龍が如く4 伝説を継ぐもの 「ついにタイトルが発表されました。龍4はどんなゲームになるんでしょうか」

画像

◆「龍が如く」シリーズ次回作 タイトル名決定!!
http://ryu-ga-gotoku.com/news/index.html#104
◆『龍が如く4』発表! 俳優・桐谷健太さんと成宮寛貴さんの出演も決定
http://news.dengeki.com/elem/000/000/180/180769/
◆セガ、PS3「龍が如く4 伝説を継ぐもの」 正式タイトル決定!キャスト第1弾も発表
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20090724_304607.html
◆「龍が如く」最新作は,「龍が如く4 伝説を継ぐもの」に! 成宮寛貴さん,桐谷健太さんの出演も決定!
http://www.4gamer.net/games/094/G009425/20090724003/
◆PS3「龍が如く」シリーズ次回作タイトル名決定!――「龍が如く4 伝説を継ぐもの」
http://gamez.itmedia.co.jp/games/articles/0907/24/news030.html


うおおおおおおぉぉぉぉぉーーーー!!!!


ついにタイトルが決定したぁーーー。ナンバリングタイトルだぁーーー。


◆龍が如く4(名越稔洋オフィシャルブログ「とりあえず乾杯デショ。)
http://ameblo.jp/nag0617/entry-10306304306.html

とにかく今回は
ストーリーに注目して下さい。

兄貴ーーー、それ毎回言ってるよーー(笑)もうね、注目して下さいって言われなくても注目します(笑)


早く次の情報でないかな。気になるのはやっぱりゲーム内容。以前名越さんは、インタビューでこんな風に答えてます。

電撃PlayStation Vol.442 インタビューより

PS3で開発してきたなかで、「もうちょっと上のこと」ができそうな気配が出てきてはいます。極端な例でいうと、あのコントローラのスタイルがあって、信号を伝えて、キャラクターが動いてっていう基本的なものから、まったく違う世界に行けるような雰囲気がすごくあって・・・・今はそこをじっくり考える時間がほしいです。だから、もしそれが完成したら、仮に「龍が如く4」だったとして、ものすごいものが見せられるとは思います。ただそれには時間がかかりそうで、時間(スピード)をとるのか、新たなサービスをとるのかは、悩みどころですね。PS3で2作品を制作して、より見えてきた部分もありますし、チームでもその議論の最中です。

龍が如く1から2への進化は、ボリュームアップとシステムの改良がメインでした。2から3への進化は、SDからHDへの進化、すなわちグラフィックの進化が一番大きかったと思います。ストーリーを重視する龍が如くにとって、グラフィックの進化は重要です。


では、3から4への進化は一体どうなるのか。はたして名越さんのいう「もうちょっと上のこと」とはどういうことなのか、まったく違う世界とはどんなものなのか、ものすごいものとは一体何なのか、3から4への進化は、単なるボリュームアップやシステムの改良だけではない何かがあるということなんでしょうか。


シリーズもののゲームが抱える共通の問題点の1つにマンネリ化があります。あまり大幅にゲームを変えてしまうと、ファンに受け入れてもらえない危険がある。だからと言って何も変えなければ、どうしてもマンネリ化してしまう。このバランスはやっぱり難しい。龍が如くという作品も今回で4作目。見参を入れると5作目。この問題は、避けては通れないものなのではないかと思います。


開発期間が1年(多分)でどこまでできるのかという問題もありますし、上のインタビューでの発言の内容が、全てこの龍が如く4で実現されるのかはまだわかりません。時間がかかるということですしね。しかし、どちらにせよ自分にとって、この作品が非常に楽しみな作品であることは間違いないです。















スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

ok
2009年07月25日 11:47
「伝説を継ぐもの」ということはもしかして、桐生さんじゃないのかな!?
爆睡丸(管理人)
2009年07月26日 01:22
>okさん
自分も真っ先にそれを考えちゃいましたね(笑)
龍4の主人公が桐生さんじゃないのか、それとも龍4で桐生さんの話が終わるのか、それとも全く別の意味なのか。早く知りたいですね。

この記事へのトラックバック



記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。