FF13プレイ日記 「大地にいる緑のアイツを求めて」

プレイ時間が、3Dドットゲームヒーローズのクリア時間をすでに超えました(笑)こんなに集中してプレイしたのは龍3以来ですね(´∀`)いくらゲームをすることが好きと言っても、続けて3時間とか4時間もやっちゃうと、終わった後にぐったりしちゃいますね(笑)でもやめられない。だってパルスでジャボテンダーが待ってるから(*´∀`)


今回はプレイ日記ですので、ここから先はネタバレ(ストーリーに関すること以外)も含みます。これからプレイ予定の方、現在プレイ中の方はご注意ください。







FF13プレイ日記 「大地にいる緑のアイツを求めて」



現在は10章まで進めました~。グランパルスを求めて、ひたすら走りつづけていますが、どこまで言ってもパルスの大地は見えません(笑)


FF13は、とにかくひたすらダンジョンです。1つのダンジョンが終わったら自動的に次のダンジョンへ。イベントと戦闘を交互に繰り返しながら進みます。戦闘をしながらダンジョンを進む→少し進んだらセーブポイント&イベント→さらにダンジョンの奥へ進む→そしてまたセーブポイント&イベント→・・・・自分がプレイした10章まではずっとこのパターンのくり返しでした。


戦闘は、雑魚でも強い敵がバンバン出てきますね。ヘタをすれば、ボスより雑魚の方が苦戦するという・・(笑)今回のFFは戦闘後にHPが全回復するし、MPもないので、戦闘後にキャラを回復する必要がなく、非常にテンポよく進めるんですが、その分敵の攻撃も半端ないです(;´∀`)雑魚でもガンガンHPが黄色や真っ赤になります(笑)


今回のFFで自分が一番気に入っているシステムが、直前からいつでもやり直せるリスタートです。普通ならゲームオーバーになったらセーブポイントからやり直しになってしまいますが、FF13は全滅してもバトルの直前からすぐにやり直すことができます。戦闘が激しく大変ですが、このシステムのおかげで強敵にも気軽に挑めるのがいいですね。ヘタレな自分にはピッタリだ(´∀`)!!


戦闘は、9章の後半になって6人全員が揃って、キャラクターを自由に入れ替えることができるようになってから、さらに面白くなってきました。10章の途中に出てくるボスが結構強いヤツで、ライト、スノウ、ホープで挑んだらフルボッコで返り討ちにあったんですが、スノウをファング(ジャマー要員)に変えたらかなり余裕になったりと、メンバーの組合せやオプティマの設定を考えるのが楽しいです。


それに10章からは、全キャラが6種類のロールを使えるようになりました。得意なロール3種類と、不得意なロール3種類が、各キャラにそれぞれあるようです。10章から育てることができるようになる不得意なロールは、最初からCPが6000もいるので気軽に上げることができません(笑)


キャラも揃って、ロールも揃って、ようやく本番かなーって感じです。それでもまだグランパルスは見えないんですけどね(笑)今回は、トロフィー条件すら一切見ずにやってるので、いつグランパルスに行けるのかわかりませんが、ジャボテンダー目指して頑張るぞーー!!(´∀`)


トロフィーで思い出しましたが、10章で敵と戦っていたら、突然ゴールドトロフィーが取れてビックリしました(笑)100種類の敵を完璧に調べたとかいうトロフィーでした。今回は戦闘中にR1を押せば敵の詳細なデータがすぐにわかるので、新しい敵に出会ったら、まずは???の項目を無くすことを最優先にやってます。同じような形の敵の中に、突然新しい敵が混ざっていたり、敵が技で出してくる剣が調べられたり、合体前と合体後で違うモンスター扱いだったりと、結構油断できませんね(笑)















スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

はっち
2009年12月20日 12:27
終盤バニラのHPを上げてるとこで飽きが来てMW2に走ってしまいます、2500まで上げましたが…
今回難易度が高いので、今までゲームから離れてた人は途中で挫折か飽きが来るかもしれませんね。
本体と同時購入の知り合いはオーディーンに勝てずもう飽きたとか言う始末…
プラチナはまだ情報が少ないから大変そうですね~
Taruto
2009年12月20日 13:34
さすが早いですね~。私はまだ5章です。
てか、4章がやたら長かった気がするんですが。
多分、4章で挫折する人がそこそこ出るんじゃないかと思います。オーディーン戦も4章でしたよね。

1、2章のあたりは、多少3D酔いみたいになりました。
ちょっとカメラが軽すぎるというか、追尾が早すぎる気がします。
カメラの追尾速度も、コンフィグで設定できるようにして欲しかったですね。

