真・女神転生IV プレイ日記【1】 東京到着、ここからが本番のようです

画像

こちらは3DS用ソフト「真・女神転生IV」のプレイ日記です。





ボスが強えぇぇーー(゚Д゚)


まだ序盤だというのにボスがかなり強いです。


弱点属性の攻撃を喰らうと敵の攻撃回数が増えて連続で攻撃されるので、全体攻撃(PTの中に1人でも弱点属性のキャラがいるとアボーン)+弱点属性のコンボを喰らうと瞬殺されますね……(笑)


ステータスに防御というパラメータがなくて、レベルアップや装備で防御力を上げることができないので、属性がほんと重要になってきますねぇ~。


実際にボスと戦ってみるまでは、ボスがどんな属性の攻撃をしてくるかわからないので、とりあえず1回ボスと戦ってみて属性などを確認して、仲魔を集めたり装備を揃えて再戦という感じです。


ミノタウロス以降は、新しいボスに出会う度に瞬殺されてます(笑)


画像


というわけで、今回は属性攻撃が非常に重要っぽいので、魔力重視でキャラクターを育成中。


最初は力重視で上げていたんですが、途中から魔力重視にシフトしました。


主人公に全ての属性の魔法(アギ系、ブフ系、ザン系、ジオ系)を覚えさせて、敵によって使い分けているので、物理攻撃が完全に空気になってます(笑)


画像


あと、主人公のレベルが上がると、パラメータに割り振るポイントの他に、バロウズアプリと呼ばれるアプリケーションを取得するポイントがレベルアップの度に毎回10ポイントずつ貰えるんですが、これの使い道に悩みまくってます(;´∀`)


バロウズアプリには、主人公や仲魔のスキル枠を増やすもの、ストックできる仲魔の数を増やすもの、歩く度にHPやMPを自動で回復できるようになるもの、悪魔との会話で様々なことができるようになるものなど、いろいろと便利な機能があるんですが、一度取得してしまうと削除することはできないので、毎回悩みながらアプリを取得しています。


ストーリーはようやく東京(ケガレビトの里)まで進み、一気にメガテンらしくなってきました(゚∀゚)


それまではダンジョンのみだったんですが、東京からフィールドマップを歩けるようになって一気に行動範囲が広がり、かなり彷徨ってます(笑)


FF13のグランパルスに着いた時の感覚に近いかも。


やっと自由に動けるようになったーーー!!!!という開放感が半端なかったです(笑)


画像


クエストもいろいろ増えて、どれから手をつけようかなといった感じ。


画像


さらにメガテンの醍醐味といえば悪魔集めや悪魔合体ですが、こちらもかなり楽しいです(´∀`)


自分が仲魔にした(育てた)悪魔は図鑑に登録することができて、しかもお金さえ払えばいつでもその悪魔を呼び出すことができるシステムがツボで、悪魔を仲魔にしたり育てたりすればするほど、どんどん自分オリジナルの悪魔図鑑が完成していくので、悪魔集めが楽しすぎますね。


図鑑は何度でも上書きできるので、育て方が気に入らない場合は何度でもやり直すことができるのもいいですねぇ。


画像


難易度はゲーム中に自由に変更できるんですが、何とか新米で踏みとどまってます。


とりあえず最初の目標は、難易度を変えずにストーリーをクリアすることかな。


メガテン4楽しい(゚∀゚)














スポンサーリンク

この記事へのコメント



記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。