ダラダラGAME生活

アクセスカウンタ


zoom RSS 初音ミク DIVA Future Tone プレイ日記【6】 難易度8.5で初パーフェクト!

<<   作成日時 : 2016/07/29 07:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


パーフェクトが出るまでムキになって同じ曲をずーーーっとプレイしていたら、あっという間に7月が終わっちゃった・・・・。


初音ミク Project DIVA Future Tone プレイ日記【5】 ありがたいプラクティス ※7月10日
http://enjoygame.at.webry.info/201607/article_4.html


前回のプレイ日記を書き終わった直後から、難易度8.5の「なりすましゲンガー」でパーフェクトチャレンジを始めたんですが、なかなかパーフェクトが取れなくて、同じ曲ばかりやっていたので何の進展もなく、7月はほとんどプレイ日記を書くことができなかったですね。



画像


こちらがなりすましゲンガーの譜面。


今回もホールドは余裕がある時だけで、パーフェクトを最優先にプレイしました。


今の自分には全体的に難しく、難所がいくつも・・・・。


その中からいくつかピックアップしてみます。


画像


画像


まずは△連打の途中に△□の交互連打が入るところと、○×の交互連打が9連→3連→2連と続くところで、ここは何度もプラクティスで練習しました。


○だけの9連→3連→2連の両手押し(○と十字キーの→を交互に連打)さえ出来れば、十字キーの→を↓に変えるだけなので、Vita版のDIVAで練習した両手押しの応用で対応できましたね。


もしDIVA-Xで両手押しの練習をしてなかったら、もっと苦戦していたと思います。


画像


ココ↑も難しかったなぁ・・・・。


最初は○ボタンを連打しつつ、○△の同時押しのところで十字キーの↑を押すやり方でやっていたんですが、そのやり方だとなかなか安定しなくて、同時押しの部分はボタンの○△を使い、○だけの部分は十字キーの→を使うやり方に変えて乗り切りました。


同時押しに関しては、まだ自分の中で"コレだ!"と思う安定したやり方を見つけることが出来てなくて、十字キーとボタンを1つずつ使ってやる方がやりやすいケースと、ボタンだけを使ってやる方がやりやすいケースがあって、いろいろと試行錯誤しながらやってますね〜。


画像


こちら↑の譜面も似たようなケースで、普段は4ボタンの同時押しをやる場合には十字キーの↑←とボタンの○×を使っているんですが、このやり方だと成功率が低かったので、この部分だけホールド用に設定してあるLRボタンを使いました。


難易度が高くなればなるほどどんどん同時押しが複雑になっていくので、もう頭が大パニックですよ(;´∀`)


FTの場合、同時押しだけじゃなくて普通の連打も複雑なので、何度も何度も同じ曲を繰り返しプレイして指の動きを体に覚えこませる作業にもの凄く時間がかかるんですよねぇ。


今のペースで1曲ずつパーフェクトが出るまでじっくりプレイし続けたら、FTだけで数年は遊べる気がする(笑)


まぁさすがにそこまでの根気はないですが、自分のお気に入りの曲くらいはパーフェクトを狙いたいですね。


今はさらに難易度を1段階上げて、難易度9の曲の中からどれか1曲を選んでパーフェクトを目指そうかと思ってますが、譜面が複雑すぎて両手押しだともう何が何だか分からなくて、頭が爆発しそうです。


次のプレイ日記は一体いつになることやら・・・・(笑)













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
現在、相互リンクとフレンド登録の受け付けは停止しています。
※最近ウェブリブログが非常に不安定で、コメントを投稿しようとすると、なかなか画面が切り替わらなかったり、エラーで投稿できない場合があります。




Microsoft Store (マイクロソフトストア)



記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

初音ミク DIVA Future Tone プレイ日記【6】 難易度8.5で初パーフェクト! ダラダラGAME生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる