今週の売上げは侍道3が大健闘って内容を書くつもりが話が脱線して・・・・

http://www.m-create.com/ranking/

侍道3  81,047
RESISTANCE 2  33,584

グランド・セフト・オートIV  11位
グランツーリスモ5 プロローグ Spec III(同梱版含む)  14位
FIFA09 ワールドクラス サッカー  18位
リトルビッグプラネット(同梱版含む)  22位

PS3本体  17,448


侍道3は消化率82.46%で約8万本と大健闘ですねぇ。こういうタイトルはやはりPS3が一番売れるんでしょうね。DS、PSP、Wii、どれで出しても8万はいかなかったと思います。まぁ開発費に違いがあるので一概に売上げ本数だけで語れないところはありますが。


こうなってくると益々サードはどのタイトルをどの機種で出せば一番いいのかの判断が難しくなりますね。モンスターハンターもPSPではなくDSで展開されていたらあのような爆発的な大ヒットはなかったでしょうし。WiiはPS2時代の文法をそのまま当てはめて続編を作ってもなかなか売れるハードではありません。しかし中途半端にリモコンを使用しても通用しないのは今までのソフトの売上げを見ていれば明らかです。PS3にしても開発費はPS2時代より確実に増加しているのに、PS2時代に比べたらソフトは売れないという非常に厳しい状況です。じゃあ日本はソフトが売れないから諦めて海外へ?いや、それでいいはずがありません。日本のゲーム文化が衰退していくのであれば、いくら日本製のソフトが海外で売れても意味がありません。


今のこの状況を打破するためには、PS3だとかWiiだとかそういった小さなことではなく、ゲーム業界全体で、もっと日本におけるゲーム文化を高めていかないと駄目だと思いますね。ゲームを一部のマニアのものにするのではなく、子供も大人もお年よりも、男性も女性もみんなが楽しめる文化にしていかないといけないと思います。そういった意味では任天堂の方向性には賛成ですし、任天堂だけに任せておいていいはずはありませんので、SCEにしてもサードにしても業界全体でそういった努力をする必要があると思います。これはカジュアルゲームを増やせばいいということではなく、「普通」の大人が普通に楽しめるゲームももっともっと増やしていく必要があると思います。


PS、PS2時代には、ハードの性能が上がるにつれて、表現できる幅がどんどん広がり、今まではひらがなや簡単な漢字だけで書かれていて小学生でも普通に楽しめていたはずのRPGが、当たり前に難しい漢字が使われるようになり、12歳以上推奨、15歳以上推奨のゲームばかりになってしまって、子供が置き去りにされるといった状況が少なからずあったと思います。当たり前の話ですが、子供たちがゲームをしなくなればその子供たちが大人になったときゲームは確実に衰退します。そこの部分を救済したのがDSでありWiiだったんじゃないかと思います。


しかしそんな背景とは真逆に、大人向けのゲームが増える一方で、いつまでたってもゲーム=子供のおもちゃというイメージが払拭されない現実があります。FCやSFC時代、ゲームは完全に子供の遊び道具でした。今でもゲーム=おもちゃというイメージを持つ人がいることも事実でしょう。しかしハードの性能が上がり、表現できる幅が広がるにつれ、今ではゲーマーでない普通の大人の人でも十分楽しめる娯楽になっています。ゲームは、音楽や映画、スポーツ等に何ら劣ることの無い、大人の趣味として十分通用できるところまできていると思います。自分は音楽や映画が趣味というわけではありませんが、音楽は聴きますし映画も見ます。それと同じで別にゲームは趣味ではないけどゲームをやるよという大人の人がもっともっと増えてもいいと思います。


ゲームの文化を高めるということは、今まで置き去りにされていた子供たちやゲーム離れをしていた人達をカバーするというだけでなく、大人の趣味として、もっともっとゲームを高めていかなくてはなりません。だからカジュアルゲームばかりでは駄目なのは明らかなわけで、MGS4や龍3といったようなタイトルが増えることも同じくらい重要です。もっと言えばコアゲーマーが楽しめるゲームだけでなく、普通の大人が楽しめるゲームも作っていかなければ駄目なんじゃないかな。この辺はPS3の仕事だと思っています。


任天堂の方向性だけでは駄目、SCEの方向性だけでも駄目、結局どちらも大事ですよという結論に達したところで、えーっと、何でこんなに話が脱線してるんだ・・・・読み返してみたら話が全然まとまってないし。勢いで書きすぎだろこれはまぁ元々駄文ばかりのブログなんでいいのかなこれでも














スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック



記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。