「今週のファミ通を読んで」というタイトルにするつもりでしたが、内容はほとんどファミ通と関係ありません

●いくらなんでも白騎士やりすぎ(笑) パートII


というのは、今週もやっぱり白騎士の話題が書いてある次長課長・井上氏のコラムです(笑)


少し前にも全く同じことを書いたので、今回はパートIIです。


何週続けて白騎士の話題なんだろう。ここまできたら、行くとこまで行っちゃって欲しいですなぁ~(´∀`)


後輩芸人が欲しがっている古竜の堅頭蓋を求めてクエストをやること3時間。


一向に出る気配が無い堅頭蓋。


「もう白騎士引退します」と後輩芸人。


「おまえはそうやってすぐに逃げようとするからダメなんだ。1個くらい出してみろ!」と井上氏。


GR10で逃げ出した男がココに・・・(´・ω・`)


1つの素材を求めて何時間も同じクエストを繰り返す。


白騎士では日常の光景です。


2ヵ月後には、そんな世界に再び足を踏み入れることになります。


白騎士2の発売日も決まり、自分の中でどんどん盛り上がってきております(´∀`)





●昔懐かしいゲーム、いわゆる懐ゲー


今週のファミ通に、懐ゲーで遊ぼうというコーナーがありました。


思い出の懐ゲーかぁ~。


自分は何かな。


ちょっと考えてみる。


・・・・・


・・・・・


うーーーん・・・・


・・・・・


あまりにありすぎて、逆に何を書いていいのかわからない(笑)


過去に、思い出話のコーナーで、DQ、FF、サウンドノベル、ロックマン、MGS、ペルソナ、テイルズ、ストIIについて書きましたが、どれも思い出の懐ゲーと言われればそうだしなぁ~。


ファミ通にも載っていた超ベタなものでいえば、やっぱりマリオやゼルダも外せないですねぇ~。特にマリオなんかは、思い出話として書き出したら止まらなくなる可能性が・・・(笑)ゼルダも今まで発売されたものはほとんどプレイしてるから、これだけでも余裕で書けますね(´∀`)


あー、音ゲーもあるなぁ~。音ゲーといえば、ダントツでプレイ時間が長いギタフリ&ドラマニをまず思い出しますね。


あとは格闘ゲームなんかもいいですなぁ~。今はほとんど買ってないですが、昔はかなりたくさん買ってました。定番のストIIシリーズやKOFシリーズをはじめ、鉄建やバーチャもほぼ全作品持ってますし、その他にもいろいろなゲームを買いましたね~。その中で1つ懐ゲーを挙げるとしたら鉄建2ですかね。あー、でもやっぱりストIIも外せないなぁ~。


それと、パーティゲームもいいですね。ボンバーマンとか桃鉄、いたストみたいな。あ、そうだ!ドカポンもあった。ドカポンはちょっと違った意味で思い出深いタイトルです。


シリーズものにはならなかったゲームという括りで書いてみるのもいいかも。単発タイトルで真っ先に思い出したのが何故かアストロノーカ(笑)配合にムチャクチャはまりました。このソフトは、懸賞か何かで初めて当たったソフトだったので、別の意味でも思い出深い(笑)


配合といえば、ダビスタもあるじゃないですか!(´∀`)競馬は詳しくないですけど、ダビスタはかなり面白かったですね。もの凄い分厚い攻略本を片手に頑張ってプレイした記憶が。


レースゲームだと、GTやリッジはほぼ全作持ってるし、マリオカートやF-ZEROなんかも懐かしいですね。レースゲームはPS時代が一番購入したような気がします。


あと、個人的にレースゲームの懐ゲーとして一番しっくりくるのは、ゼロヨンチャンプですね(笑)レース部分以外のおまけの充実度が半端なくて、かなりハマりました。最近は龍が如くシリーズにハマりましたが、この頃から本編とは関係ない寄り道要素が大好きでしたね(´∀`)ゴキブリ退治のミニゲームを延々やってましたよ(笑)


ジャンルで外せないものといえば、自分がプレイしている本数が最も多いRPGがありますが、これはもうほんとに数が多すぎて無理です(笑)


・・・・・


・・・・・


このままだと、いつまでもダラダラと書いちゃいそうなので、もうやめておきます(笑)





というわけで、懐ゲーのコーナーが長くなりすぎたので、今日はもう寝ます。結局ファミ通のことはほとんど書いてないですね(笑)















スポンサーリンク

この記事へのコメント

Taruto
2010年05月16日 17:12
私はファミコン世代なのですが、FCはもってなかったし、SFCはパワプロ専用機だったんで、その頃のFCゲームの思い出とかないのです。
当時はゲームに興味がなかった・・・わけではなく、パソコンでゲームしてました。
X68000というシャープ製のパソコンがメインでした。
パソコンなのにかなりゲームに強い作りになっていて、スプライト機能とか標準でしたね。
まあその分値段も凄い高かったわけですが・・・

とにかくこのX68000には、他にはないオリジナルなゲームがそこそこ発売されました。
コナミの「生中継68」は、発展してパワプロになりましたし、ズームのゲームは後にPSに移植されてます。
この前出たPSP「イース フェルガナの誓い」のBGMにX68000版があるのも、当時のデキが良かったからですね。

ちなみにこのX68000、実物を見たことがないなら是非画像検索でもしてみて下さい。
なんかどっかで見たことがあるようなデザインですよw
Taruto
2010年05月16日 19:25
上のコメ書いた後にいくつか思い出したので補足。

ムームー星人でおなじみ(?)の「ジャンピングフラッシュ」も、X68000で出たゲームが元になってます。
さすがにX68000のはポリゴンが相当荒いのですが、ゲーム性はほぼ同じだったと思います。

X68000(とシャープ製パソコン)の専門誌「Oh!X」にドライビングシミュレータの連載記事を書いてた人が、後に「グランツーリスモ」の開発に参加。
Oh!Xの裏表紙にGTの広告が載ったりもした。

とまあ、結構X68000とPSとの因縁は深いのです。
それというのも、当時の任天堂、セガに比べてソニーはゲーム業界の新参モノですので、参入してくれるソフト会社が少なかった。
そこで、今までゲーム機にソフトを出したことがなかった会社などを広く集めたワケですね。
で、X68000で個性的なゲームを出してたところから、いくつかPSでヒット作が出たと。
こりゃ、私がPSファンになるのは必然ですねw
2010年05月16日 23:21
懐ゲーで語りだすとタイトル挙げるだけでも
どんだけ書くのってぐらい書けそうですよね。

長くなるのであえて一行でまとめると、
STG好き、コナミ好き、奇ゲー好き…でしたw
爆睡丸(管理人)
2010年05月17日 01:06
>Tarutoさん
おお~。全然知らない話ばかりだぁ~(笑)

ジャンピングフラッシュは、1も2もやったことがありますが、そんな話は初めて知りました^^

多分何度か名前くらいは見たことがあるとは思うんですけどね~。

後でgoogleで調べてみます(笑)


>ひろりさん
コナミ、STGで連想される懐ゲーといえば・・・

自分はグラディウスですね(*´∀`)

特に強烈に記憶に残っているのが3面のモアイ。いつも3面でゲームオーバーになってて、モアイがちょっとしたトラウマに(笑)今でもモアイを見ると、グラディウスを思い出しますね。
2010年05月17日 01:32
あの頃のコナミは良かった…ほんと好きなんです~><
FC、SFC時代のコナミが好きすぎて、
200曲近く耳コピでMIDIデータ作ったりしてましたw
グラディウスと言えばモアイですよね!
Ⅴではなくなっちゃいましたが、シリーズ通して定番キャラ~。

「懐かしいゲーム」だけは語ると止まらないから自主規制><
ジャンピングフラッシュも勿論ハマりました!
ムゥ~ムゥ~~ってへなちょこボイスが可愛かったのを覚えています。

X68000は憧れでしたねぇ。
僕は普通にファミコン、スーファミと家庭用ゲーム機がメインでしたが、
他にはPC-9801DSとMSX(貰い物)はもっていました。

爆睡さんも同じ世代ですよね?><
ちょっと上かな?なんて想像はしてますがw
爆睡丸(管理人)
2010年05月17日 02:04
>ひろりさん
>>200曲近く耳コピでMIDIデータ作ったりしてましたw
おおー。それは凄いですね^^
そういえば以前にも、コメント欄で、ゴエモンが好きだったなんて話をしましたよね。
こういった話を始めちゃうと、ほんと止まらなくなりますね(笑)

個人的には、コナミといえば音ゲーですね~(*´∀`)コナミの音ゲーはほんと大好きで、ビーマニからドラマニまで全部購入してますね~。キーボードマニアだけは買わなかったですが^^;

>>爆睡さんも同じ世代ですよね?
自分は昔から、ネット(オンラインゲームとかでも)では年齢とかは伏せてコミュニケーションを取るタイプだったんですが、こういう話をしてると、何となく想像できちゃいますよね(笑)
tapioka
2010年05月18日 03:18
懐ゲーというとドリキャスを連想してしまいます。
ドリキャスは黄金期が短くて、その後はPS2一強時代が長かったのですぐにソニー派になりましたが、昔のセガの輝きは眩しかった。
爆睡丸(管理人)
2010年05月19日 00:05
>tapiokaさん
ドリキャスですか~(*´∀`)
湯川専務とか懐かしいなぁ~。
ドリキャスは発売日に購入しました。セガのゲーム機は、メガドライブ、メガCD、ゲームギア、セガサターンと買ってましたが、セガハードの中では、発売日に購入したのはドリキャスが初めてでしたね~。
ドリキャスといえば、セガラリーでの初めてのオンライン対戦や、シェンムーが特に記憶に残ってますね~。
って、また話が止まらなくなってますね(笑)すいません。


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。