ロックスミスのモード紹介

画像


このゲームには主に4つのモードが用意されています。


画像


JOURNEYはこのゲームのメインとなるモードで、リハーサルとイベントを繰り返してロックスミスポイントを貯めていくことで、どんどん自分のランクが上がっていきます。


イベントで披露する曲目(セットリスト)は自分のレベルに合ったものが自動的に選択され、まずはセットリストにある曲のリハーサルを行い、曲ごとに決められたポイント以上でクリアする(Qualified)必要があります。


画像


クリアに必要なポイントは自分のレベルに合わせて自動的に決められるんですが、何回かリハーサルに失敗すると、参加条件を緩和することもできます。


全ての曲のリハーサルを終えると、イベントにチャレンジできるようになります。


イベントを成功させると、新しい会場(最初は小さなライブハウスからスタート)がアンロックされたり、新しいギターが入手できたり(全部で48種類あり、コンプでトロフィーが獲得できる)、新たなミニゲームがアンロックされるなど、様々な特典を得ることができます。


1つのイベントを終えると新たな曲がセットされるので、再びリハーサルを行いイベントをクリアしていきます。


このような流れでリハーサルとイベントを繰り返しランクを上げていくことで、どんどんギターの腕が上達していく仕組みになってます。


SONGは自分で好きな曲を選んで自由にプレイできるモードです。


SONGでも自分のレベルに合わせて自動で難易度を調整してくれます。


画像


GUITARCADEは、ギターを使ったミニゲームが楽しめるモードで、8種類のミニゲームが用意されています(最初はロックされていてプレイできない)。


自分はまだ3つしかアンロックできてないんですが、これがやりだすと結構ハマっちゃうんですよね~。


こういうモードでギターの練習ができるのは、ゲームならではって感じがしますね。


画像


TECHNIQUEは、ギターの様々なスキルを練習できたり、VIDEO(映像と音声でわかりやすく解説してくれる)でギターに関する基礎知識を勉強することができます。


画像


テクニックでは、得点によってテクニックメダルを獲得できます。


テクニックメダルはトロフィーの条件(ギターでゴールド・テクニックメダルをすべて獲得する)にもなっているので、グランツーリスモ5のライセンスモードみたいな感じでギターのテクニックを習得することができます。


画像

SET UP 設定と接続 |ロックスミス | Ubisoft
http://www.ubisoft.co.jp/rocksmith/setup/index.html

画像



ちなみに、音の遅延は公式サイトに紹介されている方法で、映像の遅延はOPTIONで調整可能です。














スポンサーリンク

この記事へのコメント

ohkamisan
2012年10月15日 15:38
映像の遅延も調整できるんですか!
音の遅延の方は以前から外部のステレオにつないで映画を観たりしていたので(友達には4.0chドルビーサラウンドだ!と言ってましたw)、おそらく大丈夫だと思ってます。

後は肝心のソフトだけです(笑)
爆睡丸(管理人)
2012年10月15日 23:45
>ohkamisanさん
普通の音ゲーよりも判定が緩めに設定されているので、映像の方の遅延が多少あったとしても、問題なくプレイできると思います。
映像の方にはゲーム内で設定も可能ですし、音の遅延だけ気をつければ快適にプレイできるはず。


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。