ダラダラGAME生活

アクセスカウンタ


zoom RSS 初音ミク Project DIVA Future Tone プレイ日記【4】小さな1歩と大きな達成感

<<   作成日時 : 2016/07/06 21:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


ようやく1歩前進。


FTは譜面の難易度がかなり高く、特にEXTREMEの難易度8から一気に難しくなって、複雑な連打&同時押しのオンパレードに大大大苦戦。


VitaのDIVAシリーズでは、両手を使わないと間に合わないテンポが速い連打は、ほとんどが同種のボタンの連打か、難しくても途中1、2回程度ボタン切り替えが発生するくらいの難易度だったんですが、FTではテンポが速い上に譜面も非常に複雑で容赦がないので、複雑なパターンの連打も楽々と両手でプレイ出来るくらいのレベルにならないと、とてもじゃないけど高難度の曲でパーフェクトなんて取れそうにないですね。


というわけで、アーケード版の同時押しに慣れることと、もっといろいろなパターンの連打が両手押しで出来るようになることの2つが今の目標です。


あまり難しすぎると上達する前に心が折れてしまうし、簡単すぎると練習にならないので、今の自分に一番適した難易度はどこなのか考えた結果、まずはEXの難易度8の曲でパーフェクトが取れるようになることを目標に練習してみることに。




特に意味はないんですが、何となくで最初に選んだ練習曲はEX難易度8の「ルカルカナイトフィーバー」。


ちなみに現時点ではまだ難易度が高い曲でホールドをやる余裕がないので、ホールドのことはひとまず置いておいて(余裕がある時だけ狙ってみるくらいの感じ)パーフェクトを出すことだけを考えてプレイしました。


最初この曲をプレイした時は、またFTを始めたばかりの頃だったので、同時押しやVita版のDIVAシリーズにはない連打のパターンが全然出来なくて、今までVitaで練習してきたことが通用しない厳しい現実に落ち込みましたね(;´∀`)


今回はプラクティスモードがあるので、苦手な場所を集中的に練習することが出来てかなり助かってます。


まずはとにかく同時押しが出来るようにならないと先へ進めないので、同時押しのパートを徹底的に練習しました。


画像


この曲の同時押しで一番難しかったのは↑の部分ですね。


右手で○を一定間隔で連打しながら、1つ飛ばしで左手で↑と←を同時押しするというやり方でやったんですが、なかなかうまくいかなくて苦戦しました。


音ゲーのパターンとしては非常によくあるパターンなんですけどねぇ。


画像


あと地味に難しいのが、同種のボタンの連打が続く中で1箇所だけ□×□みたいな連打が入るパターン。


両手押しだと、こういうちょっとした変化に臨機応変に対応するのが難しいんですよねぇ。


リトライの回数は数えてないですが、数日間かけて何度も何度も同じ曲をひたすらプレイし続けて・・・・・・


画像


やーーーーーっと、パーフェクトが取れましたヾ(*ΦωΦ)ノ


まだまだ山のように難しい曲が残ってるし、ゲーム全体から見ればほんのちょっとの前進かもしれないけど、自分の中ではビックリするくらい達成感がありました(笑)




画像


続いて同じく難易度8の「Hello Worker」に挑戦。


こちらの曲は、ルカルカナイトフィーバーよりは譜面が易しかったので、少しだけホールドをやる余裕がありました。


LRボタン(L1:□、L2:△、R1:×、R2:○)でホールドしつつ両手押しをするというやり方を最初からずっとやっているんですが、プレイ中に考えないといけないことが多すぎて脳みそが悲鳴をあげてます(笑)


次はどの曲でパーフェクトを目指そうかなー。


曲が多くてほんと悩む。


画像


難易度HARDの方は、新たに8曲パーフェクトを達成。


ここ数日はほとんどルカルカ漬けだったので、HARDの方はあまり進んでないですね。













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
現在、相互リンクとフレンド登録の受け付けは停止しています。
※最近ウェブリブログが非常に不安定で、コメントを投稿しようとすると、なかなか画面が切り替わらなかったり、エラーで投稿できない場合があります。




Microsoft Store (マイクロソフトストア)



記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

初音ミク Project DIVA Future Tone プレイ日記【4】小さな1歩と大きな達成感 ダラダラGAME生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる