鬼トレ トランプゲーム攻略メモ 「同色整列」

【鬼トレ】ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング 攻略メモ&プレイ記録まとめ


■ルール


画像
同色整列はカードを順番に並べ替えて場札から全てのカードを取り除けばクリアとなるトランプゲーム。

場札のカードは数字が1つ大きいカードの列に移動できる。例えば、6のカードは7の上に移動することができる。

画像
数字が1つ大きければ色違いでも重ねることができるが、同時に動かせるのは同じ色の連番のみで、色が違うカードは一緒に動かすことができない。

画像
赤黒赤黒とは違い、空きスペースにはK以外のカードも置くこともできる(好きなカードを自由に置ける)。

山札をタッチすると、場札の全ての列の一番先頭に1枚ずつカードが配られる。

画像
同じ色のカードを大きい数字(K)から順番にAまで重ねると場札から取り除かれる。

最終的に山札も含む全てのカードを場札から取り除けばクリアとなる。

【難易度による違い】
簡単:色は黒のみ、カード枚数は場札25枚(8列)+山札40枚=65枚(13枚×5組)
普通:色は黒と赤、カード枚数は場札25枚(8列)+山札40枚=65枚(13枚×5組)
難しい:色は黒と赤、カード枚数は場札54枚(10列)+山札50枚=104枚(13枚×8組)
すごく難しい:色は黒と赤と青と紫、カード枚数は場札54枚(10列)+山札50枚=104枚(13枚×8組)
ものすごく難しい:色は黒と赤と青と紫、カード枚数は場札70枚(10列)+山札60枚=130枚(13枚×10組)


■攻略メモ


・カードを動かすときは、なるべく同じ色のカードを重ねるようにする。

・このゲームでは、他のトランプゲームと違い、Bボタンで1手前に戻すことができるので、この機能を最大限に活用する。ただし、山札を配ると山札を配る前の状態に戻すことはできない。さらに、同じ色をKからAまで並べて場札から取り除くと、それより前の状態に戻すこともできない。

・Bボタンを使うことで、空きスペースを利用して、下に隠れているカードを確かめることができる。「カードを空きスペースに移動→下のカードを確認→Bボタンで1手戻る」を繰り返し、カードを確認していく。

・赤黒赤黒とは違い、空きスペースにはK以外のカードも置くこともできるので、空きスペースを作ることを最優先に考えてプレイしていく。

・常に空きスペースを1つ以上確保した状態でゲームを進めていくのが理想的。特に色が複数ある場合は、空きスペースをどのように使っていくかがクリアの鍵となる。

・空きスペースにKを置いてしまうと、場札から取り除くまで空きスペースが作れなくなってしまうので、ゲーム終盤になるまでは動かさないほうがいい。よってKが出現した列は"物置(余分なカードを置いておく列)"として使い、まずはKがない列で空きスペースが作れそうな列からカードを動かしていく。

・山札を配ると前の状態に戻せなくなるので、山札を配るタイミングには十分に注意する。なるべく空きスペースがある状態で山札を配るのが理想的。

・山札を配る前に途中保存でセーブしておき、山札で配られるカードを確認したら、一旦3DSのHOMEボタンを押してゲームを終了し、山札を配られる前から再開するという方法もある。この方法を使えば、例えば山札の中にKがあった場合、あからじめKがくる場所がわかるので、その場所を空きスペースとして使えないなどの対策をとることができる。

・途中でミスしてもいいように、空きスペースがある時に途中保存をしておき、積んでしまったらHOMEボタンでゲームを終了してやり直すという方法も有効。オートセーブされないように必ずHOMEボタンでゲームを終了する。


■実例(すごく難しい)


クリアまでの手順を実例で紹介

画像
すごく難しいの場合、山札のカードを配る前に1列以上の空きスペースを作れないと厳しいので、空きスペースが作れるパターンがくるまでやり直すのも手。

画像
まずは場札を動かしていき、空きスペースを1つ作ることを考える。
同じ色の数字で重ねられる数字を優先的に重ねていく。
Kのある列は物置として使う。
空きスペースが1つ出来れば、かなりいろいろなことが出来るので、ここから本格的に攻略を開始する。

まずは空きスペースを利用して、下に隠れているカードを確かめる。
「カードを空きスペースに移動→下のカードを確認→Bボタンで1手戻る」を繰り返し、カードを確認していく。
ここで下にKが隠れていた場合は、物置候補の列として覚えておく。
一通り確認したら、その中からさらに空きスペースが作れそうな列を動かしていく。
「邪魔なカードを空きスペースに移動→カードを整列→邪魔なカードを戻して空きスペースを作る」を繰り返しながら、常に空きスペースが確保できるように意識しながらカードを動かしていく。

画像
画像
カードを移動させていき、これ以上カードを動かせない状態になったら、山札をクリックしてカードを補充する。
このとき、すぐに空きスペースが作れるように、1箇所空きスペースを作った状態でカードを補充する。
空きスペースの位置にKがきてしまったりして、今後の攻略が困難になるパターンも考えられるので、保険として途中保存でセーブしておくのも手。
セーブしておけば、もし積んでしまっても、HOMEボタンを押してやり直せばOK(オートセーブされないように必ずHOMEボタンでゲームを終了する)。

画像
2箇所空きスペースができると、かなり有利にゲームを進められる。
今場札に出ているカードで、黒がK~Aまでの数字が全てオープンになっているので、黒を優先的に揃えることを考えながらカードを動かしていくことにした。

画像
画像
これ以上動かせそうになかった(黒のKの下は赤のQだったので動かさずにカードを補充)ので、山札からカードを補充。

画像
さらにカードを動かしていき、この段階で赤か黒のどちらかが揃えられそうだったので、まずは赤を試してみたが、上に重なっている青いカードをうまく動かすことが出来なかったので、Bボタンで戻って揃える色を黒に切り替えた。

画像
空きスペースをうまく活用しながらカードを動かしていき、ようやく黒が1組揃えられる状態になる。

画像
画像
黒を1組消して、さらにカードを動かしていき、これ以上動かせなくなったので山札からカードを補充。

画像
最初は赤を揃えようと思ってカードを動かしていたが、途中で青のKがオープンされたので、赤から青に切り替えてカードを揃えていくことにした。

画像
続いて赤を揃える。

画像
画像
ここでさらに山札からカードを補充。

画像
紫を揃える。

画像
画像
ここで最後の補充を行う。

画像
残りのカードを揃えてクリア。


【おまけ】

◆クリアまでの手順、参考動画
















スポンサーリンク


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。