つ、リズには速さの叫び(「応援」コマンドで1ターン周囲3マス以内の味方の速さ+4) 、幸運の叫び(「応援」コマンドで1ターン周囲3マス以内の味方の幸運+8) 、魔防の叫び(「応援」コマンドで1ターン周囲3マス以内の味方の魔防+4) 、魔力の叫び(「応援」コマンドで1ターン周囲3マス以内の味方の魔力+4) の4つを習得させて応援要員に。


魔防の低さをカバーするためにマルス王にはファルコンナイトのマリアベル、防御の低さをカバーするためにリズにはジェネラルのフレデリクとダブルを構成。


ドニ、マーク、アイク、フラヴィア、アズールの5人は武器節約(幸運×2%の確率で武器耐久数を減らさずに攻撃する)を習得していて武器を無限に使用可能なので、この5人にそれぞれ強化した1マス先の敵を攻撃できる遠距離武器を装備させてマルス王とリズの周りに配置。


カラムは武器節約はないですが、回復(ターン開始時、HP30%回復)を習得しているので6人目に。


マルス王とリズ以外のキャラのダブルに関しては、ベストな組み合わせのキャラを用意する時間がなかったので余ったキャラを適当に割り振りました。


マルス王、リズ、マーク、アイク、カラムの5人は回復(ターン開始時、HP30%回復)、ドニ、フラヴィア、アズールの3人は太陽(技%の確率で発動、敵へのダメージの半分HP回復)を習得しているので、敵からダメージを喰らっても自動で回復可能に。


クリアするだけならここまでやる必要は全くないんですが、せっかくたくさんキャラを育てたので、最後は総力戦で敵を無双しました(゚∀゚)


画像

画像


ちなみに、ラスボスのステータスがこちら↑。


さすがラスボスだけあって、無条件で受けるダメージが半減するスキルを習得していたり、射程が5もある強力な武器を装備してたりとかなりの強さ。


画像


ラスボス以外の雑魚敵は、遭遇戦の敵より能力は落ちるので、個々の強さは脅威ではないんですが、増援ポイントから無限に湧き出てくるのが厄介かな。


まぁ上のメンバーなら、武器の使用回数は減らないしHPもほとんど自動回復みたいなものなので、何ターンでも好きなだけ戦えますが(笑)


画像


というわけで、ファイエム覚醒クリアー!


いやー、楽しかったなぁ。


ゲームをクリアすることよりも、キャラクターを育成することが目的になっちゃってましたが、これだけ時間をかけてキャラを育成すると達成感もかなりのもので、すっかりハマってしまいました(´∀`)














スポンサーリンク


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。