二ノ国 漆黒の魔導士 MAP付き攻略ページ カジノ(ブラックジャック、軍隊ゲーム)【ニノ国】

ニノ国 漆黒の魔導士 MAP付き攻略ページ トップページへ


【目次】

  ・カジノについて
  ・カジノの景品
  ・VIPルーム
  ・クラフターバトル
  ・スロットマシーン
  ・ブラックジャック
  ・軍隊ゲーム



■ブラックジャック


■ルール

配られたカードの合計が「21」にどれだけ近いかを競うゲーム。

カードの数え方は以下の通り。

  【カードの数え方】

    画像

    ・Aは、合計が11点を越えている場合は1点、超えていない場合は11点になる。

    ・2~10までの数字が書かれたカードは、そのままの数字が点数になる。

    ・J、Q、Kの絵札は、全て10点になる。

ゲームの手順は以下の通り。

  【手順】

    1.メダルを賭ける(10枚、50枚、100枚)

    2.自分と相手にカードが2枚ずつ配られる

    3.プレイヤーは、手札の合計点を見て、さらにカードを引くかそのまま勝負するかを決める

カードを引いて合計が21点を越えてしまうと、「バスト」となり負けとなる。

21点ぴったりになると「ブラックジャック」になって、相手が同じブラックジャックでない限り、その時点で勝ちとなる。


■獲得メダル

  【プレイヤーの勝利】
    獲得メダル:賭け金の2倍

  【ブラックジャックで勝利】
    獲得メダル:賭け金の4倍

  【引き分け】
    獲得メダル:賭け金が払い戻される


■ブラックジャックの活用法

100枚賭けてブラックジャックになったとしても300枚しか稼ぐことができないので、メダル稼ぎには向いていない。

しかしながら、総獲得メダル枚数は確実に加算されていくので、あとちょっとで新しい景品が出そうな時に活用するとよい。




■軍隊ゲーム


■ルール

軍隊ゲームは、配られた10枚のカードを5組の「部隊」にわけ、お互いの部隊の合計値で競うゲーム。


カードには、通常札と特殊札の2種類があり、それぞれ以下のような決まりがある。

 画像

 画像

 画像

配られた10枚のカードを5組の部隊に分ける時は、上のルールにさえ基づいていれば、どんな組み合わせにしてもよい。


5つの部隊が作り終わったら、次は「勝利予想」をする。勝利予想は相手の部隊にすることも可能。

勝利予想をした部隊が見事勝利すると、相手の賭け金を半分貰うことができる。

相手の勝利予想が的中した場合は、自分の賭け金を半分失うことになる。


勝利予想が終わると、先攻をカードで決めて(山札から自動的にカードが引かれ、数字が大きい方が先攻)ゲーム開始。

ゲームの手順は以下の通り。

  【手順】

    1.自分の番になったら、自分が作った部隊の中から、好きな部隊を選択する。

    2.部隊のカードの枚数、相手の勝利予想などから、相手がどんな部隊を作っているかを推理し、
     勝負したい部隊を選択する。

    3.お互いの部隊をオープンして、合計値が高かった方が勝利となる。

    4.その後も交代で部隊を戦わせ、先に3勝した方が勝者となる。


掛け金は1回メダル200枚で、勝利すると現在の獲得メダルをそのまま掛け金にして勝負を続行するかどうかを選択することができる。

勝負は5回まで連続して行うことが可能。

自分の予想を全て当て、相手に予想を1回も当てさせずに5連勝すると、最大で48600枚稼ぐことが可能。


■基本的な部隊の作り方

 ●兵士だけの部隊
   兵士だけの部隊の場合は、部隊の合計値のみで勝負することになるので、なるべく合計値を高くした方がいいが、
   あまり一つの部隊だけを強くしすぎても、相手のキングやマジシャン部隊に負けてしまう可能性も考えられるので
   強さが30以上の部隊を1つ作るよりも、部隊の強さが15~25くらいの部隊を複数作るようにした方がよい。
   ただし、他にキングやマジシャンなどがあり、少ない枚数で強い部隊が複数作れる場合は別。

 ●キング部隊
   キングは1枚でも十分強いので、他のカードに余裕が無ければ、キング1枚だけの部隊でもOKだが、
   キング1枚だけだと、コンピュータに予想されてしまう可能性もあるので、弱い数字を1つ加えておくのも手。

 ●マジシャン部隊
   マジシャンは、相手の部隊と入れかえることができるので、弱い数字(2や3)や聖者と組み合わせるのが基本。
   

■いろいろな駆け引き

配られた手札の中に、マジシャンやキングがあり、強い部隊が4つ以上作れる場合は、オーソドックスな方法でも勝てる確率が非常に高いが、決め手になる強い部隊が複数作れない場合は、様々な駆け引きを用いて勝つ必要がある。

 ●カードの枚数が多い部隊に聖者を混ぜる
   コンピュータがよく使う手で、カードの枚数が多いから強い部隊だと思って、
   弱いカードとセットにしたマジシャン部隊をぶつけると、逆に勝負を仕掛けた方が負けてしまう。

 ●カードの枚数が多い部隊にマジシャンを混ぜる
   こちらもコンピュータが使う手で、カードの枚数が多い部隊にマジシャンを混ぜておいて
   弱いカードとセットにしたマジシャン部隊をぶつけると、逆に勝負を仕掛けた方が負けてしまう。

 ●相手の強そうなカードを勝利予想に選ぶ
   自分の部隊の中に、これといった強い部隊が無いときは、勝利予想に相手部隊を選ぶのも手。

 ●勝利予想にわざと弱いカードを選ぶ
   コンピュータが強い部隊と勘違いし、マジシャン部隊をぶつけてきて勝てることがある。
   カードが1枚の場合は、コンピュータがキングと勘違いし、聖者部隊をぶつけてきて勝てることも。
   また、コンピュータは勝利予想の部隊に強い部隊をぶつける傾向があるので、
   相手に強い部隊を使わせることも可能。
   逆に、コンピュータがわざと自分の弱い部隊に勝利予想することもある。

 ●ゲームの序盤で弱い部隊を相手の強そうな部隊にぶつける
   ゲームの序盤で、相手の部隊の中で、カードの枚数が多く強そうな部隊に、
   わざと弱い部隊をぶつけて、相手に強い部隊を使わせてしまう作戦。
   コンピュータは、カードの枚数が多い部隊の中に、聖者やマジシャンを混ぜることもあるので、
   そういった場合は、タナボタでラッキー勝利になることも。















スポンサーリンク


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。