ミニゲーム(カジノ2) -クロヒョウ2 MAP付き攻略ページ-

クロヒョウ2 MAP付き攻略ページ - 龍が如く 阿修羅編 - トップページへ


【目次】

  ・カジノの場所と景品と超高レートに関して
  ・ブラックジャック
  ・バカラ
  ・スピード
  ・フリーセル
  ・ポーカー
  ・ルーレット



■フリーセル


  カジノの場所や景品について

  コンプリート達成条件:フリーセルで獲得したチップの通算枚数が10000枚になる


 ●ルール

  1. ゲーム中にセレクトボタンを押せば、いつでもゲーム説明を見ることができる。

    画像

    フリーセルは、ホームセルと呼ばれるスペースに、Aから順番にA、2、3~10、J、Q、Kの順でカードを置いていき、全てのカードをホームセルに置くことができたらクリアとなるゲームである。

    フリーセルと呼ばれるスペースには、マークの違いや数字に関係なく、好きなカードを4枚まで置くことができる。フリーセルに置いたカードは自由に動かすことが可能。


    カードの動かし方にはいくつかのルールがある。

    ◆ ルール1 ◆

    場札のカードは先頭のものしか動かすことができない(連番になっている場合を除く、連番についてはルール4を参照)。

    ◆ ルール2 ◆

    画像

    場札の各列の先頭には、マークの色(赤/黒)が違い、かつ数字が1つ小さいカードだけを重ねておくことができる。例えば、赤(ダイヤ、ハート)の10の上には黒(クラブ、スペード)の9しか置くことができない。

    ◆ ルール3 ◆

    空の列ができた場合は、その空の列には好きなカードを置くことができる。

    ◆ ルール4 ◆

    フリーセルに移動させたいカードの枚数-1枚分の空きがある場合に限り、連番の状態になったカードをまとめて別の列に移動させることができる。例えば、フリーセルにカードが全く無い状態だと、5枚同時にカードを動かすことができるが、フリーセルにカードが3枚あると、2枚までしか同時に動かすことができない。そして、フリーセルが全て埋まってしまうと、連番になっていても1枚ずつしか動かせなくなってしまう。

    ※連番とは、色が赤黒交互で数字が1つずつ小さくなっている状態のことを言う(下図参照)。

    画像

    ◆ ルール5 ◆

    ホームセルに置いたカードは戻すことができない。

    ◆ ルール6 ◆

    これ以上カードが動かせない状態になった場合は、手詰まりでゲーム終了となる。


    これらのルールに従いながら、場札のカードをうまく重ねたり、フリーセルを効果的に活用して、ホームセルにカードを置いていく。


    ◆ フリーセル関連リンク集 ◆

    フリーセルの遊び方
    フリーセルの友(ゲームの解手順を求めるプログラム)
    門外不出!フリーセル必勝法
    フリーセル難解ナンバー (Free Cell #1941)


 ●配当

  1. ホームセルにカードを置くごとに、カードに応じたポイントが加算される。

    ゲームが終了した時(ギブアップも含む)のポイントによって、BETしたチップが0倍~4倍になる。

    全てのカードをホームセルに置けた場合は、チップが4倍になる。


 ●攻略メモ

  1. 正攻法で攻略するなら、

     ・最初はフリーセルは使わずに、できる限り場札のカードを重ねていく
     ・1列を空ける事ができれば、かなり有利になるので、まずは1列空ける事を考える
     ・フリーセルを使うときは慎重に

    などのコツを踏まえつつ、上記の関連リンク集の攻略情報などを参考にしながら、繰り返し練習する。

    コンプリート条件を達成するだけなら、超高レートで1万枚を賭けて「泣きの砂時計」(フリーセルの配置が簡単になる)を使うのがオススメ。

    「泣きの砂時計」は蒼天堀にいるトレカマニアから入手可能(詳しくはコチラを参照)。




■ポーカー


  カジノの場所や景品について

  コンプリート達成条件:ポーカーで獲得したチップの通算枚数が10000枚になる


 ●ルール

  1. ゲーム中にセレクトボタンを押せば、いつでもゲーム説明を見ることができる。

    配られた5枚のカードで完成させた「役」の強さを競うゲーム。参加している相手が自分より強い「役」かどうかを予想しながら、BETする枚数を決めて勝負をする。

    一回の勝負につき一度だけ、より強い「役」を狙ってカードを交換することができる。


    ◆ 遊び方 ◆

     1.はじめに、参加者1人につき、それぞれ5枚のカードが配られる。

     2.手札を確認した後、「1回目の賭け合い(ラウンド1)」を行う。
      ディーラーになった参加者の左隣から時計回りにBETしていく。
      強い「役」が揃う可能性がある(または揃っている)場合は、BETして参加費の額を上げることができる。
      また、手札が悪くても相手を騙すためにBETすることも可能。
      BETをしない時は「CHECK(チェック)」を選ぶ。
      全員の選択が終了した時点で「ラウンド1」は終了。

     3.続いて「DRAW CARD(カードの交換)」を行う。
      ここでは、全てのカードを交換してもいいし、1枚もカードを交換しなくてもOK。

     4.カード交換を行った後、「2回目の賭け合い(ラウンド2)」を行う。
      ラウンド1と同様の操作を行う。

     5.最後に、勝負を下りずに残った参加者の手札を公開して決着をつける。
      一番強い「役」を作った参加者が勝者となる。


    ◆ 用語解説 ◆

     【BET】ベット
       チップを出してから次の参加者に順番を回す。
       順番の最初や、前の順番の参加者がBETせずに、順番を回してきたときに選択できる。

     【CHECK】チェック
       チップを出さずに次の参加者に順番を回す。
       順番の最初や、前の順番の参加者がBETせずに、順番を回してきたときに選択できる。

     【FOLD】フォールド
       勝負を下りる宣言。
       勝負を下りてしまうと、それまでにBETしたチップは戻ってこない。

     【CALL】コール
       最低限必要な枚数のチップをBETして勝負を続ける。
       前の参加者がBETして、順番を回してきたときに選択できる。

     【RAISE】レイズ
       最低限必要な枚数のチップに、さらにチップを上乗せして勝負を続ける。
       前の参加者がBETして、順番を回してきたときに選択できる。

     【TAP OUT】タップアウト
       最低限必要な枚数のチップが足りないときに、持っている全てのチップをBETすることで勝負を続ける。
       「TAP OUT」した後は、次に順番が回ってきても、さらにBETすることができない。


    ◆ 役一覧 ◆

    役が強い順に紹介。


     【ROYAL STRAIGHT FLUSH】ロイヤルストレートフラッシュ
       画像
       5枚のカードが同じマークで、かつ【10、J、Q、K、A】の札が揃っている、ポーカーにおける最強の役

     【STRAIGHT FLUSH】ストレートフラッシュ
       画像
       5枚のカードが同じマークで、かつ数字が連続している

     【4 OF A KIND】フォーカード
       画像
       4枚のカードが全て同じ数字で揃っている

     【FULL HOUSE】フルハウス
       画像
       5枚のカードが同じ数字3枚と同じ数字2枚の組み合わせになっている

     【FLUSH】フラッシュ
       画像
       5枚のカードが全て同じマークで揃っている

     【STRAIGHT】ストレート
       画像
       5枚のカードの数字が連続している(マークは関係なし)

     【3 OF A KIND】スリーカード
       画像
       5枚のカードのうち、3枚のカードが同じ数字で揃っている

     【TWO PAIR】ツーペア
       画像
       5枚のカードのうち、2枚のカードが2組同じ数字で揃っている

     【ONE PAIR】ワンペア
       画像
       5枚のカードのうち、2枚のカードが同じ数字で揃っている

     【NO PAIR】ノーペア
       画像
       役の条件に1つも当てはまらない状態


 ●配当

  1. プレイヤーが勝った場合、BETされたチップの全額である「POT(ポット)」を配当金として受け取ることができる。

    引き分けの場合は、全てのチップが払い戻される。


 ●攻略メモ

  1. 最初に配られたカードがノーペアだった場合、チェックができるようならチェックを選択して、カードを交換。カードを交換してもノーペアだった場合でも、引き分けの可能性があるので、相手がベットしない限りはチェックでOK。

    相手がベットしてきたら、ハッタリの可能性もあるが、下りても200枚しか損しない(高レート)ので、フォールドしてしまう。

    最初に配られたカードがワンペア以上だったら、ベットをガンガン行ってOK。相手がベットをしてきたら、レイズでチップを上乗せしていく。レイズでどんどんチップを上乗せしていくと、1回のゲームで1万枚以上のチップを稼ぐことも可能(高レート)。


    ◆ 負けた時の被害を出来るだけ抑えて、チャンスで一気に稼ぐ方法 ◆

    最初に配られたカードがノーペア 
        ├─────┐
        ↓     ↓
       チェック  相手がベットしてきたらフォールド
        ├─────────────────────────────┐
        ↓                             ↓
       交換後もノーペア                   交換後ワンペア以上に
        ├────────────┐                ↓
        ↓            ↓             ベットorコール(チェックでもOK)
       チェックで引き分け狙い  相手がベットしてきたらフォールド


    最初に配られたカードがワンペア
        ↓     
      ベットorコール
        ├────────────────────────────┐
        ↓                            ↓
      交換後もワンペアのまま                   交換後さらに強い役に
        ↓                            ↓
      チェックorベット(負けた時の被害を抑えたいならチェック)  ベットorレイズ
      相手がベットしてきたらコール


    最初に配られたカードがツーペア以上
        ↓
      1回目はベットorレイズで、交換後もベットorレイズでどんどんチップを上乗せしていく


    カードを交換するときは、揃っている役だけ残して、残りのカードを交換するというオーソドックスなものでOK。


    上記のような方針でプレイしたところ、ほぼ確実にチップを増やすことができた。

    参考までに、30分くらいで約10万チップ↓

    画像

    ただし、これは損した分やベットした分を引いてないので、稼いだ枚数は5、6万枚くらい。

    クロヒョウ2でも同様の方法で確実にチップが増やせることを確認。




■ルーレット


  カジノの場所や景品について

  コンプリート達成条件:ルーレットで獲得したチップの通算枚数が10000枚になる


 ●ルール

  1. ゲーム中にセレクトボタンを押せば、いつでもゲーム説明を見ることができる。

    回転するホイールに投げ入れられたボールが、38目あるルーレットの目のどこに落ちるかを予想するゲーム。

    予想が当たると配当されたチップが支払われる。


    ◆ 遊び方 ◆

     1.制限時間内にレイアウト(数字が書いてある場所)にチップを駆ける

      BETは複数個所に行うことが可能。
      ただし、MAXに達すると、それ以上BETできない。


    ◆ 賭けについて ◆

    ルーレットには11種類の賭け方があり、それぞれチップの置き方や配当が異なる。


    ◆ 勝敗について ◆

    予想したとおりの目が出るとプレイヤーの勝ちとなり、予想とは違う目が出るとプレイヤーの負けとなる。


    ◆ 賭け方 ◆

     【Straight】ストレート
       1箇所の数字にBETする

     【Split】スプリット
       隣り合う2箇所の数字にBETする

     【Street・Triple】ストレート・トリプル
       1行に並んだ3箇所の数字、または「0,1,2」、「0,00,2」、「00,2,3」のいずれかにBETする

     【Corner】コーナー
       線が交差する場所の周囲4箇所にある数字にBETする

     【First・Five】ファースト・ファイブ
       「0,00,1,2,3」の5箇所の数字にBETする

     【Line】ライン
       2行に並んだ6箇所の数字にBETする

     【Column】コラム
       1列に並んだ12箇所の数字にBETする

     【Dozen】ダズン
       「1~12」、「13~24」、「25~36」のいずれかにBETする

     【Low・High】ロウ・ハイ
       「1~18」、「19~38」のいずれかにBETする

     【Even・Odd】イーブン・オッド
       偶数(Even)か奇数(Odd)のいずれかにBETする

     【Red・Black】レッド・ブラック
       赤色か黒色のいずれかにBETする


 ●配当

  1.  ■Straight 36倍

     ■Split 18倍

     ■Street・Triple 12倍

     ■Corner 9倍

     ■First・Five 7倍

     ■Line 6倍

     ■Column 3倍

     ■Dozen 3倍

     ■Low・High 2倍

     ■Even・Odd 2倍

     ■Red・Black 2倍


 ●攻略メモ

  1. ポーカーなどをプレイし、超高レートを出現させてからやると効率よくチップを稼ぐことができる。

    事前にセーブ(オートセーブは×)をしておき、Street・TripleやCornerなど、配当の高い賭け方で勝負をして、外れたらタイトルに戻って(メニューのオプションからタイトルに戻ることが可能)やり直すという方法も有効。

    今回はバグで賭けることができる最大枚数のコインを何箇所にも賭けることができるので、例えば「1,2,3」「4,5,6」「7,8,9」「10,11,12」のゾーンにそれぞれMAXまでコインを賭ければ、かなりあたりやすくなる。

    超高レートでやった場合、4万枚のコインを3倍の場所に賭けるようなものなので、比較的当たりやすいうえに、当たれば一気に8万枚も稼ぐことが可能。
















スポンサーリンク


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。