ダラダラGAME生活

アクセスカウンタ

スポンサーリンク

zoom RSS シンフォニア ラタトスクの騎士(TOSR) プレイ日記【1】 約100時間のプレイをザックリ振り返る

<<   作成日時 : 2013/12/01 21:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


TOSの最後のプレイ日記を書いてから随分と時間が経ってしまいましたが、今日からラタトスクの騎士のプレイ日記を書いていこうと思います。


ラタトスクはもう5年も前のゲームなので、TOSの時と同じようにトロフィー収集に関することをメインに書いていく予定です。


話はTOSのプラチナトロフィーを獲得した直後の1ヶ月前までさかのぼります。


この時点では、まだシンフォニアが終わったばかりで、すぐにラタトスクの騎士を始めるかどうか悩んでいました。


11月は面白そうな音ゲーがたくさん出るし、そっちをプレイしようかなとも思ったんですが、ヴェスペリアから始まって、エクシリア、シンフォニアと、これまで購入してきたテイルズ作品は全てプラチナトロフィーを獲得していて、ラタトスクだけプラチナを取らないのは、どうも自分の中でスッキリしなかったので、やっぱりラタトスクをプレイすることに。


ラタトスクはシンフォニアの続編ですが、ゲームのシステムは全くの別物で、一番の大きな特徴はモンスターを仲間にできることで、ボス系の敵を除いてほぼ全てのモンスターを仲間にすることができます。


トロフィーの中にも、しっかりと「マスター・エンゲージ:全種類のモンスターとの契約を果たした証」というトロフィーが用意されています。


あと、シンフォニアと違って、「雑談させれば世界一:全てのスキットを見た証」というトロフィーもあるので、スキットを見逃さないように注意しつつ、モンスターを積極的に仲間に入れながら進んでいくことにしました。


■1周目の目標

・ロイドにコアを奪われないように注意して、トゥルーエンディングを目指す

・メインストーリー(及びサブストーリー)で発生するスキットを全てチェックする

・なるべく色々なモンスターと契約を交わしながら進める(2周目以降に備えて同じモンスターを使い続けて強化する)

・クエストは超探検家の秘宝のみクリアする(5章、6章、7章、8章で1つずつ発生)


画像

画像


まずはゲーム序盤のハイマでベアとゴーストを仲間にして、この2匹をメインに育てていくことにしました。


ベア系の魔物は2段階目のグリズリーが物理攻撃上昇3を覚えるので、物理攻撃上昇3を付けた状態で、3段階目、最終段階と進化させて育成すれば、最終的には桁外れな攻撃力(最終段階まで育てれば物理攻撃力を9999にできる)になります。


ゴーストは進化させていけばサーチアイテム2と3を覚えるので、後々に素材集めをしないといけないことを考慮してゲーム序盤から育てていくことにしました。


ラタトスクの戦闘は、敵を攻撃した後、敵が仰け反っている間にフリーランで敵から離れて、敵の攻撃が空振りしたところを再び攻撃すれば、ほとんどの敵を一方的にボコることができるので、戦闘に関してはサクサク進めることができましたね〜。


モンスターはレベルも上がりやすく、スキルのおかげで主人公達とは比べ物にならないくらいステータスが高くなるので、終盤はベアから進化させたウェアベアが雑魚モンスターを瞬殺してくれました。


個人的に一番難しかったのは釣りかな(笑)


画像


ラタトスクの釣りはタイミングが取りにくく、コツを掴むまでは何度もミスをしてしまいました。


えー、メインストーリーに関しては、シンフォニアの時のような大きなミスもなかったので、プレイ日記ではバッサリ省略します(笑)


というわけで・・・・


一気にラスダンまで飛ばします。


画像

画像


攻略ページを作りながらのプレイだったので、ラスダン突入時の時点でプレイ時間は68時間でした。


ここからは・・・・


画像

画像


闘技場をクリアして称号を集めたり・・・・


画像


モンスター図鑑の埋まっていない項目を埋めたり(ついでにモンスター集めも)・・・・・


画像

画像

画像


超探検家の秘宝をクリアし、エミルの最強武器(特殊スキット)を取ったり・・・・


画像


素材集めなどをいろいろとやって・・・・・


画像

画像


結局1周目をクリアした時にはプレイ時間が99時間になってました。


モンスターはメインで育てていたベアとゴースト以外はほとんど進化させなかったので、結構いろいろなモンスターを仲間にしましたが、収集率は63%ほどでした。


モンスターに関しては、2周目以降にグレードショップで経験値10倍を交換してからの方が簡単にレベルを上げられて進化が楽なので、本格的なモンスター集めは2周目ですることに。


シンフォニアの時は最後に100時間のトロフィーを残しておいて、ハイマの山頂でプラチナトロフィーを獲得したので、ラタトスクも同じように最後に100時間のトロフィーを残しておいて、ハイマの山頂でプラチナトロフィーを獲得したかったので、何とかギリギリ100時間になる前に1周目を終えることができてよかったです。


というわけで、約100時間のプレイをかなりザックリと書いてみました。


画像


1周目でグレードが5600ポイントもたまっていたので、2周目は経験値10倍を含む全ての引き継ぎ要素を引き継いでゲームをスタートできそうです。













スポンサーリンク

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
現在、相互リンクとフレンド登録の受け付けは停止しています。
※最近ウェブリブログが非常に不安定で、コメントを投稿しようとすると、なかなか画面が切り替わらなかったり、エラーで投稿できない場合があります。




Microsoft Store (マイクロソフトストア)



記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

シンフォニア ラタトスクの騎士(TOSR) プレイ日記【1】 約100時間のプレイをザックリ振り返る ダラダラGAME生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる