スポーツチャンピオンプレイ日記【3】 ディスクゴルフのチャンピオンカップ制覇でスターが500個突破!

画像

ディスクゴルフ  135個
グラディエーター  35個
アーチェリー  36個
ビーチバレー  78個
ボッチボール  102個
卓球  117個


スターがついに500個を突破しましたぁ~(´∀`)


グランツーリスモ5の発売日が11/25に決まったので、何とか25日までにプラチナトロフィーを取りたくて、現在ペースを上げてスター集めを頑張ってます。


スターの数が600個でゴールドトロフィーが取れるので、残り97個になりました。


1つの種目でゴールドカップまでスターを全て集めると102個(ブロンズ33+シルバー33+ゴールド36)になります。1つのカップに10人の対戦相手と1つのミニゲームがあり、それぞれ最大評価がスター3個なので、11×3の合計33個、ゴールドカップだけ最後にシークレットボスが控えているので、その分の3個を合わせて36個になります。


さらに、ゴールドカップをクリアするとチャンピオンカップがプレイできるようになり、対戦相手11人(シークレットボス含む)でさらに33個のスターが獲得できるので、チャンピオンカップまで全て制覇すると135個になります。


6つの種目で135個全て集めると810個になるので、トロフィーをコンプするだけなら全てを集める必要はありません。


とりあえず、25日までの目標はプラチナトロフィーを取ることですが、せっかくなんで全てのスターを集めたいですねぇ~。ミラーズエッジの時は、トロフィーに関係なくスターをコンプしようと思ってエライ目にあいましたが、スポチャンもスターをコンプしようと思ったらかなり大変そうです。






◆ ディスクゴルフ ◆


画像


卓球のチャンピオンカップのCPUが強すぎてなかなか勝てないので、最近はディスクゴルフをメインにプレイしていたんですが、ようやくディスクゴルフのチャンピオンカップを制覇することができました!!


これで、ディスクゴルフのスターはコンプリートです(´∀`)/


ゴールドカップになってからは、カゴ(ゴール)までの距離が伸びるため、大幅に難易度がアップし、バーディを取るのがかなり大変でした。


しかも、ゴールドカップの中盤以降のCPUは、なかなかスコアが崩れてくれないので、★★★の評価を獲得するにはバーディを取る必要があり、さらに難易度がアップ・・・(;´∀`)


それでも何とかゴールドカップの9番目のCPUまでは★★★を獲得できたんですが、ゴールドカップのボスである10番目のCPUで大ブレーキ!!


かと思われましたが、1ホールが終わる度に自動的にセーブされるので、ミスした場合、一度ポーズメニューからメインメニューに戻って、もう一度先ほど対戦していた相手を選択すると、続きからプレイできることに気が付いて、一気に楽になりました。


プレイを再開する度にキャリブレーションをしないといけないので時間はかかりますが、バーディを取れるまで何度でもやり直せるので、時間さえかければ勝つことが可能です!


もっと早く気がついていれば・・・(;´∀`)


チャンピオンカップは、最初からこの中断法をフル活用してクリアしました。ミスしてもやり直せるため、積極的に攻めることができるので、何とか全18ホールのうち12ホールくらいはバーディが取れるようになりました。





◆ ボッチボール ◆


画像


プレイ日記では初登場のボッチボールですが、いきなりゴールドカップまでスターをコンプできました(笑)


ボッチボールは、ファミ通のレビューではかなり評判の良かったゲームで、ルールはかなり簡単です。


パリーノ(ターゲットになるボール)と呼ばれる小さいボールを最初に投げて、相手よりもバリーノの近くにボッチと呼ばれるボールを投げることが出来れば得点になります。


バリーノは、コート内であれば何処でも自由に投げることができるので、自分が狙いやすい場所に投げたり、相手が苦手な場所に投げたりと、いろいろな戦略を立てることができます。


さらに、ボッチでバリーノを弾いてターゲットの場所を動かしたり、カーリングのようにボッチ同士をぶつけて位置を動かしたりもできるので、1投で形勢が逆転することもあり、家族や友達とワイワイやるにはもってこいのゲームだと思います。ルールも簡単ですし。


CPUはゴールドでも結構弱く感じました。ゴールドになると、コートの形状が難しくなるので、障害物やコートの形が複雑なところではちょっと苦戦しましたが、卓球やディスクゴルフに比べると、かなり楽にスターをコンプできました。


相手のボッチに当てて、相手よりも内側につけることができると、スーパーボッチになって100点入るので、それを1、2回狙うか、4つのボールを全て相手の内側につけるパーフェクトを狙って得点を稼ぎ、あとは相手に得点を取らせないようにしていけば、だいたい★★★の評価になりますね。


このゲームも、ボッチを4つ投げ終わるごとにセーブされるので、ミスった時には途中からやり直すことが可能です。















スポンサーリンク

この記事へのコメント

shin1
2010年11月14日 01:32
おお!このゲームのトロフィーコンプが視野に入ってきたとは流石ですね
自分もmoveを購入して体験版をプレイしたのですが、もう挫折しました(笑)
そもそも、ディスプレイを床に直接置いてるためにコントローラーの設定が上手く出来ないという事態に…
部屋自体も狭いので、まずはこの点が課題になってます…
爆睡丸(管理人)
2010年11月14日 22:46
>shin1さん
Moveのような周辺機器は、まず環境を整えるのに苦労しますよね。
カメラのセッティングだけでも結構大変ですし。

自分の部屋は、結構ゴチャゴチャしてるので、ゲームに夢中になりすぎると、時々モーコンの先が物に当たることがあります^^;
スフィアがやわらかい素材で出来てるので、全く傷はついてないですが、少し部屋を片付けようかなと思ってます(笑)


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。