アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団 超個人的感想

面白い!!とか凄い!!といった感想は、今までも散々書いてきましたが、ここでもやっぱり書いちゃいます(笑)



面白い!そして凄い!!(*´∇`*)



手に汗握る超ド派手な演出の連続で見ているだけでも十分楽しめます。ド派手な演出以外にも、細かい演出が目白押し。掴んだブロックが崩れる、上から物が落ちてくる、橋が崩壊する、床が崩れ落ちるなどなど。1つ1つあげていったらキリがないくらいで、ちょっと進めば何かが起きる、そんな感じです。次は何が起こるんだろうと、常にワクワクしながらゲームを進めることができました。


ネタバレになるので詳しくは書きませんが、ある場面では、あまりの迫力に思わず声を上げてしまったほどです。しかもそんな迫力ある演出の中で、自分でキャラクターを動かすことができるというのも感動したポイントの1つですね。


映像や演出面での素晴らしさはもちろんですが、ゲームとしてもしっかりと作りこまれてます。個人的に一番高く評価したい部分は、徹底的にこだわったストレスフリー(ストレスを全く感じさせない)なゲーム設計なんですが、それはあとで詳しく書くことにして、まずはアンチャーテッドというゲームを構成している3つの要素に関してそれぞれ書いていこうと思います。その3つの要素とは、ルート探索、銃撃戦、そして謎解きです。


まずはルート探索から。こちらのパートは、アンチャーテッドのゲームプレイの大きなウェイトを占める部分です。一見すると通れそうにない大きな穴や高い壁も、周りをよく見渡すと、上に登れる場所があったり、掴めるブロックがあったりします。掴めるブロックが、かなりわかりにくいことがあるので、進み方がわからずに同じ場所をウロウロしたり、転落死することもしばしば。しかしながら、それらのルートを探すことが攻略であり楽しみの1つでもあります。


このルート探索パートは、ネイトさんの超人的な身体能力の見せ所ですね(笑)さすがにそれは無茶じゃない?と突っ込みたくなるような凄まじいルートを通って進んでいく様はやっていて非常に面白かったです(笑)


2つめは銃撃戦。こちらのパートもゲームプレイの大きなウェイトを占めている部分です。戦車が突っ込んできたり、建物が崩れたりと、このパートでもド派手な演出が目白押しでプレイヤーを楽しませてくれます。


戦場もかなり豊富なバリエーションがあります。ジャングルや雪山、走る列車の上など。時には上空に武装ヘリがいる状況や、戦車の砲撃が飛んでくる状況で戦うこともあります。特に戦車やヘリコプターが出てくる場面はかなりエキサイティングでしたね。


2からは隠れながら敵を倒せるようになったので、場所によっては敵に見つからずに全滅させるといった楽しみ方もできるようになりました。


そして最後は謎解きパートです。文字によるヒントはほとんどなく、手帳の絵とキャラクターのセリフから推理することになります。難易度はそんなに高くはないですが、謎解きは他の要素に比べると少なめです。この辺りはもっと謎解きを増やして欲しいと思う方と、このくらいがちょうどいいと思う方で意見が分かれるところかもしれませんね。


以上、3つの要素に分けて書いてきましたが、どの要素も非常にシンプルなんですよね。余計なものが一切ないというんでしょうか。たしかに個々の要素だけを見るとシンプルなんですが、それらのパートに素晴らしい演出が組み合わさることにより、スムーズでテンポのよいゲーム展開と、迫力のある映像で、まるで映画の中にいるような素晴らしい体験をプレイヤーに提供してくれます。


舞台も、美術館、ジャングル、市街地、雪山と盛りだくさんで、途中で飽きることなく最後までテンションMAXで楽しむことができました。


そして、アンチャーテッドの中で自分が一番高く評価している部分は、ストレスフリーなゲーム設計です。最初に長いロードが入るだけで、それ以降はほとんどロードが入らないというのは、本当に素晴らしい。


アンチャは、いつでも好きな場所へいける、いわゆる箱庭タイプのゲームではありません。1つのチャプターの中でも、細かくエリアが分けられていて、基本的に次のエリアに行くと前のエリアには戻れなくなります。このような仕様にすることで、チャプターをまたぐ時ですら、全くロードの入らない非常にテンポのよいゲーム展開を実現させることに成功しています。


