勝手にすんゲー10本。PS3

電撃PSでいつからはじまったかは忘れてしまいましたが、かなり前からやっている企画にすんゲー10本。というものがあります。今日本屋でチラっと見ると今年は、すんゲー10本。PSPになっていました。去年はすんゲー10本。PS3だったのでちょっと残念に思いましたが、今年のSCEJはPS3よりPSPメインって感じの戦略ですし、日本では今一番売れているPSシリーズの本体なので仕方ないのかもしれません。

といったわけで、電撃がやらないんなら、自分でやってしまおうと思い、勝手にすんゲー10本。PS3を決めちゃおうと思います。ちなみに去年のすんゲー10本。PS3は

2007/11/22号

・魔界戦記ディスガイア3
・ラチェット&クランク FUTURE
・龍が如く 見参!
・デビルメイクライ4
・真・三国無双5
・ワールドサッカーウイニングイレブン2008
・グランツーリスモ5 プロローグ
・コールオブデューティー4
・メタルギアソリッド4
・タイムクライシス4

でした。ディスガイア3が最初に来ている辺りがなんとも電撃らしいですね。2008年発売のソフトも4本入っています。
この中のソフトは半分以上買ってますねぇ。

では、ここから勝手にすんゲー10本を決めていきたいと思います。まず絶対外せないソフトから

・白騎士物語
RPG色がかなり強い雑誌の電撃PSでこれが選ばれないはずはありません。電撃じゃなくても今年のPS3最大の注目作ですのでこれは間違いなく入るでしょうね。

・ガンダム無双2
これも確実でしょう。売上げが10万本以上狙える貴重な和ゲーソフトですし。今年はPS2との同時発売なのでその辺の売上げ勝負も気になるところ。

・ワールドサッカー ウイニングイレブン 2009
ウイイレも間違いないですね。今年はPS2版が同時発売ではないので、こちらも売上げがどうなるのか非常に注目です。去年はPS2版を買ったけど、そろそろPS3版がほしいと思っているユーザーも結構いるんじゃないでしょうか。

上の3つは今年のPS3の年末商戦の3本柱ですね。全部のソフトが10万以上確実に狙えますし、20万、30万も視野に入れてもいいのかもしれませんね。


・モーターストーム 2
去年GT5Pが入っていたので、今年のレースゲーム枠はこれでしょう。雑誌の評価でも1よりよくなっていますので、確実にパワーアップしているでしょうし、PS3初期を支えたタイトルですので、2006年にPS3を買った古いユーザーの中にはかなり愛着のある方が多いんじゃないでしょうか。

・侍道3
以前も書きましたが貴重な和ゲータイトルの続編ですし、売上げもなかなか好調という話です。完全に別次元のソフトであるMGS4よりも、こういったタイトルの売上げの方が気になるサードも多いんじゃないでしょうか。

・RESISTANCE 2
こちらも発売されたばかりなので、攻略をかねて選ばれるでしょう。前作はロンチタイトルということもあり結構売れたレジですが2はどうなるんでしょうかね。

・フォールアウト3
去年のCOD4枠ということで、こちらのタイトルも。残念ながら来年に延期されましたが、オブリビオンは自分の中ではかなりツボだったので期待しています。しかし世界観がちょっと自分には合わないかもなぁーとは思いますが、おもしろいゲームならあまりそういうことは気にしないタイプなのでまぁいいかな。

・龍が如く3
去年は見参が入っていたのでこちらも。2009年春ということですが、バイオ5とのガチンコ勝負になるんでしょうか?同じ時期にFF13の体験版が入ったFF7ACも発売されますし。3月はとんでもないことになってますね。

・バイオハザード5
龍が如く3を入れましたのでこちらも。バイオハザードシリーズは0~4、ベロニカ、GCのバイオ1、Wiiのアンブレラクロニクルズと何だかんだでほぼプレイしていますね。

・NARUTO-ナルト- ナルティメットストーム
2009年最初の目玉タイトルということでこちらのタイトルも。発売日も決定して雑誌等での露出も多くなってきましたね。ナルトをPS3独占で作るって今の現状を考えると凄いことだよなぁ。


ということで、ザーっと10本あげてみました。アクションあり、格闘あり、スポーツあり、RPGあり、レースありとなかなかバラエティにとんだラインナップになったんじゃないかなぁと思います














スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック



記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。