アンチャーテッド2に関していろいろ 「めまいを起こす高さ&インタビュー&動画とおまけの万事休す」

画像

◆「Uncharted 2」は,「おいおい高過ぎるだろう」といいたくなるくらい高所でのアクションシーンの迫力が満点
http://www.4gamer.net/games/093/G009300/20090823008/

日本では、10月15日に発売予定の「アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団」。本作はヒマラヤの山岳地帯が舞台で、高い場所での冒険が多く、時にはめまいを起こしそうになるくらいの高さを感じることもあるそうです(笑)


前作でも、かなり無茶な場所を、己の握力とジャンプ力だけで突き進んでいくスーパーマンっぷりを発揮していた主人公のネイトさんですが、今作はそれがさらにパワーアップしているみたいですね。初期の頃のトレーラーで公開された、崖からバスが落ちそうになっているシーンの時点で、すでに前作超えちゃってますからね(笑)


アンチャーテッドを手がけているNaughty Dogの作品は、ほとんどプレイしています。中でもクラッシュは大好きな作品です。特に印象に残っているのは、あの歌ですね。クラッシュバンディク~♪の部分は今でもリズムを覚えてる(笑)


話は逸れましたが、アンチャーテッドもクラッシュに負けないくらい好きな作品になりつつあります。プレイ動画を見ましたが、今作も徹底したストレスフリーなゲーム設計で、ロード時間に邪魔されることなく、ストーリーやゲームに没頭できそうです。


amazonだと、アンチャ2は5000円を切ってますね(笑)このクオリティのゲームが5000円以下とは・・・・何というか、恐ろしく贅沢ですよね(笑)


■おまけその1 『日本語版プロデューサーへのインタビュー記事』

ちょっと古い記事ですが、電撃Vol.452に日本語版プロデューサーへのインタビューが載っていたのでついでにご紹介します。

電撃PS Vol.452 日本語版プロデューサーに開発秘話を直撃 より一部抜粋

――映像面でのこだわり、パワーアップ部分について教えてください。

永井氏:Naughty Dog独自のゲームエンジンに新機能を追加したことで、PS3のポテンシャルをさらに引き出すことに成功しています。照明と影のシステムをはじめ、空、水、霜、雲など、目に見える部分だけでも見どころがたくさんありますよ。また、新エンジンの搭載が、ゲームプレイの幅を広げることにも貢献しています。例えば、リアルタイムで崩れていくビルのシーンがあるのですが、ムービーではないので、プレイヤーはこの間にも操作可能です。

――新たに加わったアクション要素の魅力は?

永井氏:前作の「カバーシステム」と移動のノウハウを組み合わせたことで、街の看板などを登り、そこで身を隠しながら敵を攻撃することが可能になりました。また、ビルの間を飛んで渡ったり、ビルにぶら下がって身を隠したりすることもでき、まさに即興的な発送でネイトを動かすことができます!

――ステルスアクションの要素も?

永井氏:ステルスアクションを見ると、前作と比べていかにAIが改良されたかがよくわかります。敵AIによる「捜索する」「狩り出す」といった2つの要素が働くことによって、プレイヤーは敵に気づかれる前に倒す戦略を立て、逆に敵を狩るという思考が働きます。対処法も増え、建造物をうまく利用して高台にいる敵を引きずり落としたり、ドアの陰から気づかれることなく倒したりすることも可能です。

――本作でも財宝探しはありますよね?

永井氏:もちろんです!シングルプレイをとおして、本編とは別に数多くの宝物を隠しています。フルコンプリートすると、さまざまなボーナスコンテンツを解除することができますよ!

前作でもかなり凄かったですが、本作ではさらに凄いことになっていそうですね。一体どこまで凄くなるのか。SCEJプレジデントのレーデン氏の言葉を借りるなら、アンチャーテッドは遠慮なく進化する!ですね。


■おまけその2 『アンチャ2のゲームプレイ動画とクラッシュ万事休す』





クラッシュ万事休すは完全なるおまけです。あまりの懐かしさについ・・・(笑)















スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック



記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。