カスタマイズ -エンドオブエタニティ(EOE)MAP付き攻略ページ-

エンドオブエタニティ(EOE)MAP付き攻略ページ


【目次】
カスタマイズの基礎
カスタムパーツの種類
カスタマイズの連結に関して
チャージ加速度を限界まで上げる連結方法
カスタムパーツを作るための素材集め
いろいろなカスタマイズ例

【各チャプターでのキャラクター育成&カスタマイズの方針】
プロローグ~チャプター8
チャプター9~チャプター16


■カスタマイズの基礎


【カスタマイズについて】

エンドオブエタニティでは、キャラクターの攻撃力を直接上げることはできません。キャラクターは、武器の熟練度を上げることでチャージ回数が増えていき、多重チャージすることで攻撃力が増加したり様々なスキルを発動することができます。

チャージのスピードに大きく関わってくるステータスが、チャージ速度とチャージ加速度で、カスタマイズでは、主にこの2つのステータスを上げていくことになります。

チャージ回数が少ないと、いくらキャラのLVを上げても攻撃力は弱いままなので、LVが上がるにつれて、この2つのステータスも一緒に強化していくことが重要になります。


【カスタマイズのルール】

ル-ル1:同じ形で、丸いフチがあるマークとそうでないマークを重ねることでパーツが装着できる

画像

パーツは同じ形のもの同士で重ねる必要があります。また、必ず丸いフチがあるものとないものを重ねる必要があり、同じ形であっても、丸いフチがあるもの同士、無いもの同士で重ねることはできません。


ルール2:丸いフチがある部分は必ず接続されていなければならない

画像

丸いフチがあるパーツは、必ず接続されている必要があるので、左のようにサブバレルを単体で装着することはできません。右のように、必ず他のバレルとセットで接続する必要があります。フチの無い部分は必ず接続する必要はありません。


ルール3:配置スペースは9×9の81マス

パーツは、銃も含めて9×9の81マスに収まるように配置しなければいけません。


ルール4:移動と回転について

銃の位置は右スティックで移動させることができます。また、銃は回転させることはできませんが、パーツなら回転させて装着することができます。


ルール5:カスタマイズで上げることができるステータス

武器には次のようなステータスがあります。

攻撃力:武器の攻撃力
ゲージ・クラック性能:ゲージ・クラックの発生率、マシンガンには無い
吹き飛ばし力:敵を空中に吹き飛ばす力
チャージ速度:チャージのスピード
チャージ加速度:2週目以降のチャージスピード
連射速度:デンジャー状態での連射速度
集弾性能:弾丸の命中精度
装弾数:1回の攻撃で発射する弾の数

この中で、カスタマイズで上げることができるのは、チャージ速度、チャージ加速度、連射速度、集弾性能、装弾数の5つです。



■カスタムパーツの種類


【サイト&スコープ&レンズ】

チャージ速度を上げることができるパーツで、ハンドガンとマシンガンで共通です。


【バレル】

チャージ加速度を上げることができるパーツで、1つの銃に対して1つだけ装着することができます。HG-○○バレルがハンドガン用で、MG-○○バレルがマシンガン用のパーツになります。


【サブバレル】

チャージ加速度を上げることができるパーツで、こちらは1つの銃に対して、スペースが許す限りいくつでも装着することが可能です。サブバレルはハンドガンとマシンガンで共通です。


【ハンドガード&グリップ】

連射速度、集弾性能を上げることができるパーツで、ハンドガンとマシンガンで共通です。


【マガジン】

装弾数を増やすことができるパーツで、HG-マガジンがハンドガン用で、MG-マガジンがマシンガン用のパーツになります。


【その他】

その他に、アダプターやマウントなど、他のパーツを延長するための補助的なパーツがあります。



■カスタマイズの連結に関して


カスタマイズは、主にチャージ速度とチャージ加速度を上げることが目的ですが、パーツの連結には次のような特徴があります。

画像

チャージ速度を上げることができるサイト&スコープ&レンズ系のパーツは、銃に対し上側と後側(延長パーツを組み合わせる)のエリアに装着することができます。

チャージ加速度を上げることができるバレル系のパーツは、銃に対し下側と前側のエリアに装着することができます。

つまり、チャージ加速度を限界まで上げようと思ったら、バレル系のパーツを装着可能なエリアが最大になるように、銃を一番右上に持ってくればよいことになります。

画像



■チャージ加速度を限界まで上げる連結方法


チャージ速度は、限界まで上げても劇的な変化はなく、後半になると多重チャージをすることの方が重要になるため、ここではチャージ加速度について考えます。チャージ加速度を上げるために最も重要なパーツがサブバレルで、これをいかに連結するかが鍵となります。

サブバレルには、×の形に連結できるX型とTの形に連結できるT型があり、X型は横にT型は下へ連結していくことができます(回転をさせない場合)。

画像

サブバレルの連結は、グリップ等と組み合わせてT型で下へ拡張していき、×型で横へ拡張していくことが基本となります。

画像

また、L字グリップで90度連結方向を変える事により、T型を横へ、×型を上へ連結させることも可能です。


次の数値は、各サブバレルの1マス辺りのチャージ加速度アップ量を示したものです。

サブバレル(×型) 1%
マルチサブバレル(T型) 1%
ショートサブバレル(×型) 2%
ターミナルサブバレル(T型) 1%
フラッシュサブバレル(×型) 1.5%
丁字拡張サブバレル(T型) 2%
十字拡張サブバレル(T型) 1.5%
拡張サブバレル(×型) 1.5%
拡張ロングサブバレル(T型) 1.25%
レールサブバレル(×型) 1.5%
拡張ニ連サブバレル(T型) 1.25%
ニ連サブバレル(×型) 1.25%
拡張スーパーサブバレル(T型) 1.25%
拡張多連サブバレル(×型) 1.5

