ゲイリーズブートキャンプ(シューティングレンジ4~6) 龍が如く OF THE END 攻略ページ

龍が如く OF THE END (オブ ジ エンド) MAP付き攻略ページ トップページへ



■シューティングレンジ4


  1. ●ターゲットの種類と数
    1. ・ゾンビ 19

      ・変異種 2

      ・一般人 0

  2. ●次のステージへ進むための条件
    1. 【ゲイリーチャレンジR4】

      Sランクでクリアしろ。


【ターゲットの出現位置】

番号はターゲットが出現する順番(同じ番号は同時に出現)

画像

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像



【攻略メモ】

シューティングレンジでは、常に主観モードになるため、ヘッドスナイプが使えない

そのため、自分でターゲットの頭に照準を合わせてヘッドショットする必要がある

照準のスピードが速くてうまく合わせられない場合は、カジノで交換できる「ア/タ/レの御守り」を装備することで、照準のスピードを落とすことが可能

移動するターゲット(9~11番、15~17番)は、同じ位置に出現するので、移動する前にボタン連打で破壊すれば、クイックショットとヘッドショットを同時に狙えるので、得点を稼ぐチャンス

Sランク以上の目安は3800点




■シューティングレンジ5


  1. ●ターゲットの種類と数
    1. ・ゾンビ 31

      ・変異種 3

      ・一般人 0

  2. ●次のステージへ進むための条件
    1. 【ゲイリーチャレンジR5】

      Aランク以上でクリアしろ。
      ただし、所持弾は42発だ。


【ターゲットの出現位置】

番号はターゲットが出現する順番(同じ番号は同時に出現)

画像

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像



【攻略メモ】

シューティングレンジでは、常に主観モードになるため、ヘッドスナイプが使えない

そのため、自分でターゲットの頭に照準を合わせてヘッドショットする必要がある

照準のスピードが速くてうまく合わせられない場合は、カジノで交換できる「ア/タ/レの御守り」を装備することで、照準のスピードを落とすことが可能

ゲイリーチャレンジR5は、所持弾数が42発しかないので、一発一発をかなり大事に撃っていかないとクリアは難しい

ゾンビが31体で31発、変異種が3体(ヘッドショット2回で破壊可能)で合計6発必要なので、全てのターゲットを破壊するのに必要な弾数は37発となる

変異種は弾を当てるとターゲットが一瞬後ろにのけぞるので、遠くの位置に出現する変異種は、1発目をヘッドショットした後、ボタンを連打してすぐに弾を撃つとヘッドショットできない場合があるので、少し間隔を空けて1発ずつ撃つようにする

12~17番のターゲットは、縦方向の同じ位置に連続してターゲットが出現するので、クイックショットとヘッドショットを同時に狙いやすく、得点を稼ぐチャンス




■シューティングレンジ6


  1. ●ターゲットの種類と数
    1. ・ゾンビ 44

      ・変異種 7

      ・一般人 0

  2. ●次のステージへ進むための条件
    1. 【ゲイリーチャレンジR6】

      Sランクでクリアしろ。


【ターゲットの出現位置】

番号はターゲットが出現する順番(同じ番号は同時に出現)

画像

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像



【攻略メモ】

シューティングレンジでは、常に主観モードになるため、ヘッドスナイプが使えない

そのため、自分でターゲットの頭に照準を合わせてヘッドショットする必要がある

照準のスピードが速くてうまく合わせられない場合は、カジノで交換できる「ア/タ/レの御守り」を装備することで、照準のスピードを落とすことが可能

ゲイリーチャレンジR6は、移動するターゲットが大量に出現するので、出現位置と順番を覚えて、動く前に破壊できるようになると高得点が狙える

遠くの移動するターゲットを狙う場合、照準が頭に合わさるより少し早めに弾を撃つようにする

弾数は比較的余裕があるので、積極的にクイックショットを狙っていく

Sランクの目安は9600点

















スポンサーリンク


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。