しかしながら、エリアを細かく分けて、前のエリアに戻れなくすると、どうしても不自然さが残ってしまいます。ハードの性能にも限界がありますし、その中でこれだけスムーズなゲーム展開を実現しようと思ったら、仕方のない部分ではあるんですが、アンチャーテッドはその不自然さをできる限り無くすために様々な工夫がされています。


具体的な例をあげますと、プレイヤーが通ってきた橋を壊したり、戦車が突っ込んできて道が通れなくなったり、床が崩れて上に戻れなくなったりと、プレイヤーが前のエリアに戻れないことをできるだけ不自然に感じないように、様々な演出が施されています。


アンチャの見どころのひとつである、ちょっと動くと何かしらのアクションが起こるというのは、演出面としての効果だけでなく、このような不自然さを隠すためにも効果的に使われています。


前のエリアに戻れないことを不自然に感じるどころか、派手な演出によって毎回道が塞がれたり、足場が崩れたりするので、常に新鮮な驚きを感じることができました。もちろん全てが完璧に不自然さを取り除けているわけではありませんが、ゲームプレイ中はそんなことを一切感じることなく、アンチャーテッドという世界に没頭することができました。


その他にも、細かいチェックポイントに分かれていてリトライが苦にならないとか、いつでも難易度が変えられるとか、メダル集めによるやり込み要素のこととか、トロフィー条件のバランスのよさとか、書きたいことはいっぱいあるんですが、さすがに文章が長くなりすぎました(笑)。


とりあえずこのくらいでやめておくことにします。最後にこれまでの感想のまとめとしてもう一度例のあの言葉を(笑)



面白い!そして凄い!!(*´∇`*)















スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

gibane
2009年10月28日 02:49
これほどストレスを感じること無く、一気にプレイできたゲームは初めてでした。
息をつかせぬ展開に、ロード無し処理落ち無し。
たまにフリーズはありましたが、環境次第だと思うので減点には至らないかな。
ほんとに止め時がつかめませんw
死にまくっても、コントローラーを投げつけるどころか握りしめてましたね~。
自分も最近知ったばかりでしたが、こんな良作があまり知られていないのは寂しいですね。。アンチャに、そしてネイトさんに出会えて幸せでした。
最後に、、、、、面白い!そして凄い!!(*´∇`*)w
DR
2009年10月28日 04:12
面白かったですね♪
本当にストレスフリーでした本編はw
最初の「ノーティードッグス」とかの部分が飛ばせないのは残念。コールオブデューティだと最初から最後までストレス感じない仕様なんですよね。
マルチプレイを比べちゃうと明らかなんです。なのでそれと比べると自分的にはもう少し頑張って欲しいと思いました。

謎解きはあれくらいでちょうどいいと思いました。アンチャーは数週するので謎解きを毎回解くのはただ時間がかかる作業になってしまいつまらなくなってしまう原因になってしまうかと思ったからです。

自分の場合はフリーズはなかったのですが歯車の中に入り込んででれなくなった事がありましたw

でも面白いのは確かですね^^

はっち
2009年10月28日 19:11
対人戦における駆け引きルール設定など発展途上のFPSに比べ1人プレイ主体のTPS現時点でバイオなどからなるTPSの一つの到達点ではないでしょうか。
主人公が空に浮いてるようなフワフワ感など探せばアラは見えますが、3も同じ路線でまず問題無いでしょうね。
対戦はやはりFPS程の完成度は無いですが、みんなが期待してるとこは、そこじゃないですし、久しぶりに1もやってみましたが、既に前作からほぼ完成の域なのは凄い事です。
日本のお家芸のRPGのデモンズソウルに続き最近失敗続きのFFもどんな完成度かが楽しみです。

山狗
2009年10月28日 22:44
本当におもしろいね
ただヨーロッパの探検家が欲しくてプロ頑張ってるがところどころ積むレベルw
それにしてもチャプターの始まりにロードが無いせいでやめどきがみつからないw
最近はオンラインで友人とミニミッション(プロ)に挑戦してますがむずかしいですねw
しかしこの難しさがやめられない・・・となんだかデモンズを思い出しましたw
3でたら絶対買いますねw
爆睡丸(管理人)
2009年10月29日 00:17
>gibaneさん
自分は一度もフリーズはなかったですね~。運がよかったのかな^^;
アンチャ1の時は化け物に追いかけられるシーンでフリーズしましたが。

>>死にまくっても、コントローラーを投げつけるどころか握りしめてましたね~。
全く同感ですね~。心が折れない絶妙なポイントでリトライできるので、プロでも楽しくプレイできました。
ラスボスはコントローラーを投げるというか一度置きそうになりましたけど(笑)