一番効率よくチャージ加速度をアップできるのは、ショートサブバレルと丁字拡張サブバレルになりますが、どちらもそれ以上の拡張ができないため、全てをショートサブバレルで埋めるといったようなことはできません。

この中で使い勝手のいいパーツは、フラッシュサブバレル。1マス辺りのアップ量が2番目に高く、ニ連サブバレルを使うより、フラッシュサブバレルを2つ使ったほうがチャージ加速度は高くなります(その分重量は重くなる)。


以上を踏まえた上で、以下の2つの例を見てみましょう。

画像

左のカスタマイズは、×型を左、T型を下に拡張していくパターン、右のカスタマイズは、L字グリップで90度方向を変え、×型を上、T型を左に拡張していくパターンで、パーツの内訳は以下のようになっています。

■×型を左、T型を下に拡張するパターン
画像

■×型を上、T型を左に拡張するパターン
画像

バレルを配置している面積では、左のカスタマイズが59マス、右のカスタマイズが58マスで、左のカスタマイズの方が上ですが、右のカスタマイズには、フラッシュサブバレルよりも1マス辺りの加速度アップ量が0.5%高いショートサブバレルを10個用いています。

バレルの面積が1マス少ない分、左より右の方が-2%のマイナスですが、ショートサブバレルを用いた分が+5%プラス(0.5%×10個)になっているので、合計で+3%右のカスタマイズの方が優れていることになります。


こちらはマシンガンのカスタマイズ例です。

画像

こちらのカスタマイズのパーツの内訳は以下のようになっています。
画像

こちらのパターンでは、×型を左、T型を下に拡張していくパターンの中に、効果的にショートサブバレルを組み込むことができるので、先ほどとは逆に、「×型を左、T型を下に拡張するパターン」の方が効果的です。


同じマシンガンでも、銃の形がこちら↓の場合は、「×型を上、T型を左に拡張するパターン」の方が効果的です。

画像

画像



以上をまとめると、できる限りチャージ加速度を上げるためには、「サブバレルを配置する面積をできる限り確保した上で、どれだけ効果的にショートサブバレルと丁字拡張サブバレルを組み込むことができるかが鍵になる」ということになります。


「チャージ速度163、チャージ加速度66%」のマシンガンと、「チャージ速度52、チャージ加速度85%」のマシンガンで、LVが100の時の最大チャージまでの時間を比べてみたところ、「チャージ速度52、チャージ加速度85%」の方が若干ではありますが速いという結果がでました。以上の結果から、チャージ速度は50~100程度あれば十分だと思います。

ただ、チャージ速度が50程度だと、遠くの2体の敵を1回のインビンシブル・アクション中に狙う場合などで、多少不利になる場合があるので、万能型を目指すなら、銃を2マス下に下げて、チャージ速度もアップさせるカスタマイズの方がいいかもしれません。

チャージ速度を上げたい場合は、上に挙げたカスタマイズで、下の部分をカットし、銃を下にズラし、上にサイト&スコープ&レンズ系のパーツをつければOKです。ちなみに、サイト&スコープ&レンズ系のパーツの1マス辺りのチャージ速度アップ量はこんな↓感じです。

ルーキーサイト 6
トップサイト 2
コンバットサイト 2.5
サブサイト 1.5
ダットサイト 2.5
コンパクトスコープ α 5.5
コンパクトスコープ β 5.5
ハイマウントサイト 7.5
ハイマウント エリート 7.5
テレフォトレンズ 5.5
ミニレンズ 8
ロングレンズ 4.67
ハイマウント プロ 8.5
スペシャルスコープ 6.33
ロングスコープ全般 7.5


チャージ速度も考慮したバランス型のカスタマイズに関しては、コチラをご覧下さい。



■カスタムパーツを作るための素材集め


よく使うパーツと素材の入手方法は以下の通りです。


【ショートサブバレル】
・鉄クズ:気まぐれ移動商店


【フラッシュサブバレル】
・鉄クズ:気まぐれ移動商店
・鉛クズ:こちらを参照


【十字拡張サブバレル】
・銅クズ:こちらを参照
・ジャンクミサイルTK:ハイウェイハンター(第24番鉱脈)、シェルタンク(闘技場RANK31)


【丁字拡張サブバレル】
・銅クズ:こちらを参照
・ジャンクミサイルTK:ハイウェイハンター(第24番鉱脈)、シェルタンク(闘技場RANK31)


【拡張ニ連サブバレル】
・亜鉛クズ:こちらを参照
・ジャンクミサイルHP:バハムート(1階層:シャンデリア外壁、エントランス)
左右の武器(外装)を破壊で入手可能。


【拡張アダプターグリップ】
・亜鉛クズ:こちらを参照
・ジャンクアームTK:ハイウェイハンター(第24番鉱脈)、シェルタンク(闘技場RANK31)
・ジャンクアームTK2:ミサイルビーグル(ペーティリア)、マインタンク(闘技場RANK38、39)
前武器(正面の外装)を破壊で入手可能。


【アダプターフォアグリップ】
・銅クズ:こちらを参照
・ジャンクアームTK2:ミサイルビーグル(ペーティリア)、マインタンク(闘技場RANK38、39)


【拡張ハンドガード】
・鉛クズ:こちらを参照
・ジャンクハンマーSH1:スレッジハンマー(ダコタ鉱脈(9階層))
一度倒したら、エリア間を行ったり来たりすればまた復活する。


【L字グリップ】
・拡張グリップ:ルーキーグリップ(ショップ)とカスタムキットセットを合成
・カスタムキットセット:ショップ














スポンサーリンク


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。