本日はいろいろまとめて

■今週のランキング

http://www.m-create.com/ranking/

侍道3  19,641
GT5Pスペック3  14位
GTA4  24位
レジスタンス2  26位
モーターストーム2  31位
マーセナリーズ 2  32位
リトルビッグプラネット  39位
FIFA09  48位

PS3本体  17,436

今週はTOP10内に入ったソフトは侍道3だけでしたが、先週分と合わせて見事に10万本突破しましたね侍道3の10万突破は完全に予想外でしたね。発売時期がよかったのかな。

本体は先週とほとんど変わらず。去年と比べるとかなり少ないですが、さすが年末ということもあって安定した売れ行きですね。本体に関してはTGS終了後に予想した通りの売れ行きですね。値下げや互換、MGS4級の超キラーソフト、どれもない今の状況で本体が売れるような市場なら最初からこんなに苦戦していないでしょうし。今の日本では、その3つの条件が全て揃っても売れるかどうかわからないと思っていいくらいの状況だと個人的には認識しています。携帯機中心の市場で、しかもここまでWiiが普及してしまったのだから、PS3が簡単に売れないことは容易に推測できます。

Wiiの存在は今の日本には必要だと個人的には思います。それは以前の記事でも書いた通りです。しかしWiiだけではやはりもの足りないんですよね。そこが今までのゲーム機戦争とは少し違うところかな。だからWiiが普及したからといってそれで終了にはならないはずなんです。PS3が売れる可能性はそこですね。これから先ゲーム業界がどうなるのか正直わかりません。Wiiの一人勝ちでそのまま終了する可能性もあります。しかしPS3が復活する可能性は今までに比べるとかなり高い確率であると思っています。

PS3が復活というのはWiiに販売台数で勝つということではなく、PS3はPS3できちんと市場が形成できるという意味です。今までのようにとりあえず普及しているハードにソフトを出しておけば間違いないといった状況にはならないんじゃないかな。MGS4がもしWiiで出ていたらこんなにヒットしていたとは到底思えないし、侍道3の件に関してもそうです。それぞれのハードに適したソフトを考え販売していく必要があると思います。だからこそ勝ちハードのみにソフトが極端に集中するといった今までの状況とは少し違った形になるのではないかと予想しています。

MGS4や龍3、FF13のようなゲームをもっともっとしたい!!そういったゲームファンの思いが少しでもサードに伝わるといいんですけどね。

■真・三國無双5 Empiresが2009年1月29日発売

次々と和ゲーの発売日が決定していきますねいつもなら猛将伝を挟んでのEmpiresの発売だと思うのですが、今回は猛将伝ないんですかね。3、4のときはEmpiresまでプレイ出来なかったのですが、今回はやってみようかな。うーん、どのソフトを買うかほんと悩むなぁ。1月~3月はうれしい悲鳴ですなぁ。

■PS Homeインタビュー記事

http://www.4gamer.net/games/070/G007019/20081125062/

Homeに関してSCEのプロデューサーの方にインタビューをした記事が掲載されています。個人的にはリージョンごとに仕切るのは賛成です。ゲームならば言葉が通じなくても何とかなる部分はあると思いますが、Homeはコミュニケーションがメインのサービスですので、さすがに言葉の壁はどうにもならないと思います。英語を使ってコミュニケーションが取れる方なんてかなり少数でしょうし、敷居はできるだけ低くして、日本でのオンライン人口の拡大に少しでも貢献してほしいという思いのほうが強いですので。将来的にはゲームごとに世界共通のラウンジも用意される可能性もあるみたいですし、ゲームでは今まで通り世界中のプレイヤーと対戦できるみたいなので問題ないと思います。

■魔界戦記ディスガイア3の追加ダウンロードコンテンツ第6弾配信開始

http://news.dengeki.com/elem/000/000/124/124321/

無料と聞いたら飛びつかないわけにはいかないでしょう久々にディスガイア3を起動してみますかな。ディスガイア3はかなりハマりましたね~。たしかディスガイア3はスマブラと発売日が同じ日で、レジに10人くらい列が出来ていて、自分以外全員スマブラ購入者だったという悲しい思い出がありますね















スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック



記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。