>>アンチャに、そしてネイトさんに出会えて幸せでした。
こちらも全くの同感です(*´∇`*)


>DRさん
自分もロゴは飛ばしたくなりますね~。
飛ばせないゲームが多いので、たまに飛ばせるゲームがあると、逆に凄いとか思っちゃったり(笑)

CODはプレイしたことがないので、比べることはできないですが、オンラインに関してはまだまだ改良の余地がたくさんあるような気がします。
近々アップデートがあるみたいなので、それでどう変わるかが気になりますね。

>>謎解きを毎回解くのはただ時間がかかる作業になってしまいつまらなくなってしまう
それはありますね~。最後の方の謎解きとかは、2周目はちょっとめんどくさいって思っちゃいましたし(笑)
1周目で手帳見ながらいろいろと推理している時は凄い楽しかったんですけどね~^^;
爆睡丸(管理人)
2009年10月29日 00:18
>はっちさん
オフラインは1の時点でかなり完成されてましたが、オンライン部分に関してはまだまだこれからかもしれませんね。
対人戦にしても協力プレイにしても。
オフラインに関しても、気になる部分がなかったわけではないですが、
今回は感動の方が遥かに大きかったので、それらの部分を書いていたら、
文章が長くなりすぎて、結局書けませんでした(笑)
個人的には最高に楽しいゲームでした^^


>山狗さん
ほんとやめ時がわからなくなりますよね(笑)

>>最近はオンラインで友人とミニミッション(プロ)に挑戦してますがむずかしいですねw
おおー!!それは凄い!!自分もオンのプロをやってみましたが、一瞬で心が砕けました(笑)
中級でもかなりしんどかったです^^;

自分も3が出たら買いますね!!^^オフライン部分をこれ以上進化させるとなると、開発者の人はほんと大変だと思いますが(笑)
anblo
2009年10月29日 00:51
コメントの端々からアンチャ愛を感じますねw
自分でもこんなにハマる事になるとは思いもしませんでした。
TPSを含め、アクション系が全然ダメな僕をここまで楽しませてくれる、素晴らしいゲームです。何度プレイしても飽きません。
最近、ネイトさんの「やばい!」「マジかよ」「嘘だろ?」が口癖になりつつありますw
今から3が楽しみで堪りません…まぁ、システムとか難易度は2と同じ仕様でお願いしたいところですが。難易度・練習でも数え切れない程リトライしたのでorz

TOVも何とかメインシナリオをクリアし、ようやくひと段落。
やり込み要素は暇を見てぼちぼち…という事で、さぁいよいよ白騎士Exエディションだ!…と思ったのも束の間。
ふと気がつくと"ベヨ姐"がすぐそこにw
とりあえず、白騎士はベヨネッタをクリア後に…いや、そう言えばその後に3Dドットヒーローズが…

ま、まぁ、一つずつ片付けていきますw
爆睡丸(管理人)
2009年10月29日 03:34
>anbloさん
まさに「最高だ!」って感じですね。
ただ、ネイトさんの最高は少し意味が違いますが(笑)
3もほんと楽しみですね~。今度はどんな驚きや感動を与えてくれるのか、想像しただけでワクワクしますね^^

>>ふと気がつくと"ベヨ姐"がすぐそこにw
ほんと休む暇がないですね(笑)自分はとりあえず3DドットゲームヒーローズまではのんびりTOVをやる予定です。
ようやくプラチナがちょっと見えてきましたね。いやー、ここまでがほんと長かったです^^;
秋刀魚
2009年11月01日 11:16
御久し振りですw お元気にしてますか?
わても(関西人w)アンチャ2してますが、仕事が忙しくてまだまだです((+_+))
8月にアンチャ1をクリア後ですので、上級でも楽しく遊んでまっせw
平日にアンチャ2を起動する勇気ありません。
辞められない止まらない、モードに入りますのでww
しかし、NAUGHTY DOGはやりますね。
爆睡丸(管理人)
2009年11月01日 16:29
>秋刀魚さん
おひさしぶりです^^
相変わらずゲーム漬けの日々を送ってます(笑)
HDDの時はいろいろと情報ありがとうございました。

>>平日にアンチャ2を起動する勇気ありません。
(笑)
たしかにアンチャは一度はじめるとどんどん先に進んじゃいますからね(笑)

昔からノーティの作品は好きだったんですが、アンチャでさらに好きになりましたね^^

この記事へのトラックバック



記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。