FF13は1日2、3時間にとどめて、後はPSPでクイーンズブレイドなんぞをやっております。
そんなに期待してなかったんですが、かなり良く面白いデキになっております。
ズバリ、PSPで今まで出たどのスパロボよりもデキは上と言っても良いかと。
ロードもFF13並に皆無と言ってもいいですし、バンプレストもやればできるじゃんw
例のグラフィックに関しては、こちらも期待以上でしたw
このゲームは、ソニーチェックなんてふざけた幻想をぶち壊すぜ!w
爆睡丸(管理人)
2009年12月21日 01:18
>はっちさん
自分もそれは強く感じました。
特にオーディン戦は、100万人以上が遊ぶRPGで序盤からこんなに難しくて大丈夫なんだろうかと思いましたね。
後半の敵もかなり強いですしね^^;
トロフィーはまだまだ全然ですね~。ようやく今大地に到着したところです(´∀`)


>Tarutoさん
4章はいろんな意味で最初の山場ですよね(;´∀`)
今回はかなり1つのダンジョンが長いですね~。容量節約の為に、1つのダンジョン(同じグラフィック)でプレイ時間を稼ごうとしたのかな?(笑)

カメラ操作については、体験版の時から気になってました。たしか体験版の感想の時にも似たようなことを書いた記憶があります。
今はだいぶ慣れてきました。

TarutoさんのPSPはいつも大活躍ですね~(´∀`)
PSPにもしトロフィーがあったら凄いことになってそうですね^^
しょん
2009年12月21日 02:40
FF13あるある、某芸人風に
吟じます。戦闘BGMがかっこよくて~
曲と同様に気持ちも盛り上がるけど~
サビ前に戦闘が終わってガッカリする~
あると思います。

吟じます。戦闘を繰り返せば勝手にレベルアップすると思い込んでて~
クリスタリウムの存在をすっかり忘れていたから~
ボス戦でフルボッコにされるぅ~
あると思います(笑)
gibane
2009年12月21日 11:15
現在7章まで進みました。ここまで、改造はライトニングの初期武器に集中してやっていたのでサッズ・ヴァニラ二人での章が辛い辛い・・。あの6章ボス2匹で心が折れかけましたw

ブレイズエッジLv19まで上げましたが、グラディウスの方が良かったかな~。あんまり強くならない気が。

オーディン戦は、例のATBゆっくり戦法で難なくたおせましたw どちらかというと、オプティマに慣れてなかった頃のシヴァの方が辛かったです。
爆睡丸(管理人)
2009年12月22日 01:19
>しょんさん
エ○詩吟・・・じゃなくて、FF詩吟キター(´∀`)
それでは自分も1つ(笑)

吟じます。
エネミーレポートをコンプしようと思ってぇ~え~え~
必死になってライブラを使いまくっているから~あ~あ~あ~
召喚獣がほとんど使えない~

エネミーレポートコンプはかなり大変ですね(;´∀`)一応頑張ってはいるんですが、調べ残しがないかビクビクしながらやってます。


>gibaneさん
LV19は凄いですね!!自分なんて、終盤なのに全員の武器がLV1です(笑)
改造をほとんどせずに進んじゃいましたね(;´∀`)
とてつもなく凶悪な敵との戦いに備えて、クリア後にゆっくりと試してみようかなと思ってます。

召喚獣戦は、ダメだと思ったらすぐにゆっくり戦法を使ってました(笑)
いやー、つい頼っちゃいますよね、この方法(笑)
しょん
2009年12月23日 00:20
FF詩吟、語尾が本格的になってる!(笑)
自分ももう1つだけ吟じさせて下さい。
吟じます。
ライトニングが強すぎるから~あ~あ~
ホープが「前衛は任せてください!」
って言ったところで~え~え~え~
結局お前はヒーラ~(笑)

ライトさん強すぎです。というか自分がライトニングの武器ばっかり改造してるからってのもあると思いますが。
ただでさえ強いグラディウスをLV.9まで
改造したので物理攻撃力がもの凄い事に。
グラディウスに比べたらホープの攻撃なんて
「蚊」みたいなもんですよ(笑)
そして、そのおかげで前衛が後衛のバックアップをするという奇妙な光景に(笑)
爆睡丸(管理人)
2009年12月23日 01:02
>しょんさん
ホープ君はHPが6人の中で一番低いので、前は任せられないですよね(笑)
エンハンサーとしてはかなり優秀なんですけどね~。

ライトさんは、アタッカーもブラスターもヒーラーもできるので、使い勝手が抜群ですね(´∀`)さすが主人公(笑)自分はずっと使ってます^^

でも武器はまだLV1ですね(笑)そろそろ鍛えなきゃなーと思っていたら、いつの間にか終盤まで進んじゃってました。

この記事へのトラックバック



記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。