ダラダラGAME生活

アクセスカウンタ

スポンサーリンク

zoom RSS クロヒョウ 龍が如く新章 「プロモーションの歴史と神室町のMAP」

<<   作成日時 : 2010/09/12 16:27   >>

トラックバック 0 / コメント 2

9月は、龍が如くシリーズ強化月間ということにして、ブログでどんどん龍が如くに関する話題を取り上げていきまーす(´∀`)


画像


本日は、10日後に発売日が迫ってきているクロヒョウに関する話題です。


発売前のちょっとしたまとめみたいな感じで、クロヒョウのプロモーションの歴史を振り返ってみようと思います。





◆ 2010年3月16日 ◆


クロヒョウの存在が初めて明らかになったのは、龍が如く4の発売直前(2010/3/16)に行われた記者発表会の時でした。


◆『龍が如く』新プロジェクト“Project K”が始動! 映像写真も入手
【『龍が如く4 伝説を継ぐもの』記者発表会】
http://www.famitsu.com/game/news/1232998_1124.html
・新プロジェクト“Project K”(ハードやタイトルは不明)
・神室町に現れた一人の少年
・龍が如くの新たな挑戦



龍が如く4の発売前に突然発表されたのでかなり驚きました。たしかこの時は、全く同じ日にモンハンP3の発表があって、全てそっちに持っていかれちゃった感じがありましたね(笑)





◆ 2010年4月22日 ◆


そして、その約一ヵ月後に、対応ハードがPSPであることと、主人公が右京龍也という18歳の少年であることが発表されました。


◆『PROJECT K(仮題)』『龍が如く』の新たなる挑戦
http://www.famitsu.com/game/coming/1234398_1407.html
【名越氏インタビュー抜粋】
・PSPの龍が如くは、高校生を含めた若い層に遊んでいただきたいという想いがある
・携帯ハードならではの遊びも加えたい
・アイデア自体は龍が如く1作目のころから温めていた
・本作は、真正面から暴力というものを取り上げている
・暴力を大きなテーマとして扱うことの葛藤や不安は、龍が如くを立ち上げる時にもあった
・龍が如くシリーズがゲームファンに受け入れられたことで、表現に自身を得ることができた
・本作の脚本は、横山氏(龍が如く全シリーズの脚本を手掛けている)ではなく、全て自分で書いている
・龍が如くのチームとは別のスタッフで編成したチームを立ち上げた
・右京龍也は、裏社会の人間というよりは街の不良。”純粋だけと未熟”という言葉が合う人物
・アクションバトルには力が入っている



まだ正式なタイトルは明かされなかったものの、この発表でようやくプロジェクトKの全貌が見えてきました。若い層に向けた作品であることや、脚本を名越さん自身が手がけていること、龍が如くのチームとは別のスタッフで作っているということ、バトルに力を入れていることなど、様々なことが明らかになりました。





◆ 2010年5月13日 ◆


さらにそれから3週間後の5月13日に、正式なタイトルと発売日が発表されました。

画像


◆【映像配信】『龍が如く』新プロジェクト“Project K”の正式タイトルが決定!
http://www.famitsu.com/game/news/1235047_1124.html
・正式タイトルは「クロヒョウ 龍が如く新章」
・発売日は2010年9月22日
・高良健吾(右京龍也役)、波瑠(工藤沙紀役)の出演が決定
・黒沢 年雄(九鬼隆太郎役)、岩城 滉一(雨宮泰山役)の出演が決定
・予約キャンペーンも実施(“Young Kamutai magazine”)



正式タイトル、発売日、キャストなど、一気にいろいろなことが発表されました。まだ龍が如く4が発売されてから2ヶ月しか経ってないのに、もう次回作の発売日が発表されるとは、開発チームが違うとはいえ早すぎです(笑)





正式タイトルと発売日が発表されてからは、一気にいろいろな情報が公開されるようになりました。ここからは数が多いので、一気にまとめます。


◆ 2010年5月 ◆


◆WBA世界スーパーフェザー級王者、内山高志選手が『クロヒョウ 龍が如く新章』に参戦!
http://www.famitsu.com/game/coming/1235561_1407.html
・現・WBA世界スーパーフェザー級チャンピオンの内山高志選手の参戦が明らかに

◆『クロヒョウ 龍が如く新章』実力派キャストが集結
http://www.famitsu.com/game/coming/1235561_1407.html
・高良健吾、波瑠、黒沢年雄、岩城滉一が声優を務める4人の登場キャラクターを紹介


◆ 2010年6月 ◆


◆『クロヒョウ』に手島優らセクシーな女性タレント3人が出演
http://www.famitsu.com/game/news/1236129_1124.html
・テレビや雑誌などで活躍中の手島優、星あや、中村アンが登場することが決定
・声だけでなく、外見もそっくりなキャラクターに


◆『クロヒョウ 龍が如く新章』知っておきたい神室町の歩きかた
http://www.famitsu.com/game/coming/1236114_1407.html
・本作の物語は複数の章によって構成されていて、章の最後にはボス戦がある
・100種類以上のサブストーリーがあり、決まった時期にしか発生しないものもある
・店でアルバイトとして働き、資金を稼ぐことが可能


◆『クロヒョウ 龍が如く新章』テーマソングが“RIZE”の『MUPPET』に決定!
http://www.famitsu.com/game/news/1236569_1124.html
・ロックバンド“RIZE”の楽曲『MUPPET』がテーマソングに決定

◆『龍が如く』シリーズのDNAを受け継いだ新たな挑戦−−『クロヒョウ 龍が如く新章』最新情報
http://www.famitsu.com/game/news/1236701_1124.html
・ゲーム概要、キャラクターの紹介、キャストのコメントなど

◆『クロヒョウ 龍が如く新章』激闘必至のライバルが判明
http://www.famitsu.com/game/coming/1236727_1407.html
・ドラゴンヒートで龍也の前に立ちはだかる新たなファイターが判明
・進化したバトルと成長システムを一挙公開



◆ 2010年7月 ◆


◆『クロヒョウ』の限定版、“名越稔洋プロデュース プレミアムBOX”が発売決定
http://www.famitsu.com/game/news/1237295_1124.html
・“名越稔洋プロデュース プレミアムBOX”と銘打った数量限定版の発売が決定、価格は9429円[税込]

◆『クロヒョウ 龍が如く新章』通信対戦の詳細が判明
http://www.famitsu.com/game/coming/1237336_1407.html
・アドホック機能を使って楽しめる、最大4人による通信対戦
・通信対戦で使用できるキャラクターは、本編で仲間にした不良とプレイヤーが作成したオリジナルキャラクター
・対戦モードは、タッグマッチ、土下座バトル、チームバトルがある


◆『クロヒョウ』の最新プロモーションムービーを公開
http://www.famitsu.com/game/news/1237525_1124.html
・各キャラクターのキャスト陣、ゲームシステム、ミニゲームの情報を収録した5分以上のプロモ

◆『クロヒョウ 龍が如く新章』の核となる3つの要素を公開
http://www.famitsu.com/game/news/1237546_1124.html
・ムービーは300分以上の大ボリュームで収録、豪華俳優陣・声優陣によるフルボイス仕様
・殴る、蹴る、ぶっ飛ばすなど、直感的な操作で爽快感抜群の喧嘩バトル


◆『クロヒョウ 龍が如く新章』神室町のスポットを紹介
http://www.famitsu.com/game/coming/1237809_1407.html
・ショーパブ“エイジア”や人気ラーメン店“九州一番星”といったショップでバイトができる
・キャバクラ、マッサージ、カジノ、ボウリング場、カラオケ。ゲーセンなども収録


◆『クロヒョウ 龍が如く新章』主要キャスト4人のメイキング&メッセージ映像を公開
http://www.famitsu.com/game/news/1237981_1124.html
・高良健吾、波瑠、黒沢年雄、岩城滉一のメイキング&メッセージ映像が公開


◆ 2010年8月 ◆


◆『クロヒョウ』に人気声優のたかはし智秋と今井麻美の出演が決定! おなじみのあの人も!!
http://www.famitsu.com/game/news/1238609_1124.html
・声優のたかはし智秋と今井麻美、シリーズおなじみの藤原喜明(サイの花屋)の出演が決定

◆『クロヒョウ 龍が如く新章』体験会がスタート! 初日の会場では名越氏のサイン会も
http://www.famitsu.com/game/news/1238635_1124.html
【名越氏インタビュー抜粋】
・若い世代を意識したドラマの演出になっている
・通信での拡張性が『龍が如く』に比べると圧倒的に増えている


