PS Vita初の大型アップデート、バージョン1.60が配信開始!!

画像

PlayStation Vitaシステムソフトウェア バージョン1.60 アップデート
http://www.jp.playstation.com/psvita/update/ver160.html#ver

●電源が入っているときに、PSボタンが青色に点灯するようになりました。
  PSボタンの光りかたでPS Vitaの状態を確認することができます。

  ・青色に点灯.      電源が入っている(給電中を含む)
  ・青色に点滅       スタンバイモードに移行中
  ・青色にゆっくり点滅  メッセージなどの新着情報あり
  ・オレンジ色に点灯.   スタンバイモードや電源が完全に切れている状態で充電中
  ・オレンジ色に点滅.   充電中、バッテリーの残量が少なくPS Vitaを起動できない
                .オレンジ色に点灯するまでお待ちください。

●電源が切れない場合などに電源ボタンを30秒間押したままにして電源を切ったあと、自動的にセーフモードで起動するようになりました。

●(マップ)のアプリケーションを追加しました。ホーム画面から起動できます。

●(フォト)で動画の撮影ができるようになりました。

●(設定)で[機内モード]の表示位置を変更しました。

●(PS Store)で購入した商品の評価情報を、Facebookに公開できるようになりました。

●(near)の(コレクション)画面にプレーヤーの情報が表示されるようになりました。

●(グループメッセージング)やアクティビティーで、迷惑メッセージを通報できるようになりました。

●(コンテンツ管理)でバックアップファイルを削除できるようになりました。

●コンテンツ管理アシスタント for PlayStation®のMac OS版をリリースしました。また、Windows®版をアップデートしました。

●「PlayStation Network アカウント」の名称を「Sony Entertainment Network アカウント」に変更しました。


画像


PS Vitaが発売されてから初めての大型アップデート(発売日に配信された1.50以来)ということで、早速アップデートしてみました。


PS3はもう何度もアップデートされているので、昔のようなワクワク感はもうないですが、Vitaはアップデート次第で大きく変わる可能性があるので、アップデートがかなり楽しみですなぁ~。


画像


今回のアップデートの大きな変更点といえば、フォトで動画の撮影ができるようになったことと、↑こちらのマップアプリが追加されたことですね。


マップアプリは、Google マップ - 地図検索がVitaで使えるようになるアプリですが、自分はVitaを外に持ち出すことが無いので、使うことはないかな(笑)


画像


PCのコンテンツ管理アシスタントもアップデートされたみたいで、PS VitaをPCに繋ぐと、自動でアップデートが始まりました。


画像


ここで1つ注意が必要で、PCのコンテンツ管理アシスタントをアップデートすると、一度データベースを再構築しないと、PCとVitaを接続することができません。


画像


再構築のウィンドウが出ていることに最初気が付かなくて、VitaとPCを繋げようとしても何度もエラーが出て焦りました(笑)


個人的に今回のアップデートで一番よかったのは、マニュアルの表示スピードがかなり速くなったことですね~。


アップデート前は、なかなか次のページが表示されなくて、地味にストレスがたまってたんですよねぇ(笑)


PS3はアップデートを繰り返して最初とは比べ物にならないくらいいろいろな機能が増えていったので、Vitaの今後のアップデートにも期待したいところですね。















スポンサーリンク

この記事へのコメント

グランドオ
2012年02月09日 15:58
こんにちは。
3DSは持ってますが、
VITAは一年たったら買おうかなと、
ところで、
目が疲れると、
頭痛が来るのは、
自分だけでしょうか ?、
爆睡丸さんは強そうで、
うらやましいです。
また来ます。
爆睡丸(管理人)
2012年02月10日 00:07
>グランドオさん

>>目が疲れると、頭痛が来るのは、自分だけでしょうか ?、
自分の場合は、文字が多いゲームをプレイすると頭が痛くなる時がありますね(笑)
昔、サウンドノベルの街というゲームをプレイした時、急にビックリするくらいの頭痛に襲われたことがあって、結局それ以降プレイできなくてクリアできなかったことがありましたね~。
画面いっぱいに表示された文字を長時間読むと、結構目が疲れるので、もしかしたら似たような症状だったのかもしれません。


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。