龍が如く3 ミニゲームコンプリートへの道(4)「心が折れた神室町の夜」

ようやく琉球街を離れ神室町に帰ってきました。物語はここからがいよいよ本番といった感じです。しかしながら神室町に帰ってきてもやることは1つ。そうミニゲームです(笑)もはや龍が如くというよりミニゲームが如くです。プレイ時間もミニゲームだけで普通に本編をクリアできる時間以上のプレイ時間になってます(笑)こりゃ100時間も十分ありえるなぁ。そうなると3本連続(白騎士→デモンズ→龍3)ですか・・・・ひえぇぇぇー。こんなにゲームやったのいつ以来なんだろ。凄いことになってきたぁーー。


さて、神室町に戻ってきてできるようになったミニゲームは以下の10種類(琉球街でコンプしたものは省いてます)。

アロママッサージ(全コースで最高評価(大満足な龍)を獲得)
ダーツ(全モードで全対戦相手に勝利)
ボウリング(10フレームでの点数が200点以上)
丁半博打(累計獲得点数が20000点以上)
ルーレット(累計獲得チップが20000枚以上)
ポーカー(1プレイでの獲得チップが10000枚以上)
ブラックジャック(1プレイでの獲得チップが10000枚以上)
UFOキャッチャー(全ての景品を獲得)
Answer×Answer(各クイズで5勝以上する)
バッティングセンター(各コースで規定の点数(1800点)以上を獲得する)
シューティング(一定レベル(50)まで到達する)

うーーん、見るだけで心が折れそうなラインナップ。特にアレが・・・怖いよアレが。でもビリヤードや麻雀を乗り越えられたんだから、多分・・・きっと・・・・・・・・・大丈夫・・・・・・・・・・・・・な・・・・・・・・・はず・・・・・


■■ バッティングセンター ■■

何を血迷ったか神室町に帰ってきて最初にやったミニゲームがこのバッティングセンター。バッティングセンターと言えば過去の龍シリーズでも苦しめられまくった記憶があるミニゲーム。過去のシリーズでも1度もコンプリート条件を満たしたことはありません。まぁ龍1&2は急ぎ足でやったからというのもあるんですが。


バッティングセンターにはイージー、ノーマル、ハード、エクストラハードの4種類のレベルがあります。とりあえず今回のバッティングセンターはどんなものなのかと試しにイージーをプレイしてみることに。


あー、タイミングさえ覚えてしまえば楽だなぁー。


これが最初の印象でした。まぁさすがにイージーだし、ここはさすがにすぐクリアできるよなぁ(笑)やっぱりエクストラハードとかがもの凄いんだろうなぁー。さっさとこんなレベルはクリアして、エクストラハードで挫折しないように頑張らないとなぁ。


そんな風に思いながら、コンプリート条件を確かめて愕然としました。クリアには1800点以上必要と書いてあるじゃないですかいやー自分の目を疑いましたよ。このゲームは20球のうち何回打ち返せるかで得点が決まるのですが、1回打ち返して100点。つまり20球のうち18回ジャストタイミングで打ち返さなければいけないことになります。


イージーから条件厳しすぎね??


案の定大大大大大


大苦戦!?


たしかに1球打ち返すのはそんなに難しくない。球もストレートとカーブしかないし、球種の順番は決まってるし、落ち着いてやれば簡単に打ち返せる。だけど・・・・・


2球しかミスれないと思うと・・・・><いやー、駄目っすわー。10回連続で打ち返せたりすると、凄いドキドキしちゃって・・・普通にやればいいのに、何か力んじゃったり。何度もやると、集中力が途切れて、最初の1球で何度もミスったり。どんどん最悪な状態へ突き進んでいく。メンタル面の弱さもここまでくれば一種の才能だね・・・


ていうかこれイージーですよね?ノーマルとかハードとか、ましてやエクストラハードなんてどうなるの?ねぇどうなるの?当初の予定ではエクストラハードで時間をたっぷり使う予定だったんすよ。もうイージーで何分やってんすか?これクリアできますか?


そんなことばかり考えてやるもんだから、焦りと苛立ちでますます悪循環。これをクリアするだけでコンプリートになるのなら、まだやる気も持続した。しかしこのあとにノーマルやハード、エクストラハードまで残っていると考えるとね・・・・もうどうしようもないですわ・・・・


ビリヤードでもたしかに心が折れそうになりました。しかしながらコントローラーを置くことはなかった。何とか頑張れた。しかしバッティングセンターは


初めてコントローラーを置きました


しかも


イージーで


ポキッ


音がしたねー。とりあえずPS3の電源を落としました。


【続く】

















スポンサーリンク


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。