◆『クロヒョウ 龍が如く新章』6人のキーパーソンを紹介
http://www.famitsu.com/game/coming/1238508_1407.html
・主人公の右京龍也と深い関わりを持つ登場人物の最新情報を公開
・才色兼備のキャバクラ嬢、由理香
・美しき敏腕ルポライター、千秋
・神室町の情報を一手に握る男、サイの花屋
・反発しながらも龍也の身を案じる不良仲間、榊天馬
・龍也を見張る神室署の刑事、竹中省三
・地下格闘場の名物リングアナ、DJ RIKUOH


◆『クロヒョウ』のテレビドラマ化&マンガ化が決定!
http://www.famitsu.com/news/197001/01032693.html
・クロヒョウの連続テレビドラマがこの秋、TBS、MBSにて放送されることが決定
・ドラマには斎藤工、石田卓也、石黒英雄、魔裟斗、岩城滉一の出演が決定
・2010年9月18日発売の週刊ヤングマガジン第42号(講談社)から、クロヒョウのコミック連載がスタート
・コミック版クロヒョウは、浅田有皆氏が手掛ける



◆ 2010年9月 ◆


◆『クロヒョウ』の体験版が配信開始
http://www.famitsu.com/news/201009/01032917.html
・体験版では、神室町でのアドベンチャーの一部分やサブストーリー、ストリートバトルなどを楽しむことが可能



いやー、こうやって振り返ってみると、怒涛のような半年ですね。まだ龍が如く4が発売されてから半年しか経ってないのに(笑)


しかも今回は、クロヒョウだけでなく、同時進行でPS3版の「龍が如く OF THE END」に関する衝撃的な発表もあったので、龍シリーズとしては、過去最大級のプロモーション活動になったんじゃないでしょうか。





ここからはおまけのコーナーです。


クロヒョウの舞台となっているのは、龍が如くシリーズ全作品の舞台となっているお馴染みの神室町ですが、その神室町のクロヒョウバージョンのMAPを紹介しようと思います。


画像


こちらが、クロヒョウの体験版に収録されている、一番新しい神室町のMAPです。


体験版では、???の場所もいくつかあり、そこの名前は省いてます。まぁ過去のシリーズをプレイしているので、???になっていても、MAPの位置でだいたい名前はわかりますけどね。龍宮城とかバンタムとかスターダストとか。


クロヒョウで新しく追加された場所は、体験版のMAPを見る限りでは、龍也の家と九鬼組事務所だけですね。


チャンピオン街にも、これまでのシリーズには無かった謎の???スポット(もの凄く小さい)があったりしますが。


これまでにも数々のドラマが生まれてきたこの町で、今回は一体どんなドラマが待ち受けているんでしょうか。


発売日まであと少しですが、楽しみに待ちたいと思います。



 >>  龍が如くシリーズまとめページ  << 

ダラダラGAME生活は、龍が如くシリーズを応援しています!















スポンサーリンク

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この記事すごいなぁ・・・。
一つ一つの記事は読んできましたが、こういう風に時系列でまとめるのは相当
大変そうです。
発売前にこれだけの記事を書かれたら開発の方も喜びますよ!

クロヒョウ、それ程期待しないで体験版を遊んだのですが面白かったです!
ムービーも漫画っぽくていいし戦闘システムも本格的で。
tapioka
2010/09/12 22:09
>tapiokaさん
これを書き始めた時は、まさかこんなにあるとは思ってませんでした(笑)
まだ龍が如く4が発売されてから半年しか経ってないということが信じられないですね^^;

>>発売前にこれだけの記事を書かれたら開発の方も喜びますよ!
そんな風に言っていただけると、本当にうれしいです。
ありがとうございます^^

クロヒョウの戦闘は、部位ダメージやスタイルチェンジなど、いろいろと新しい要素がたくさんあって、据え置き版の龍が如くとは一味違った戦闘を楽しめそうです。
個人的には、やはりアルバイトが楽しみですね。過去のシリーズでも寄り道に全ての力を注いできましたし(笑)
爆睡丸(管理人)
2010/09/12 23:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
現在、相互リンクとフレンド登録の受け付けは停止しています。
※最近ウェブリブログが非常に不安定で、コメントを投稿しようとすると、なかなか画面が切り替わらなかったり、エラーで投稿できない場合があります。




Microsoft Store (マイクロソフトストア)



記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

クロヒョウ 龍が如く新章 「プロモーションの歴史と神室町のMAP」 ダラダラGAME生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる