ミニゲーム(カジノ1) -クロヒョウ2 MAP付き攻略ページ-

クロヒョウ2 MAP付き攻略ページ - 龍が如く 阿修羅編 - トップページへ


【目次】

  ・カジノの場所と景品と超高レートに関して
  ・ブラックジャック
  ・バカラ
  ・スピード
  ・フリーセル
  ・ポーカー
  ・ルーレット



■カジノの場所と景品と超高レートに関して


 ●カジノがある場所

  1. 画像

    公園前通りの龍宮城にカジノがある。

 ●チップに関して

  1. チップの購入は、

    ・5000円でチップ50枚に交換
    ・1万円でチップ100枚に交換
    ・5万円でチップ500枚に交換
    ・10万円でチップ1000枚に交換

    の4種類の中から選択する。

 ●景品

  1.  ■プラチナの皿 1500枚
      えびすやで15万円で売却可能

     ■金の皿 1000枚
      えびすやで10万円で売却可能

     ■銀の皿 130枚
      えびすやで1万3000円で売却可能

     ■銅の皿 10枚
      えびすやで1000円で売却可能

     ■鉄の皿 1枚
      えびすやで100円で売却可能

     ■ダイヤつきの指輪 1000枚
      パンチの威力が増加

     ■トルコ石つきミサンガ 1000
      キックの威力が増加

     ■強力の腕輪 1000
      投げの威力が増加

     ■ランナーのネックレス 1000
      スタミナが増加

     ■浪人の勉学の御守り 1000
      より多くの経験が得られるが・・・

     ■純金の疫病神 10000枚
      売ればお金になるが、持っているだけでよくないことが起こる(攻撃力低下など)

     ■秘伝書 ~金の巻~ 3000枚
      「絶技・ガトリングレイジ」が習得可能になる

 ●超高レートに関して

  1. どのゲームでもいいので、何度かカジノをプレイしていると、全てのゲームに超高レートが追加される(稼いだチップの合計が1万以上?)

     ■ルーレット MIN:1000枚/MAX:10000枚

     ■ブラックジャック MIN:1000枚/MAX:10000枚

     ■バカラ MIN:1000枚/MAX:10000枚

     ■フリーセル MIN:1000枚/MAX:10000枚

     ■スピード MIN:1000枚/MAX:10000枚

     ■ポーカー 参加費400枚




■ブラックジャック


  カジノの場所や景品について

  コンプリート達成条件:ブラックジャックで獲得したチップの通算枚数が10000枚になる


 ●ルール

  1. ゲーム中にセレクトボタンを押せば、いつでもゲーム説明を見ることができる。

    配られたカードの合計点の高さを「ディーラー」と競うゲーム。最高点の「21」に近い方が勝者となる。ただし、21点を越えてしまうと「BUST(バースト)」になり負けとなる。


    ◆ カードの数え方 ◆

    画像

    Aは、合計が11点を越えている場合は1点、超えていない場合は11点になる。

    2~10までの数字が書かれたカードは、そのままの数字が点数になる。

    J、Q、Kの絵札は、全て10点になる。


    ◆ 手順 ◆

     1.チップを賭ける(BET)

     2.プレイヤーとディーラーにカードが2枚ずつ配られる

     3.プレイヤーは、手札の合計点を見て、さらにカードを引くかそのまま勝負するかを決める

     4.プレイヤーの行動が終わったら、ディーラーはカードをオープンし、合計が17点以上になるまでカードを引く


    ◆ 用語解説 ◆

     【HIT】ヒット
       カードを1枚引き、現在の手札の合計点にカードの数字を加える

     【STAND】スタンド
       カードを引かずに、現在の手札で勝負する

     【SPLIT】スピリット
       最初に配られたカードが同じ数字の時にのみ選択可能
       BETと同額のチップを上乗せして、手札を二つに分けて別々の手札として扱う

     【DOUBLE DOWN】ダブルダウン
       BETと同額のチップを上乗せし、手札にカードを1枚だけ足して勝負をする

     【INSURANCE】インシュアランス
       ディーラーのオープンカードが「A」の時のみ選択可能
       BETしたチップの半分を保険料として支払うことで、ディーラーがブラックジャックだった場合に
       BETしたチップの1.5倍が払い戻される

     【SURRENDER】サレンダー
       「勝負を下りる」という宣言で、BETしたチップの半分が払い戻される

     【SIX UNDER】シックスアンダー
       HTIを繰り返し、手札が6枚になっても合計が21点を越えなかった場合、無条件でプレイヤーの勝ちとなる


 ●配当

  1.  ■ノーマルで勝利 BETしたチップ×2

     ■BLACK JACK BETしたチップ×2.5

     ■BOUBLE DOWN BETしたチップ×2

     ■INSURANCE BETしたチップ×1.5


 ●攻略メモ

  1. ルーレットやポーカーなどの簡単にチップが稼げるものを先にプレイし、超高レートを出現させてからプレイすると、簡単にコンプ条件を達成できる。

    超高レートなら、チップを1万枚まで賭けられるので、チップを1万枚かけて1回勝利するだけでコンプ条件を達成できる。

    コンプ条件はこれまでに獲得した通算枚数なので、途中でプレイをやめてもOK。

    蒼天堀にいるトレカマニアからカジノのゲームが簡単になるアイテムを入手するとチップを稼ぎやすくなる(詳しくはコチラを参照)。




■バカラ


  カジノの場所や景品について

  コンプリート達成条件:バカラで獲得したチップの通算枚数が10000枚になる


 ●ルール

  1. ゲーム中にセレクトボタンを押せば、いつでもゲーム説明を見ることができる。

    PLAYER(プレイヤー)とBANKER(バンカー)の仮想の2人による勝敗を予想するゲーム。どちらが勝つか、または引き分けになるかを当てることで、配当されたチップが支払われる。


    ◆ 遊び方 ◆

    「PLAYER」「BANKER」「TIE(引き分け)」を予想し、オッズテーブルにチップを賭ける。

    1回の勝負の間に、「PLAYER」と「BANKER」の双方にBETすることはできないが、「PLAYER」と「TIE」、もしくは、「BANKER」と「TIE」という組み合わせであれば、その両方にBETすることは可能。


    ◆ 勝敗 ◆

    「PLAYER」と「BANKER」がそれぞれカードを引き、引いたカードの合計点数が9に近い方が勝ちとなる。

    カードの点数は以下の通り。

    画像

     A:1点

     2~9:数字通りの点数

     10~K:0点

    カードの合計点数が10以上になる場合は、下1桁の値のみを点数として計算する。例えば、9+Aで10になったら0点、7+7で14になったら4点となる。


    ※バカラは自動で勝負が行われるので、カードを引く条件部分の説明は省略
     

 ●配当

  1.  ■PLAYER BETしたチップ×2

     ■BANKER BETしたチップ×1.95

     ■TIE BETしたチップ×9

    ※TIEに賭けていない場合に、結果がTIEになった場合は、BETしたチップは払い戻される。


 ●攻略メモ

  1. 勝敗を予想してチップを賭けるだけなので、ルールがわからなくてもプレイ可能。

    ルーレットやポーカーなどの簡単にチップが稼げるものを先にプレイし、超高レートを出現させてからプレイすると、簡単にコンプ条件を達成できる。

    超高レートなら、チップを1万枚まで賭けられるので、プレイヤーにチップを1万枚かけて勝利するだけでコンプ条件を達成できる。

    コンプ条件はこれまでに獲得した通算枚数なので、途中でプレイをやめてもOK。

    蒼天堀にいるトレカマニアからカジノのゲームが簡単になるアイテムを入手するとチップを稼ぎやすくなる(詳しくはコチラを参照)。




■スピード


  カジノの場所や景品について

  コンプリート達成条件:スピードで獲得したチップの通算枚数が10000枚になる


 ●ルール

  1. ゲーム中にセレクトボタンを押せば、いつでもゲーム説明を見ることができる。

    プレイヤーとディーラーが、それぞれ持っている手札を、ルールにそって1枚ずつ場に重ねていき、早く手札をなくした方が勝ちとなる。

    赤と黒のマークで半分に分けられた26枚を、それぞれ手札として持つ。よって、手札にはAからKまでのカードが2枚ずつあることになる。


    ◆ 遊び方 ◆

    画像

    ゲーム開始前に、プレイヤーとディーラーにシャッフルされた手札が裏向きの状態で配られ、そのうちの4枚が手前の「場」に表向きに並べられる。この4枚は場札と呼ばれる。

    ゲームスタートと同時に、裏向きに置かれた手札から1枚が、プレイヤーとディーラーの場札の間に表向きに置かれる。ここに置かれたカードを台札と呼ぶ。

    ゲームは、台札(中央の2枚のカード)の上に、場札(自分の場にある4枚のカード)を置いていくことで進行していく。

    この時、台札の上に重ねることができるのは、「A、2~10、J、Q、K」の順で数が1つ違いのカードだけというルールがある。例えば、台札(中央のカード)が3だった場合は、2か4のカードを出すことができる(色は関係なし)。また、Aの上には2だけでなくKも置くことができる。同じように、Kの上にはQだけでなくAも置くことができる。

    場札(自分の場にあるカード)を使うと、新たなカードが自動的に自分の手札の中から場札に加えられていく。

    両者ともに台札に置けるカードが無くなった場合には、両者の手札の中から1枚ずつ取り出され、これが新たな台札となり勝負が再開される。なお、手札が残っていない場合は、場札から好きなカードを1枚選んで台札として出すことができる。

    これらの手順を繰り返し、早く手持ちのカードをなくした方が勝ちとなる。


 ●配当

  1. プレイヤーが勝った場合、BETしたチップの2倍の配当が支払われる。

    引き分けの場合は、BETしたチップは全額払い戻し。


 ●攻略メモ

  1. 高レートの相手に勝つためには、かなりの慣れが必要。

    まだ慣れないうちは、相手の場札を見ている余裕はないと思うので、自分の場札をとにかく減らすことを考える。

    慣れてくれば、相手の場札を見て、出すカードを変えたりするとよい。例えば、自分が2、3、4の場札、相手がAの場札を持っていた場合に、台札に2が出た時のことを考えると、3→2と置いてしまうと、相手にAを出せれてしまうので、3→4と出すようにするなど。

    まずは低レート(10枚賭け)で練習をしてから、高レートに挑むようにするといい。

    蒼天堀にいるトレカマニアから「クラブのNo.2カード」を入手(詳しくはコチラを参照)し、それを使って超高レートで1万枚を賭けて勝負すれば、簡単にコンプ条件を達成できる。
















スポンサーリンク


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。